スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ズビロフ城

本日の最高気温10℃、そこそこお天気よかったここプルゼニュです。

今朝は夫くんがお散歩に行ってくれたのでバジの散歩時の画像はありませ~ん。
(土日は早朝から用事や仕事、もしくは病気で寝込んでない限り、お散歩
夫くんの役目となっております♪バジもその方が喜びますんでね。


さて、今日はチェコ語の先生お勧めのお城に行って来ました。
先週末にネポムクに行ったけど、ゼレナー・ホラ城(Zámek Zelená Hola)が
クローズしていて、それでも外観だけでも見られると思って行ったけど、お城への
の道までもクローズになってて近づけなかった話をしましたらば・・・・・

「この時期はクローズしてるお城多いけど、ズビロフ城(Zámek Zbiroh)はいつでも
開いてるし、今ならイタリアのどっかの美術館から作品を借りて、レオナルド・ダ・
ヴィンチのエキシビジョンやってるわよ~。眺めもいいし、きれいなお城よ~。」と。

我が家から車で約40分。はい、とうちゃ~く。(今日はバジはお留守番です。

CIMG2335_20120304072042.jpg
門の周りにたくさん駐車してたので、リカさんたちも一旦近くに車を
止めて歩いて行ったんですが・・・・・・門を入って間もなくこんな看板が。

CIMG2336.jpg  お城まで500m。 え?そんなに・・・・・。
そして、後から来た車がどんどん入ってきてお城目指して走って行きます。
リカさん、夫くんに言いました、「500mも歩くのいらんわ。車、取ってきてっ!」
(鬼嫁ナデシコですいませんねぇ・・・・・・おっほっほ♪)

CIMG2338_20120304072041.jpg
というワケで、50kcの駐車料を払いまして、本当にお城の前に到着♪
手前の両サイドにはライオンさんが立ってはります。

CIMG2339.jpg  ちょい怖い顔してはりますね。

CIMG2340_20120304072040.jpg
お城の入り口です。左が古城ホテル、右がチケット売り場になってます。
そして、ずずーっと奥に入って突き当り右側に古城レストランがあります。

チケット売り場には長い列・・・・・うへっ。 しゃーないので並びまして、
レオナルド・ダ・ヴィンチの顔の絵が見られるというガイドツアーのチケットを
買いましたらば、書き込まれた時間は12:40。
1時間以上あるので、とりあえずお昼ご飯食べることにしました。
(チェコのレストランのことだし、時間がギリギリになるのは覚悟の上で。苦笑)

CIMG2343.jpg
窓際のテーブルが空いてたので、横のディスプレイをパチリ。

CIMG2346_20120304073351.jpg CIMG2347.jpg CIMG2349.jpg
近づいてパチリ。素朴な感じでかわいいでしょ♪

CIMG2345_20120304075733.jpg
シャンデリア?もドライフルーツを飾っていい感じです♪

やっぱりなかなかお料理が来なくて、「間に合わへんかもしれんねぇ・・・」
なんて言いつつ待ってましたらば、年配のチェコ人ご夫婦が席を探して
はったので、相席どうぞと言いましたらば・・・・・・・年配の方にしては珍しく
お二人ともとっても流暢な英語をお話になりまして、中一英語でなんとか
お話させていただきました。(チェコ語で会話はムリ。苦笑)

CIMG2353_20120304072039.jpg
そうしてるうちに夫くん&リカさんのお料理が来まして、いつものごとく
写真撮ってましたらば、おじさんが「2人で撮ってあげよう」と言うて
くれはったんでおばさんと3人で一緒にパチリ。

CIMG2351_20120304073349.jpg CIMG2352_20120304073349.jpg CIMG2356_20120304073348.jpg
やっとサーブされたお料理は、リカさん:ボンレスチキン(お城からのほにゃらら
というメニューのカテゴリだった・・・ナンジャ、ソリャ)、夫くん:ビーフストロガノフ、
おばさん:ひき肉入りのクネドリーキ。(おじさんはスープ&パンだったので
画像なし。ぷっ。)

おばさんが、「このダンプリング(クネドリーキ)は、よく母が作ってくれてね、
私、大好きなの。今日はノー・ダイエットよ!いっぱい食べるわ!お味見にどうぞ♪」
とリカさんと夫くんに一口ずつ分けてくれはりました。おいしかったですよ~。
あ、チキンもストロガノフもおいしかったです。
ちょっと慌てて食べないといけなかったのが残念でしたが・・・・・・。

お会計をお願いしたのに、なかなか来なくて「ガイドツアーまであと5分なのに
まだ来ないの・・・」とおばさんに言いましたらば、おじさんが別のウエイトレスさん
にチェコ語で「この人ら、12:40分のツアーやから会計はよしたって!」と
言うてくれはったんで、ギリギリ間に合うことができました。 Děkuju moc!!!

さて、ガイドツアーの始まりです。
が・・・・・その前にこんなん履かされました。 CIMG2357_20120304075532.jpg
歩きにくいけど、お城をきれいに保つためにはしゃーないですね。

CIMG2359.jpg
ガイドのお姉さんに写真撮ってもいいか聞いたけれど、ここだけOK、
あとはダメなの。と言われたので、”ここだけ”撮っときました。
真ん中の絵は、シシィさんですねぇ。

このガイドツアー・・・・・・・最後にレオナルド・ダ・ヴィンチの絵を見られる
のはわかってましたが、ツアーの内容をよくわかってませんで・・・・・
暗いお部屋をいくつか説明しながら通されまして、チェコ語なんでわけわからず・・・・・
そして、昔の石やら剣やら展示されてまして、あとで「テンプル騎士団のお話ツアー」
であることがわかりました。

なんや聞いたことある名前だけど、歴史(世界史&日本史ともに)が苦手なリカさん
には騎士団なんて興味ないし、わからんし・・・・・・・あはは~。
ダヴィンチの顔の絵は見ることができましたが、なんだかな~なツアーでしたぶっ。
(夫くん途中からごっつう睡魔に襲われてまして・・・・・アメちゃんを与えてなんとか
持ちこたえさせてました。子供かよっ。ギャハハ)

Leonardo-207x300.png お城のサイトから拝借した
エキシビジョンのレオナルド・ダ・ヴィンチの肖像画です。

お目当てのレストランでランチを食べ、なんとか間に合ってガイドツアー
も終了し、その後、お庭を少しうろちょろしまして、なんか聞いてたほどに
すごいこともきれいなこともないよねぇ・・・・・なんて言いつつ・・・・・

CIMG2369_20120304081501.jpg
お城のサイドから撮ってみたり・・・・・

ライオンをおケツから撮ってみたり・・・・・ CIMG2370_20120304081604.jpg

そして、意外に早く終わったので近くの別の古城を目指して、このお城を
あとにしたのですが・・・・・・・
完全に忘れてました・・・・・・・ムハ(ミュシャ)のこと。

このズビロフ城は、1910年から18年間、チェコが誇る画家あるフォンス・ムハ
がアトリエをかまえて住んでいたところなのです。
『スラヴの叙事詩』という大作を描き上げ、今でもアトリエだったところにムハの
作品が置かれています。   それを、見たかったのです!!!
家に帰ってから思い出しました。(←どアホぅ。)

お城の美しいお部屋やムハのアトリエを見て回るツアーもあるはずなのに・・・・・
チケット売り場でみなダ・ヴィンチのツアーチケットを買うてはりました。
どないなってたの???

サイト(英語バージョン)を見た限りでは、このダビンチの顔の絵&テンプル
騎士団のお話ツアーしかないんですが、チェコ語バージョンの中に発見しました。
他にもツアーがあったこと。でも、そんなツアー・・・やってる気配なかったけど。

こんなんもあったみたいです。ムハの作品展。  47__320x240_A__Mucha.jpg
うえ~ん  見たかった・・・・・・。

まあ、機会があればまた行きたいですけど、今はとりあえず”このサイト”
バーチャルツアーに参加しときます。(苦笑) 


レストランで一緒だったおばさんがラジオで聞いた日本人バイオリニストのお話。

バイオリンの勉強のためチェコに音楽留学しに来た日本人女性が、同じくチェコに
来ていたメキシコ人と結婚しメキシコに渡ったのち、メキシコに音楽学校を
設立したとのこと。そして、その女性にインタビューしたら、チェコを離れて60年
にもなるのに、しっかりとチェコ語で受け答えをしていた・・・・・そのことに
おばさんはいたく驚き感動したそうです。

「彼女、60年も経つのにチェコ語で話してたのよ。すごいわ~、すごでしょ!」
と何度も言わはるので、3年過ぎてもいまだにチェコ語を話せないリカさん・・・・・
なんだか申し訳ない気持ちになりました。ゴメンナサイ・・・・・

おじさんが「彼女の名前はなんだっけな?ヤナ子やったかなぁ。」と言わはるので、
「ヤナ子って名前は日本人にないですよ。ハナコじゃないですか?」と言うたけど、
「いや、ハナコじゃない・・・・・ヤナ子・・・・・ん~、忘れた。」と。(笑)

なので、 ”チェコ””メキシコ””バイオリン”の3つのキーワードで検索して
みましたらば・・・・・・ ウィキ先生が教えてくれました♪
黒沼ユリ子さんという方を。(ヤナ子とユリ子。おじさん、惜しいっ!?ぶっ!)

こういう世界で活躍するすごい日本人の方がいらっしゃるんですね。 
リカさんも驚きました。


ズビロフ城のあとに訪れた古城は、ピルゼン地方(Plzeňský kraj)から離れるので
別カテゴリ”プラハ以外のチェコ”で書きたいと思います。

CIMG2411_20120304085430.jpg
バジ、今日はお留守番ありがとう!(えっへ、どういたしまして!)

CIMG2412.jpg CIMG2413_20120304085532.jpg
ありがとね。はい、握手♪          でへへ。



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 
関連記事
スポンサーサイト

2012/03/03(土) | プルゼニュ&近郊 いろいろ | トラックバック(-) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。