スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イスタンブール(2010.12.30 ①)

本日天気予報ではマイナスから脱出のはずが、お昼間は-5~6℃・・・ 
夜になって-1~2℃・・・ 日付が変わる頃に0℃を上回るんですかねぇ?
ってな感じのここプルゼニュです。

朝の散歩時の気温は-12℃。うへっ。
でも痛くはなかったなぁ~、不思議・・・・・。

CIMG3092.jpg  CIMG3093.jpg
朝焼けがきれいだったんで、「ちょっと待って!」と写真を撮ったら・・・・・
「待ったってんから、当然ご褒美のクッキーくれるんやろね?」と催促バジ。

夕方の散歩時は雨が降っていて、滑り止めになっていた雪が溶けて
下からアイスバーンが現れて危ない、危ない・・・もうツルッツルですよ。
リカさんだけでなく、みんな”ヘッピリ腰”で歩いてましたよ。( `ж´ )ブッ!
明日の最高気温5℃になってるけどほんまかな?????
全部溶けて乾いちゃうといいけど・・・・・再度凍ると怖いな。


さてさて、少し間空きましたが、トルコ旅行記2日目です。
この日は、日本語ガイド(トルコ人♂)と一緒にイスタンブール半日観光でした。
前日の予定表には”空港で日本語アシスタントと合流”と書いてたにもかかわらず、
日本語どころか英語もままならん人が来てたんで不安だったんですが、やはり
観光ということでちゃんと日本語ガイドが来てくれてよかったです。アハハ。

いろいろ見て回って画像があまりに多いので場所ごとに分けることにします。

今回はパックツアー参加だったのでホテルを選べなかったんですが、一応
☆が4つ・・・・・でも、ネットで口コミを見てみると・・・・・ ひどい!!
”terrible”や”awful”の嵐で、”四つ星ちゃうやろ!二つ星以下じゃ!”なんて
ことも・・・・・日本人の口コミがイマイチなのは有り勝ちですが(日本のホテルに
比べると設備やアメニティが揃ってないこと多いのでね)、EU圏内の人たちの
口コミもひどい。( `ж´ )ブッ! えらいとこに泊ることになったなーと。ぷっ。

朝食バイキングの評判もよろしくなくて期待してませんでしたが、レストランに
行くと美味しそうなパンがいっぱい♪ ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ
でも・・・それだけでした。 他はロクなもんなくて・・・。

CIMG2658.jpg  CIMG2659.jpg
「どうやったらこんなにマズいスクランブルエッグになるんやろ。」(夫くん談。笑)
フレンチトーストだと思って取ったパンはただ油っこいだけの味のない揚げパン。
白黒のま~るいのはマズいチーズでした。あとのパンはおいしかったですけどね。

まあ、口コミどおりの朝食を食べまして(いっぱい残したけど。ぶっ!)、
午前9時日本語ガイドさんとともに出発です。
宿泊ホテルが新市街(タクスィム広場の近く)だったので、旧市街まで車を
ブッ飛ばしてもらって、まずは ヒポドゥローム へ。

これはローマの大競技場跡で、今は小さな広場に3本の柱が立っているだけですが
かつては縦500m、横117mのU字型競技場がありました。
現在は”アトゥ・メイダヌ(馬の広場)”と呼ばれ、祝祭日には催しが行われるそうです。

   CIMG2661.jpg  CIMG2660.jpg  CIMG2662.jpg
左: 切石積みのオベリスクは、コンスタンティヌス7世により造られたもの。
中: 途中から折れた高さ8mの青銅の蛇の柱。紀元前5世紀にギリシャ都市国家が
   ペルシャ戦争の戦勝記念としてデルフォイのアポロン神殿に建てたものを
   コンスタンティヌス1世の時代に持ってきたもの。
右: たくさんのレリーフが彫られた石柱は高さ25.6m。テオドシウス1世の
   オベリスクと呼ばれ、古代エジプトのファラオ、トトメス3世によりルクソール
   のカルナック神殿に建てられたうちのひとつがローマ皇帝により運ばれたもの。


お次は、ブルーモスクと呼ばれる スルタンアフメット・ジャーミィ へ。

CIMG2665.jpg

パッと見は地味・・・ 大きいですけどね。
なんで”ブルーモスク”??って感じですが、それは中に入ってわかります。
ジャーーーーーーーン!!! 

CIMG2679.jpg

CIMG2676.jpg

CIMG2681.jpg
CIMG2688.jpg

リカさんのおバカデジカメでは、本当の美しさをお伝えできないのが
残念ですが、ブルーの丸天井やタイルの壁がヒジョーーーに美しいです。
上を向いて思わず(´○`; ポカーンと口を開けてしまうほど・・・・・。

トルコのジャーミィは丸天井のドームと尖塔(ミナーレ)に特徴があり、
普通のジャーミィは尖塔が1~2本ですが、このスルタンアフメット・ジャーミィ
は尖塔が6本あり、世界的にも珍しいイスラム寺院です。
大ドームは高さ43m、直径27.5m、4つの副ドーム、30の小ドームを
持っています。 ドームには260の小窓があり、内壁には2万個の青を基調と
したイズニックタイルで飾られています。

一日に5回の祈りの時間があるらしいんですが、そのときは入場を控えた方が
よいとのこと。 ジャーミィに祈りに来られない場合は場所は家でも職場でも
どこでもよいそうですが、祈りの方向は必ずメッカに向かってなのだそうです。

CIMG2685.jpg  これは女性専用の祈りの場所。
男性の祈りの場所より後ろにあります。 ガイドさんは”男女とも祈りに集中するため”
と言うてましたが・・・・・ イスラムの女性にはなれないな・・・ ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

出口そばに聖地メッカの模型がありました。 CIMG2689.jpg

CIMG2690.jpg  外側には水道と椅子がズラリ・・・  
祈りのためジャーミィに入る前に手足を洗って清めるんだそうです。

ブルーモスクの見学を終え、もう一度パチリ。
CIMG2693.jpg


お次は、ブルーモスクのお向かいにある アヤソフィア博物館 へ。

CIMG2695.jpg


このまま続けるとすごい長くなるのでとりあえず、今日はヒポドゥロームと
スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)だけにしておきます。
次回、アヤソフィア博物館、グランドバザール、トプカピ宮殿へと続きます。




  クリック2クリック2  ポチポチっと、1日2ポチ!ヨロシクお願いします♪ 
 
いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!! 

上記の2ポチでリカさんウハウハ大喜びしますが、こちらもポチクリック2して
いただくと、”救える命”があります!!!(クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。  



記事の最初に、夕方の散歩時、ツルッツルで危ないと書きましたが、夫くんが
帰宅する時間にはも~~~っとツルツルツルツルツル~~~で、ヒッジョーッに
危険な状態になっており、大通りは大丈夫なので自宅前の道まではなんとか
帰って来た夫くんですが・・・・・その後、身動きとれず・・・・・
いつもはガレージに入れるんですが、仕方なく道に車を放置。
たいへん近所迷惑ですがどうしようもありません。

明朝にはなんとか車を動かせるといいんですが・・・・・ツルツルのままで
動けないとなると・・・・・・大変。バス通勤?!
でも、動けなくて放置した車・・・・・クレームつくかも?! (´Д`) =3 ハゥー
路面凍結・・・・・・お願いです、溶けてください・・・・・。
関連記事
スポンサーサイト

2011/01/06(木) | イスタンブール | トラックバック(-) | コメント(6)

«  |  HOME  |  »

Merry

『モスクLOVE』

いいなぁ。
私、もちろんイスラム教徒ではないわけですが
モスクが大好きやねん。
この、まぁるこい屋根がたまらん…..ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪
また、内部の装飾も素晴らしいやん。
世界で一番美しい建造物やと思うの。。。

2011/01/08(土) 06:30:45 | URL | [ 編集]

リカ

『Merryちゃん♪』

Merryちゃんは、モスクラバーやったんや。
友達では一番つきあい長いのに知らんかったよ。あはは。
イスラムより儒教の世界が好きなのかと・・・
超ソウルリピーター&ソウルラバーやから。( `ж´ )ブッ!
(”辛い味”と書いてあったピンクの袋の海苔・・・辛過ぎたんで
次回は塩&ゴマ油のみのノーマル韓国海苔でお願いします。ぷっ!)

確かにモスクはすばらしい♪
モスクラバーじゃなくても感動したわ~。
ブルーモスクに続き、もひとつアヤソフィアっちゅうモスクを
ご紹介するのでお楽しみに~♪
(ブルーモスクの方が新しいからもちろん美しいけど、アヤソフィアも
数奇な運命をたどったモスクでそれなりにすばらしかったよ。)

2011/01/08(土) 20:53:58 | URL | [ 編集]

熊子

『No title』

日本語ができるガイドさんが来てくれて良かった。ホッ。
熊坊が、ブルーモスクの写真見て興奮してるよ。
「すごーい。行ってみたい」って。
モスクの中も圧巻だけど、外からの写真も迫力あるね。
モスクって、男と女で祈りの場所が違うだけじゃなくて
出入り口も分けられてるところもあるんだってね。
全てが男性優先の世界。
女性は教育を受けるのもダメ、スポーツをするのもダメ・・・∞
宗派によっても程度の差はあるけど
中には苦痛に感じている女性もいるんだろうね。

2011/01/09(日) 00:54:06 | URL | [ 編集]

Merry

『ふりかけ』

あの、ふりかけタイプは、リカはんでも辛すぎたのね。
店の若い衆は、普通に食べてた(/||| ̄▽)/スゲッ!!
んじゃ、次回はノーマル買ってくるねφ(・ω・ )メモメモ

モスク大好きなので、東南アジアで何件か見たことはあっても
中には入れなかったのか、お祈りに怖気づいて入らなかったのか・・・眺めるだけやった。
だから、次のモスクもめっちゃ楽しみ~(*^m^*) ムフッ

2011/01/09(日) 03:18:17 | URL | [ 編集]

リカ

『熊子さん♪』

うん、よかった!このガイドさん、日本語上手だったのよ~。
ぬふふ、熊坊さんを興奮させちゃった?
私のバカデジカメの画像で興奮してもらえたんなら
実物を見るとすごく感動すると思うよ。
イスラムの世界は理解しがたいけど、モスクは素敵だよね。
2年前にチェコ語の先生が行った時は、中に入る前に
靴を脱ぐだけじゃなく、頭に布をかぶらされたんだって。
ガイドブックにもそう書いてあったけど、私は何もせずに
OKだったわ。他の女性たちもね。寛大になったのかな?!
そーだねー、子供の頃からの洗脳うけてるんだろうけど
男性優先の世界で苦痛を感じてる人もいるんだろうな。

2011/01/09(日) 14:40:47 | URL | [ 編集]

リカ

『Merryちゃん♪』

さすがに辛い好きの私にも辛かったわ~(笑)
ご飯が進みすぎて・・・・・( `ж´ )ブッ!
はい、ノーマルでよろしく♪

モスクはお祈りの時間とバッティングすると入れないもんね。
もし今度モスクを観光する機会があったら中に入ってみて。
よその国のモスクとトルコのモスクは違うかもしれんけど
たぶんキレイだと思う。
昨夜、次のモスクその他諸々の記事を書いてたんやけど、
キー押すのをミスって記事の半分が消えた・・・ヽ(TдT)ノアーウ…
気力なくてやめてしもたけど、今日続き書いてアップするね。

2011/01/09(日) 14:55:38 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。