スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プルゼニュでワンコと暮らすために。

日本では、ワンコを飼うにあたり、犬の登録&登録料の支払が義務
付けられていますよね。(生涯一度の登録&登録料支払いですが)
もちろん、バジも登録していました。

なので、渡チェコ前に”チェコではどうなんだろう・・・”と動物検疫に関して
調べると同時にいろいろと犬の登録についてもネット検索しまくってましたが
プラハ在住のブロガーさんの情報でプラハでは登録が必要らしい・・・と
いうだけで、プルゼニュでの情報は皆無でした。

その後、夫くんが一足先に日本を経ってからは、自分の準備やバジの検疫準備
など諸々に追われ、動物検疫のことだけでいっぱいいっぱいで登録のことは
すっかり忘れていました。

コチラに来てから、たまにどうなのかな?と思うことはあっても、
「プラハとプルゼニュじゃ公共機関の運賃だって違うんだし、きっとプルゼニュは
ワンコに関しては特に何もないんだろう・・・」と勝手に思い込みズルズルと今まで
約2年半、ここでバジとの生活を送って来ました。
(プラハでは公共機関にワンコを乗せる場合は大人と同料金の運賃が必要ですが
プルゼニュでは無料です。)

でも、1ヵ月余り前の”ウン袋”をめぐる『通りすがり』さんのコメントにより
ちゃんと調べた上で、登録&登録料が必要ならきちんとすべきであると考え、また
今後プルゼニュに日本からワンコ連れで来られる方のためにも情報として残して
おくべきだと思い、記事に書いておくことにしました。

以下、『通りすがり』さんより頂いたコメントです。
(通りすがりさんへ : メルアドやURLの記載がなかったので別途コメント掲載する
旨の連絡を取ることができず申し訳ないのですが、鍵コメになってなかったので、第三者
の方々の目に触れても良いのだと理解し掲載させていただきます。ご了承願います。)


『私も犬を飼ってます』

いつも楽しく読ませて頂いておりました。
でも、この1つ前のブログを読んで正直幻滅してしまいました。。。
バジ君のウンチバックの件です。
あのバックは1週間か2週間に1度しか供給されません。
それをりかさんが一度に80枚も取ったら、どうなるか想像できませんか?
必要としている人の手に渡らないのです。
迷惑だと思いませんか?
それから、バジ君はチェコの役所に登録してますか?
地域にもよりますが、犬1匹につき年間で1000コルナ以上を飼い主は支払っているんです。
そしてご存知ですか?行政はその費用をウンチバックに使っているんです。
だから、ただじゃないんです。
おそらく、りかさん一家はプルゼンの町外れの振興住宅地(一軒家の建ち並ぶエリア)に
お住まいかと思われますが、なぜりかさんのお宅の回りにウンチバックがないかご存知ですか?
一軒家の人は、庭があるからマンションの人より年間の登録費用が格安なんです。
なぜかわかりますか?
自分ちの庭でウンコしろって事です。
だから、登録費用払ってたとしても、ウンチバックをもらう権利はないと言えるんです。
返信待ってます☆



旅先ではありましたが、かなりご立腹のご様子でしたので申し訳なく思い、私も以下の
ように早急に謝罪のお返事させていただきました。

『通りすがりさん♪』

ウンチバッグの件・・・まったくシステムを知りませんでした。
私の無知のせいで、かなりご立腹させてしまってごめんなさい。
犬を連れてチェコに来ることを前提にこちらの会社の担当者に
いろいろと家のことなど手続きをお願いしていましたが、
チェコ全域で犬の登録が必要ということ知りませんでした。
こちらに来る前にネットでいろいろと調べていましたが
登録費用が必要なのはプラハだけだと思っていました。
バスやトラムに犬連れで乗車するのもプラハでは人並みの
チケットが必要ですがプルゼニュでは犬はタダで乗れるので
同じような違いがあるものだと・・・・・。
警官にチップの確認をされたときも登録してるかどうかは
聞かれなかったのでわかりませんでした。
うちの地域になぜウンチバッグがないのかいつも不思議に
思ってましたが、通りすがりさんのおかげでその意味がわかりました。
いつもうちの地域以外でたくさんのウンチバッグがあるのを
見かけるので、1~2週間に一度の配布だとか、他の方が困るなどと
考えたことなく、放置されたウンチが多い中、あまり使われてるのを
見かけないウンチバッグを使って処理することはむしろ環境に
良いことなのだと大きな勘違いをしていました。
今後はウンチバッグを使わないようにします。
そして、登録の件も確認したいと思います。
いろいろと教えていただいてありがとうござました。



しかし、後々いろいろと考えてみると・・・・・矛盾点もありまして。
もちろん、登録&登録料が必要ならきちんとしなければなりません。
通りすがりさんがおっしゃるように、供給が少なく本当にウン袋を必要としてる人が
使えないのなら、大量に持ち帰るのはルール違反だと思うし、登録料が資金源なら
尚更のことです。(今までウン袋はいつも大量に残されており、使われてる形跡も
ないのであちこちから少しずつ頂いて溜めた結果大量のウン袋を持ち帰っていた
ワケですが、みなさんが使っていて残り少なくて持ち帰ることが迷惑だと思うなら
最初からそんなことはしません。自分さえよければいいという考えは持ち合わせて
いないつもりです。)

うちの近辺にウン袋がないのはなぜか???
通りすがりさんのお話では、”一軒家の住人は登録料が安いから自分ちの庭で
ウンチをしろってこと”とのことだったので、一度は納得したのですが、我が家から
5分も歩けばフラットが連立し、10分も歩けばパネラークが連立しているにも
かかわらず、一軒家より登録料が高いとされるパネラークの連立するエリアのどこにも
ウン袋はありません。

CIMG6792.jpg

CIMG7404.jpg

CIMG7405.jpg
こんな感じで、我が家の近くにはフラットもパネラークもたくさんあります。
パネラークしかないエリアもあります。しかし、ウン袋はまったくありません。

パネラークの住人&住犬たちはリカバジ生息エリアに散歩に来ますし、リカ&バジ
もパネラーク近辺を歩きます。(茶色いわさおくんも挨拶するおばあちゃんのワンコも
バジに噛みついたおバカジャックラッセルテリアもパネラークの住まいです)
たまに、我が家の庭に”放置”されますが、まさか”よその一軒家の庭でさせろ”という
ワケでもないでしょうし・・・・・・うちのすぐ近所のチェコ人宅では気の毒なほど
放置されてるお宅があります。

CIMG7218.jpg
こんな風に放置回避のために柵をしているお宅もありますが・・・・・。

いろんなことをクリアにしたくてネット検索してみましたが、かなり前のプラハの情報のみ
(外国人は登録不要やウン袋は登録料ではなく税金が資金源など。その内容の正誤は
わかりません)で、プルゼニュの町のサイトでも犬の情報と言えば、バストラムの運賃に
関するものだけで、やはり得る情報はなく、結局は夫くんの会社の通訳さん(公式通訳の
資格を持つ方)にお願いしまして、以下のようにプルゼニュ1区の役所に問い合わせて
頂きました。(質問を箇条書きにし、それに対して答えていただきました。回答は太字に
しています。)


1. 犬を飼うにあたり、ピルゼンでは「犬の登録」が必要かどうか。

  登録が必要です。しかし、登録だけでなくチップも必要です。
  登録をすれば、特定な動物病院から無料でチップを付けてもらう形に
  なっています。


2. もし、「犬の登録」が必要なら、登録料が必要かどうか。

  登録料がかかります。

3. 登録料が必要なら、登録料の金額。(住んでいる家屋などの条件により金額が
  違うならその内容をすべて聞いて下さい。庭付の家に住んでる場合、登録料が優遇
  されていると聞いたので。)

  庭付きの家に住んでいる人は500コルナ/年ですが、パネラークで犬を
  飼っている  人は900コルナ/年です。
  定年退職者・身体障害者は200コルナ/年です。


4. 町中に置かれている紙製の無料のフン処理袋の資金元は何か。
  (たとえば、税金であるとか、登録料であるとか)

  登録料です。

5. 紙製のフン処理袋は、何日ごとに供給されているか。
  (毎日とか、週に一度とか、二週に一度とか)

  最近、プラスチックのフン処理袋になりましたが、必要性に応じて
  供給されています。


6. 紙製のフン処理袋が、置かれている地域と置かれてない地域があるのはどうしてか。
  (町の中心地(Centrum)や友達が住む〇〇(地域名)などにはたくさん袋が置かれ
  てますが、私の住む〇〇やパネラークの立ち並ぶ〇〇や〇〇など、私が散歩する
  地域には一切フン袋がありません。)
  (庭付の家に住んでる場合は、庭でフンをさせるべき・・・という理由で袋がないという
  指摘を受けましたが、パネラークが連立する地域にも袋はないので本当の理由が
  知りたいのです。)

  特に〇〇(リカバジ生息エリア近く)のパネラークの所々で置かれた
  フン処理袋は置いた後に何回もすぐに盗まれたので、もうあそこには置かない
  ことになりました。盗むわけがわかっていないが、子供のいたずらだと思われる
  そうです。

  しかし、〇〇〇公園でフン処理袋が置いてあるはずだとのことでした。
  (残念ながら、〇〇〇公園は散歩するには通すぎるエリアでした・・・・・)

上記に加えまして、再度確認してもらったことは・・・・・

  庭付戸建の住人は登録料を支払っても金額が少ないので、フン処理袋を使う権利は
  ないと言われたのですが、フン処理袋が置かれている地域では、プラスチックに
  変わってるにもかかわらず、いまだ紙製のものが使われずに放置されているのが
  現実なので、それを使ってはいけないのでしょうか? 

  理由は、庭付戸建の住人の犬よりはパネラークの住人の犬のほうが町の
  道路・芝生等を汚染しています。そして、道路などの掃除は高いお金がかかり
  ますので、パネラークの登録料のほうが高いらしいです。庭付戸建の犬のため
  にフン処理袋を使ってはいけないというわけでは絶対無いとのことでした。


通りすがりさんのお話とは少し事情が違うようですが、登録&登録料が必要だというのは
ご指摘の通りだったので、早急に役所に届け出しなくてはと思い、届け出の仕方を再度
問い合わせていただきました。

通常の登録の有無の確認は下記のようなシステムになっているそうです。
  通常、警察は散歩している犬のチップをリーダーを持って読み込んで、
  読み込まれたデータを区役所に送ります。もし、犬の登録料を支払っていない
  場合は、区役所から飼い主に支払い請求書が届いてくるという形だそうです。
  そして、警察が使っているチップのリーダーは日本のチップを読めないかも
  しれないから、チェコのチップが必要だそうです。


以前、散歩中に2度警官からマイクロチップを確認するために呼び止められたことが
ありましたが、結局バジが怖がって暴れたため、チップリーダーによるナンバー
読み取りができなくて、住所だけ伝えて終わるということがありました。
その時は、”チェコではチップ装着が絶対条件なんだな・・・。それにしてもお巡り
さんがチップリーダーを持ってるなんてすごいな・・・・・。”と思っただけで、
チップ=登録確認であることがわかりませんでした。
これでチップ装着確認のために2度呼びとめられた理由がわかりました。


でもって、今回は通常ではないので届出書に記入し、役所の窓口で提出とのことでした。
(メールに届出書を添付してもらいましたが、それを記事にリンクさせるやり方がわかり
ませんで・・・・・・申し訳ありません。)

  記入された資料をピルゼン1区役所(住所はAlej svobody 60)で、
  営業時間:月・水8~12時・13~18時、火・木8~14時、金8~13時)で
  お渡しください。チップの無料券と券が利く動物病院表をもらいます。



と言うことなので、先週チェコ語の先生に同行願いまして区役所まで登録&登録料支払に
行ってきました。
CIMG7224_20110725211742.jpg
1区役所(Alej svobody 60)

CIMG7223_20110725211743.jpg
犬の登録その他ワンコ関係の係へ・・・・・。
ドア横の掲示板の大きなワンコの写真の上に貼り付けてある緑色の
ビニル袋が今現在配布されているウン袋です。

担当の女性は、通訳さんからの問い合わせのことを覚えてくれていました。
うちでプリントした届出書に確認しながら記入しようと、まずは名前を書きまして
次の”Rodné číslo”(ID番号)になりまして・・・・・先生が、
「この人は日本人でチェコにはご主人の日系企業での仕事による一時的な
滞在で数年後には日本に戻るので番号はないんです。」と説明してくれると、

( ̄◇ ̄;)エッ それなら登録はできません・・・・・。 と。

プルゼニュでの登録のルールには、ID番号を持たない”ほんの数年間の
滞在者”が犬を連れて生活するという概念がなく、登録が出来ないので
よって登録料も発生しないということでした。

(通訳さんからは質問事項を忠実に伝えてもらっただけで、外国人であることは役所の
担当者に伝えてませんでした。)


しかし、マイクロチップ装着は絶対であるとのことで、現在バジに装着している
チップは動物検疫のために日本で入れたものですが、こちらの動物病院で
読み取りが出来た上にペットパスポートも発行してもらってる旨を伝えましたら、
それなら問題ないとのことでした。

では、もし今後また警官にチップ読み取りをされた場合、登録できないとなると問題
が起こるのではないかと心配になったのですが、私のパスポートとバジのペット
パスポート(チップ№が記載されている)のコピーを役所で保管し、もし警察から
確認の連絡が入った場合に、届け出されている証明にします。とのことでした。

登録&登録料の件はこれで一見落着ですが・・・・・・登録料が発生しないとなると
登録料を資金源としているウン袋は使ってはいけないんでしょうね・・・・・。
と思っていると、先生がすかさず 「登録料払ってないとウン袋使っちゃいけないって
言われたらしいんですよ・・・。」と言うてくれまして・・・・・すると、担当者さんが
驚いた顔をして、おもむろにカウンターの下から緑色のビニル袋の束をドサッと
出しまして、「使って構いませんよ。もし必要ならいつでもココに取りに来れば
いいですから。
」と言うてくれました。


通りすがりさんがチェコのどちらにお住まいかはわかりませんし、チェコのID番号を
持っておられるのかどうかもわかりませんが、プルゼニュでは上記のようなルール
になっているようです。

結果、登録&登録料は必要ありませんでしたが、警官によるチップ確認=登録確認
というシステムになっていたので、登録はできなくとも届け出はしておく必要があった
ので通りすがりさんに教えてもらってよかったです。有難うございました。

ウン袋の件は、通りすがりさんの見解とは違っていたので、これからもウン袋は
使わせていただくことにします。

で・・・前にウン袋を町の中心地のスメタナ公園で大量にもらってきてから1ヵ月以上
が過ぎてましたので、現在はどんな具合か役所の後に行ってみました。
みなさんが必要としてちゃんと使っているのなら、その都度必要に応じてウン袋が
補充されているはず・・・・・とっくに新しいビニル袋(チェコ人はプラスチック製と言い
ますが・・・。)に変わっているはず・・・・・。

CIMG7236.jpg CIMG7238.jpg CIMG7239.jpg CIMG7240_20110725221841.jpg

CIMG7241_20110725221840.jpg CIMG7242.jpg CIMG7243.jpg CIMG7244.jpg
クリックで画像大きくなりますが、公園内のどの設置場所にもたくさんの
紙袋が残っており、ビニル袋には変わっていませんでした。
ちょっと怪しいアジア人だと思われるのを覚悟でゴミ箱も覗きましたが2つ
捨ててあっただけです。(2人でも使ってる人がいたのに少しビックリ。笑)

CIMG7245.jpg こちらは公園からだいぶ離れた初めて通る小道にて。
スメタナ公園内と違ってそれなりに減ってますね。いつからこの状態なのかは
わかりませんが・・・・・。しかし、まだ紙袋のままです。
こういう少ないところから私が袋を頂戴することはありません。

たま~~~にお友達がお宅近辺にある袋を取って来てくれることがありますが、
私は基本たくさんあるスメタナ公園以外からは頂いていません。
今回は”ウン袋を使う権利がある”と言うことでしたので、スメタナ公園のこの
8カ所から今までのように少しずつ雨に濡れては乾きを繰り返したであろう放置
された紙袋をバジのためにもらってきました。

この紙製ウン袋・・・ 中に紙製スコップが入ってるのでバジのお尻からスコップ
でダイレクトにキャッチできるので便利なんですけど、ドイツやオーストリアの
ようにビニル袋に変わっちゃうんですね。ちょっと残念です。
ビニル袋は、ダイレクトにキャッチし損ねた場合には重宝なんですけどね、緩い
ときは困ります。(おっとお食事中やお食事前後の方、ごめんなさい。)

たまたま、プルゼニュでの犬の登録やウン袋について検索していたら、昨年
日本からプルゼニュに用事で来られた方のブログがヒットしまして・・・
そこには・・・道端に設置されたウン袋の画像とともに・・・
道の所々に犬のフンを入れる袋がありましたが、
足元を見ると道中フンだらけです。びっくり!
    と書かれていました。
そりゃ、びっくりされたことでしょう。(苦笑)

せっかく無料で設置されてるのになぜ使わず放置するのか・・・・・
登録料を払っているなら尚更なぜ使おうと言う気にならないのかなと・・・・・。


とにもかくにも、これで通りすがりさんからのご指摘に関してきちんと確認
できましたので、スッキリしました。
お忙しい中、役所に問い合わせてくださった通訳さん、役所まで同行して
くださった先生に感謝です。 有難うございました。
そして、こういう機会を作るキッカケとなるコメントをくださった『通りすがり』さん
にも感謝です。 有難うございました。


上記のプルゼニュにおける犬の登録&登録料、ウン袋に関する情報は、
2011年7月現在のものであり、今後変わる可能性もありますが、これから
プルゼニュに日本からワンコ連れで来られる方の参考になれば幸いです。




  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 
関連記事
スポンサーサイト

2011/07/25(月) | プルゼニュでの犬の登録その他 | トラックバック(-) | コメント(6)

«  |  HOME  |  »

ラーダ

『No title』

は~、駐在員でも家の中で犬や猫を飼う人が多かったです。

ウチにはいなかったのでシステムが全然わかりませんが、リカさんの場合は情報がきちんと得ることができなかったのが大変でしたね。

特に外国人だとどこに問い合わせするのかとか、言葉の問題もあるし・・・

このたびは御苦労さまでした

2011/07/26(火) 03:59:25 | URL | [ 編集]

リカ

『ラーダさん♪』

プラハでは日本人も多いし、飼ってる人も多いようなので
さっき数ヵ月ぶりにたまたま日本人会のサイトをのぞいたら
”ペットのついて”の項目があって、登録が必要と書いてありました。
が・・・それは、プラハのみの情報でして・・・・・。
会員にはなってますが、ここプルゼニュではほとんど恩恵がありません。(苦笑)
ほんとに田舎町に住むと情報がないので困ります。
情報がなくてわからないまま特に問題が起きないとそのまま
放置しちゃうので、今回問題提起?してもらったのは良かったんですが
チェコでも住む地域によって事情やルールが違いますんでね。
まあ、この記事が少しでも情報源になれば・・・と思います。

今日もスメタナ公園に行きましたがたくさん袋が残ってましたよ。
今日は頂戴してませんけどね。
ワンコをたくさん見ましたけど、ウンしてないんでしょうかね?(笑)

2011/07/26(火) 22:12:44 | URL | [ 編集]

-

『管理人のみ閲覧できます』

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/07/27(水) 15:07:36 | | [ 編集]

リカ

『鍵コメさん♪』

そうねー、なにも。(苦笑)
自分の住む町のルール知らなかったがために、町ごとにルールが違うことを
ご存じない第三者の方からキツいお叱りを受けることになったので、
今後私と同じように戸惑う方が出ないようお役に立てればと思って
記事を書いたんだけどね。
庭でウンさせてる人もいるけど、それは庭でさせろというルールから
ではなく、散歩に行くのが面倒なだけみたい。
散歩させてるのみたことないから。(笑)
気遣ってくれてありがとう♪

2011/07/27(水) 20:30:15 | URL | [ 編集]

-

『管理人のみ閲覧できます』

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/01/04(水) 17:50:31 | | [ 編集]

リカ

『鍵コメさん♪』

コメントありがとうございます。

地域というか役所によって登録に関する内容が
違うものなんですねぇ。びっくりです。

改めてまたメールにてお返事させていただきます。

2012/01/04(水) 20:02:47 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。