スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヴァッハウ渓谷(2011.10.29 ①)

本日の最高気温3℃、予報ではマークがついてましたが、寒いものの
雪がちらつくこともなく時折お日様も出ていたここプルゼニュです。

今朝はお仕事前に無理矢理夫くんにお散歩行ってもらったので、坊っちゃんの
画像ありませんので、数日前のお天気良い時の坊っちゃんなど・・・・・。

CIMG3041.jpg
ほんの4~5日前は、裸族でお散歩するほど暖かかったのに・・・・・。
今朝はダウンベストを着せました。


やっと先月、北おフランスの旅行記が終わりましたが、その翌週が3連休
だったので、バジも一緒にオーストリアのユネスコ世界遺産である
ヴァッハウ渓谷のドナウ川クルーズに行って来たときのお話を今頃・・・。エヘヘヘ。
(船の運航は10月末までなのでギリギリでした。 4月からまた運航が
始まっているので旅の参考にして頂ければ幸いです。

CIMG2650_20120408222958.jpg
メルクから少し離れたところにお宿を取ってたので、メルクまで車で行きまして、
メルク~デュルンシュタイン(教会を見学したかった)はクルージングで、帰りは
船がないのでバスで戻りました。(クルージングの終点クレムスはワインで有名な
町なので下戸夫婦は終点手前の町までにしました。)

3連休の初日は、リカさんがどうしてもマニトバ粉をゲットしたいとゴネたので
少し遠回りになりますが、ミュンヘンに寄り道して、粉を買うついでにラーメンも
食べまして、調子良さ気でしたが途中渋滞に巻き込まれ、ドナウ川沿いのホテル
に到着したのはかなり遅くなったので、初日はミュンヘン&移動のみで終了。
(その初日の様子はこちらです。)

さて、2日目です。

CIMG9664_20120408223654.jpg  CIMG9666.jpg
ホテルのお部屋からの眺めとシンプル(笑)な朝ごはんです。

CIMG9667_20120408223823.jpg
ドナウ川クルーズの前にメルク修道院を見学することにしました。

メルク修道院 : ベネディクト派の修道院で、「横に伸びた摩天楼」「信仰の要塞」
と呼ばれ、バロック様式の豪華な建物でヴァッハウ渓谷のシンボルともなっている。
マリー・アントワネットがフランスへのお輿入れの際に宿泊したことでも知られている。


丘の上にそびえたつ姿は見えるものの、どこから上って行けばいいかわからんかった
ので、団体ツアーに紛れて付いて行くと、なんやようわからんところに到着。ぶっ。

CIMG9668_20120408223821.jpg
メルクの町を修道院への道を探して徘徊し・・・・・(笑)

CIMG9670_20120408224050.jpg  CIMG9672_20120408224049.jpg
こんなの見つつ、地図を片手に散々ウロウロしてやっと見つけました。

CIMG9673_20120408223820.jpg
修道院への階段です・・・・・。

CIMG9679_20120408223819.jpg
入口に到着~。ふぅ~、長い階段で息切れました~。

CIMG9684_20120408223816.jpg
入口の門をくぐると、修道院です♪ 
内部見学は、ガイドツアーと自由見学どちらもあるので時間を考慮し自由見学
にしました。(どうせガイドツアーにしても言葉わかりませんしね。ふふふ。)
ガイドツアーしかないところが結構多いですが、ここは自由見学できて自分たち
なりに時間配分できてよかったです。(この時点で自由見学ひとり@9.50€でした)

CIMG9687_20120408224748.jpg 噴水のこういうのは・・・
一応リカさん的にお約束ということで・・・・・。ぬふふん♪

 CIMG9689_20120408224921.jpg  CIMG9692_20120408224920.jpg
 入って間もなくの回廊。

CIMG9695_20120408225038.jpg CIMG9696_20120408225037.jpg CIMG9697_20120408225036.jpg
そして、展示物を見た後は・・・・・

CIMG9701_20120408230945.jpg
大理石の間。 ・・・と言うても、本物の大理石が使われてるのは
扉の枠と扉上部だけで、壁は漆喰の疑似大理石だそうです。

CIMG9700_20120408230943.jpg
大理石の間の天井。

CIMG9703_20120408232729.jpg 重度の首肩こりリカさん、
こういうのを見ると同情してしまいます。(笑)

CIMG9704.jpg
お次の暗いお部屋には、修道院の模型。

CIMG9707_20120408230941.jpg
バルコニーからの眺め。 メルクの町。

CIMG9713_20120408230940.jpg
バルコニーからの眺め。 町と逆側のドナウ川。

CIMG9714_20120408230938.jpg
大理石の間からバルコニーを進むと10万冊以上の蔵書を誇る図書館。

CIMG9715_20120408232138.jpg
図書館の天井。このフレスコ画は1731~32年に描かれました。

CIMG9716_20120408232137.jpg
10万冊の一部。

CIMG9717_20120408232516.jpg  CIMG9721_20120408232515.jpg
こういう修道院の図書館に必ずある地球儀。 8の字のはなんでしょね?エヘヘヘ。

 CIMG9723_20120408232947.jpg  CIMG9725_20120408232945.jpg
 きれいな巻貝みたいに見える階段を下から&上からパチリ。

CIMG9728_20120408233308.jpg
教会

CIMG9729_20120408233307.jpg
教会の天井。フレスコ画は1722年に描かれました。

CIMG9730_20120408233306.jpg


CIMG9741_20120408233305.jpg
中庭から見えるドナウ川。

こちらの方が豪華絢爛ですが、同じくベネディクト会のパンノンハルマ
の修道院
を思い出しました。同じく図書館がすごかった・・・・・。

午前中ゆっくりとメルク修道院を見学しまして、夫くんのリクエストにより
中華のお店でお昼を食べることに・・・・・。

CIMG9745.jpg  CIMG9746_20120408234958.jpg
こんなん頼みましたが、まあ~どちらもマズい!! 
炒飯にはヘンな・・・おそらく缶詰か何かの貝がいっぱい入ってたし・・・。
リカさん夫婦は貝類が苦手やっちゅーねん。(お店の人には関係ないけど)
マズいくせに御代は一人前以上でちょいとムカつきました。

それでもテイクアウトを頼んで取りに来る人もいたり・・・この土地の人の
味覚・・・・・ようわかりません。
だって・・・中華やイタリアンが世界中で人気あるのはやはり誰が食べても
美味しいからだど思うんですけど・・・・・。 これ、マズいんですけど。(笑)


CIMG9751_20120409000031.jpg
せっかく修道院でたくさん見て気分良くなってたのに、食事でちょいとゲンナリ
しましたが、気を取り直して午後からのクルージングに向けて出発です。
車の中でお留守番してくれていたバジも一緒に船着き場へGO♪

ですが・・・・・
画像多くて長くなってしまったんで、ここで一旦終わりまして、クルージングと
もうひとつ見学したデュルンシュタインの教会の様子は別記事にて書きたいと
思います。



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 
関連記事
スポンサーサイト

2012/04/08(日) | ヴァッハウ渓谷(クレムス~デュルンシュタイン) | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。