スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イスタンブール(2010.12.30 ②)

本日も雨が降るよな降らんよな・・・・・うっとおしいお天気のここ
プルゼニュです。
今朝の散歩時の気温1℃、お昼過ぎても2℃・・・ ここ数日ほど気温は
上がらんようですね。 どうせなら・・・・・・・
もっと気温が上がってもっと雨が降って一気に氷を解かしてくれればいいのに。

CIMG3124.jpg


さてさて、ほんとなら一昨日の晩にアップするばずだった・・・・・
年末のトルコ旅行2日目イスタンブール観光のお話の続きを。

ヒポドゥロームとスルタンアフメット・ジャーミィ(通称ブルーモスク)に続きまして、
アヤソフィア へ。

CIMG2696.jpg 

アヤソフィア・・・ こちらもモスクですが、ブルーモスクと違って
現在は博物館となっております。祈りには使われておりません。
(ブルーモスクはこのアヤソフィアを模して造られたそうです。)

CIMG2699.jpg
こちら、入口です。ブルーモスクよりかなり歴史を感じますね。

CIMG2698.jpg
モスクの特徴であるミナレット(尖塔)が立っていますが少し不自然です。
そのわけは・・・・・

このアヤソフィアは元々はジャーミィ(モスク)ではなくギリシャ正教の
大本山の教会だったんですね~。 時代とともにその姿を変えて来ました。

325年  コンスタンティヌス1世によりアヤソフィアの元となる教会建築が始まる。
360年  コンスタンティヌス2世の時代に完成。 その後、何度か焼失。
537年  ユスティニアヌス皇帝により6年近くかけてビザンツ(ビザンチン)様式
      の大聖堂が建てられた。(ギリシャ語ではハギア・ソフィア)
1453年 オスマン帝国がコンスタンティノープル(現イスタンブール)陥落させ、
      東ローマ帝国(ビザンチン帝国)を滅ぼす。
      当時のスルタン(アラビア語で権力者。国王、皇帝のように用いられる)
      メフメト2世により聖堂はジャーミィに変えられ、メッカの方向を示す
      ミフラーブやミナレットが加えられた。

CIMG2701.jpg
入ってすぐのところ。天井が美しかったのでパチリ。

CIMG2703.jpg
そして、本当の入り口?が9つあり、これは真ん中の大きなドア。
大きなドアはスルタン専用の入り口で24時間衛兵が両サイドに立っていたため、
床の大理石はその部分だけ凹んでました。
この大きな入口の両側にやや小さい入口が4つずつありまして、一般市民が利用
していたそうです。

CIMG2708.jpg
ブルーモスクと違ってかなり天井が傷んでます。
が、こちらのドームは高さ56m、直径31mでブルーモスクより大きく
こちらはこちらでまたすばらしいです。

CIMG2716.jpg
こちら正面です。天井近くにビザンチン帝国時代のキリストのモザイク画があり、
その下にはオスマン帝国以降のアラビア語で書かれた名前の看板が・・・・・。
モザイク画のある正面祭壇から少しずれて下にミフラープが作られています。
ガイドさんによれば、この差は約10度。エルサレムとメッカの方位の違いだそうです。

CIMG2722.jpg
2階から見た正面祭壇。2階後方は女性専用の祈りの場所だったそうです。

1700年代 ビザンチン文化としてのモザイク画がすべて漆喰で塗りつぶされて
しまいましたが、1931年にアメリカの調査隊によってモザイク画が発見され、
ビザンチン時代の遺跡としても注目されることになりました。

CIMG2730.jpg
モザイク画の一部です。これは比較的きれいに残っているものです。

CIMG2735.jpg
これは、出口近くにあるモザイク画。

CIMG2738.jpg ← こちらは、祈りの前に洗って
清めるところです。ブルーモスクでは建物の側面にありましたが、別の建物に
なっています。(こっちは椅子がないなぁ・・・笑)


アヤソフィア博物館見学の後は、 グランドバザール へ。

CIMG2748.jpg
トルコ語では”カパル・チャルシュ”屋根つき市場という意味なんですと。

実はグランドバザール見学の前に、トルコ絨毯とトルコ石のジュエリーのお店に
連れてかれまして・・・ 口車に乗って?買いものしたんですが、まあその話は
割愛することにします。 ( `ж´ )ブッ!
その買いものに時間を取られて、楽しみにしていたグランドバザールの見学が
たったの45分になってしまいました。

いろいろ見て回りたかったんですが、すご~く広いし迷路のようにたくさん
小路があるので、迷わずガイドさんとの待ち合わせの場所に戻れるようにほんの
ちょこっとしか散策できませんでした。
(でも、関西人としてキッチリ値切って買い物はしました!( `ж´ )ブッ!)

   CIMG2755.jpg  CIMG2759.jpg  CIMG2754.jpg
   いろんな通りがあります。人がいっぱい・・・。

CIMG2756.jpg  CIMG2757.jpg
陶器のお店。美し~♪(ココで買いました。ぬふふ。)

CIMG2758.jpg  CIMG2762.jpg
ジュエリーのお店やベリーダンスの衣装のお店。

CIMG2764.jpg  CIMG2765.jpg
電気の飾り?のお店や
とにかくあちこちで売られてる目ん玉の魔よけ(ナザール・ボンジュウ)

でも・・・この魔よけは・・・ん~ですわ。キーホルダー使ってますけど、
災難に遭います。コケましたから。ぷっ!
もしかしたら・・・ ”わしがおるのにっ!”と身代わり申(庚申さん)に
叱られたんかな??? ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ


とっくにお昼は過ぎてたのでお腹が減りまして・・・・・残りあと10分と
いうときに慌ててケバブをテイクアウトしてかぶり付き!
CIMG2767.jpg 撮る前にかぶってしもた・・・
かぶった犯人は夫くんではなくリカさんです。(* ̄m ̄)プッ

このケバブ・・・10TLとお高かったですが、この旅行中で食べた中で
一番おいしかったです♪ お肉の味がサイコーでした。

ガイドさんと合流し、もちろんケバブだけでは足りないので、ガイドブックに
意外な組み合わせだけど日本人に人気だという”サバサンド”を食べてみたくて
ガイドさんに探してもらいました。
サバサンドは、新市街と旧市街を結ぶガラタ橋の近くに沢山お店があるらしく、
旧市街の中にはないかも?と言うことだったんですが、ありました!!!

CIMG2771.jpg  CIMG2772.jpg

三枚下ろし?にした鯖片身をグリルして塩味をつけ、野菜と一緒に
バゲットでサンド。お好みでレモン汁をかけます。
ごっつう期待してたので、ウハウハとかぶりつきます♪

(; ̄ー ̄)...ン? ( ̄_J ̄)ん? (; ̄ー ̄)...ン? 期待し過ぎました。
塩味薄くて魚臭い・・・・・・・ やっぱり町中ではなくガラタ橋の近くで
食べるべきやったんでしょか???
ってか・・・・・・・塩サバにはやっぱり白いご飯でしょう!
まあ、好みは人それぞれですんでサバサンドを否定はしませんが・・・。


一応、この日のガイドさんとの観光はこれでおしまいでホテルまで送ってもらう
予定になってましたが、同じ旧市街にあるトプカプ宮殿の見学をしたかったので
ガイドさんにその場所まで連れて行ってもらいました。
時刻はすでに午後3時。しかし、チケット売り場は長蛇の列・・・w( ̄△ ̄;)wおおっ!
でも、お別れの前にガイドさんが職権乱用でチケット買って来てくれたので
並ばずすぐにはいれました。 ( ̄皿 ̄)うしししし♪

と・・・またまた長くなりますんで、一旦ココで終わらせて頂きます。
3泊4日の旅行なのに長々と引っ張ってあいすいませんです。




  クリック2クリック2  ポチポチっと、1日2ポチ!ヨロシクお願いします♪ 
 
いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!! 

上記の2ポチでリカさんウハウハ大喜びしますが、こちらもポチクリック2して
いただくと、”救える命”があります!!!(クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。  
関連記事
スポンサーサイト

2011/01/10(月) | イスタンブール | トラックバック(-) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

熊子

『No title』

あはは、一番はじめのバジの写真おもしろーい。
おたふく風邪のような、歯痛で腫れあがっちゃってるような
なんだかむくれてるような・・・(笑)
何かがご不満そうな様子(^^;

トルコの陶器って派手だね~。
ドイツのはシンプルなデザインが多いから、文化の違いを感じるわ。
目ん玉の魔よけって、一般家庭の家にもたくさん飾ってあるらしいね。
ドアの上に目ん玉を貼りつけたりするらしいけど
いつも見られてるような感じがして落ち着かなそう(汗)

2011/01/12(水) 18:46:56 | URL | [ 編集]

リカ

『熊子さん♪』

だいたい朝は夫くんが出掛けるまで寝てるんだけど
この日は朝食食べてたら、”ちょーだーい”って
やってきたんで、”ネンネして待ってなさいっ!”って
叱られてスネてるの図。
そう、むくれてるの。熊子さん、ビンゴ♪(笑)

そうね、トルコの食器は全般的に鮮やか。
トルコ独特のものもあれば、イタリアやスペインと似た
ようなのもあったよ。
確かに目ん玉の魔よけがドアについてたら・・・ちょい不気味?(笑)
日本の田んぼによくある”カラス除け”みたいにも思える。ぷっ!
我が家は身代わり申さんがいるので目ん玉はキーホルダー♪

2011/01/13(木) 19:21:01 | URL | [ 編集]

Merry

『首だいじょうぶ?』

こちらのモスクは博物館なんやね。
ブルーモスクに比べたら地味やけどゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
きれいやねぇ。
陶器も絨毯もカラフルで、これまた素敵。
トルコ名物「サバハンド」はいまいちだったのね。
場所によるのかな。

リカはん、転んだ拍子に首を痛めてたんやね。
私もはねられた時に、後頭部が思いっきり引っ張られて
首も痛めたけど、時間とともに回復したわ。
しばらくかかるので、お大事に(。・ω・。)ノぁぃ♪

2011/01/14(金) 03:23:07 | URL | [ 編集]

リカ

『Merryちゃん♪』

そやねん、今は博物館になってる。
ブルーモスクよりだいぶ古いし、いろんな
歴史を積み重ねてきてるからねぇ。
陶器や絨毯、ほんまいろんな種類があったわー。
好みの色やデザインから、ケッ!と思うもんまで。(笑)
( `ж´ )ブッ! メ、Merryちゃん!
「サバハンドv-229v-222は怖いやろ~。
「サバサンド」やで。ぷっ!

いまだに首が痛くてそのせいで頭も痛くなるし、
なんか胃の具合も悪いし、ムチ打ちみたいになってるんかな~って
思ってたけど、はねられて痛めたときのも治ったんやね。
私ももうしばらく我慢してみるわー。心配ありがとう。

2011/01/15(土) 19:19:53 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。