スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

渡航準備(チェコに向けてバジの検疫など)

夫くんのチェコ赴任が決まってから、バジを連れて行くか
どうするかで散々悩みに悩みました。

日本に残していくのもかわいそうだし、かと言って人間の勝手で
まったく違う環境の中に飛びこませるのもかわいそうかなと・・・・・。
バジが高齢で長時間のフライトや環境の変化に耐えられないかも・・・
と言うことなら、諦めてどこかに預けるか、里子に出すという選択をせざるを
得なかったんだろうけど、バジはまだ6歳。
子供がいない我が家にとって息子同然。
やっぱり離れて暮らすなんて・・・・・できへん・・・・・

ってなワケで、夫くんの会社で前例のないペット連れでの海外赴任に関する
検索をしまくる毎日が始まり・・・・・いったい毎日何時間PCに向かってただろう・・・・・。
いくら検索しても欲しい情報がヒットせず、イライラする毎日。
大使館や動物検疫所に問い合わせればいいんだけど、何をどう聞けばいいかわからない。
そこで、チェコじゃないけど、ほかのEU諸国やUSAなどにワンコを連れて行った人の
ブログから情報をかき集め、やっとこ質問事項をまとめて在日チェコ大使館と関空動物
検疫所に電話。


チェコ大使館に問い合わせた結果、入国する条件としてマイクロチップ装着、そして
狂犬病ワクチンを1回接種、そしてEU共通の書類(獣医さんのサインと検疫所の裏書
が必要)があれば良いとのこと。書類は、大使館のHPからプリントアウト。
(書類の出し方: ①HP左上のをクリックして英語バージョンにする。
           ②右上のDOWNLOADABLE FORMSをクリックする。
           ③7.VETERINARY CERTIFICATEをクリックする。)
条件はゆるいけど・・・書類が英語なのでちょいと困ります。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

(2011/12現在上記の方法では大使館HBのリンクが無効になっており書類は出せません。
チェコ国家獣医局HPの英語を選択→「Trade with commodities subject to vet. Controls」
→「Movements of pets」→「Movements of dogs, cats, ferrets」→「non-commercial
movements」)の順でクリックしていけば書類(VETERINARY CERTIFICATE)を出すことが
できます。)


お次は、動物検疫所に問い合わせた結果、「もし急に2年以内に連れ帰ることがあった
場合、日本への輸入条件が狂犬病ワクチン接種2回となっているので、念のため
2回しておくことをお勧めします。」と言われたので2回接種することにしました。

さぁて点が線で繋がりだした!!! やっと先が見えてきたぞ!!!


出国時動物検疫に必要な書類
・マイクロチップの装着確認の書類、
・狂犬病ワクチン接種の証明書(マイクロチップ№、ワクチン名、ワクチン製造会社名記載)、
狂犬病抗体検査証明書(抗体値をクリアしていること!これは2年間有効。)、
動物輸出申請書検疫所HPより)、
・その他予防接種の証明書(うちは9種混合接種をしたけど、これは絶対必要ではない。
 しかし、急遽日本に連れ帰る可能性を考えて、日本で必要なレプトスピラにかかってない
 ことを証明してもらうために受けておく方が良いと思う。)
(↑狂犬病ワクチンと同じくマイクロチップ№、ワクチン名、ワクチン製造会社名を記載)、
・健康診断書(渡航1週間以内の日付で。診断書フォームは何でもよい。)
・念のため・・・血統書(誕生日や毛色などの確認用)

 コレは、EU入国時必要な書類ですが日本の動物検疫所の裏書が必要です!
・VETERINARY CERTIFICATE(チェコ語&英語併記のEU共通の犬猫輸入書類。)
(英語で記入。動物病院のゴム印&サイン要。書類は共通ですが国によって多少条件
が違うので注意。)


この後は参考までにバジの渡航までの手続きのプロセスを書いておきます。

6月22日 マイクロチップ装着。そして、1回目の狂犬病ワクチン接種
(この時点ではまたバジの渡航時期が決まってなかったので、今後の大まかな予定だけ決める)
(ちなみに、マイクロチップ装着以前の狂犬病ワクチン接種は無効です。)

8月15日 9種混合ワクチン接種

9月16日 2回目の狂犬病ワクチン接種。(今後の予定を獣医さんと相談)

10月21日 午前:狂犬病抗体検査のための血清を採取。
            獣医さんに狂犬病抗体検査証明書兼申請書に記入してもらう。
        午後:クール便にて指定検査機関である(財)畜産生物科学安全研究所
        申請書と検査手数料振込済を証明する書類とともに血清を送る。
  (注意)書類に記載されてるとおり抗体検査手数料は先払いです。
      振込確認ができてからの検査となりますので、血清採取する数日前に
      振込しておく必要があります。
      (検査手数料:税込¥12000 振込手数料依頼者負担) 
 
11月 1日 検査機関より、抗体検査の結果が届く。(無事クリア!ほっ!)

11月 3日 EU共通書類に記入し、間違いがないか動物検疫所で確認してもらう。
        記入等でわからないところは教えてもらえます♪ 
    (バジの渡航日(フライト)が決まっていたので伝える。検疫の時間等相談。
     ↑渡航日は最低7日前には連絡のこと!)

11月 9日 必要事項を記入したEU共通書類に動物病院院長さんのサインをもらう。
       (サインのほかに病院の住所と名前のゴム印要

11月24日 動物病院で「健康診断書」を作成してもらう。(フォームは自由です)
       (健康診断書の日付は渡航日前1週間以内で。) 

11月24日 すべての書類に記入漏れやミスがないか検疫所にFAXして確認してもらう。

11月29日 予定時間にバジを連れて動物検疫所へ。
        無事に検疫を終え、お見送りに来てくれたお友達と一緒に散歩して用を足し
        その後、パリ経由でチェコへと旅立ちました。



バジを空輸するためには、使っていたケージがIATA(国際航空輸送協会)基準を
クリアするものではなかったので、バリケンネルを購入しました。
バリケン

あっそうそう! ワンコ連れで海外引っ越しされる場合、同じフライトで行く場合と
別便(貨物輸送)で行く場合がありますが、我が家は同じフライトで飛びました。
バジの場合、体重12kg+バリケン5kg=TTL17kg 日系でも外資系でも・・・
どちらの航空会社にしてもバジは貨物室行きなんですが、貨物室のペットスペース
は限られてるので早いもん勝ち?です。
なので、同じフライトで行きたい場合は、早めにご予約されることをお勧めします♪


※ 上記情報はバジが渡航した2008年11月時点のものです。
一部2011年12月に訂正しましたが、上記はあくまで参考にされまして
その都度関係部署に確認していただくようお願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト

2008/12/01(月) | 渡航準備(バジ編) | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

Tomoko Kai

『チェコの検疫所について』

はじめまして、今度チェコへ犬連れ旅行考えています、10日程の短期旅行ですが、帰国に際してエンドーズメントもらえるアドレスとかご存知であれば教えて頂けませんか?

2014/02/24(月) 09:48:11 | URL | [ 編集]

リカ&バジ

『Tomokoさん♪』

昨春にフランスに引っ越してから別ブログを始めまして、
こちらのブログはもうずっと放置状態のため、
コメント頂いてからもう1ヵ月以上も過ぎてしまってて・・・
お返事遅くなって申し訳ありません。

今回たまたま渡航時のことで確認したかったことがあったので、
コメントいただいてたことに気づくことが出来ました。
もしかしたら、もうご旅行はお済でしょうか?
せっかくご質問頂いたのに申し訳ありませんが、うちは
EU内での引越しだったため、チェコから日本へ帰国する際の
手続きに関して調べてないのでわかりません。

お返事遅れた上に、まったくお力になれなくて申し訳ありません。
ワンちゃんとチェコを楽しまれて無事に帰国されますよう願っています。

2014/03/28(金) 23:32:29 | URL | [ 編集]

-

『管理人のみ閲覧できます』

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/06/12(木) 03:47:16 | | [ 編集]

リカ&バジ

『鍵コメさん♪』

6月にコメントを頂いてたのに、今頃気づきました。
すみません・・・こちらは以前も書きましたが
放置状態なもので・・・・・・

もしかして、すでにチェコにわんこを連れていかれた後かもしれませんね。
私の情報は2008年に渡チェコしたときのものなので
今現在も変わりないかどうかわかりませんが・・・・・・。

EU共通の書類は、わからないところを検疫所の方(うちは関空)に
教えてもらって自分で書きました。(英語の記載で不明なところあったので)
その後、獣医さんに住所の記載とゴム印&サインをしてもらいました。
対チェコに関してはそれだけです。
チェコに到着したときはチェックも何もなくただケージに入ったバジルを
受け取るだけだったので少し拍子抜けでした。
でも、これは狂犬病のない日本からの輸入ということで、スルーだったのかもしれません。
その他の第三国からの場合は、何かしらチェックがあるかもしれません。
チェコの体質からして、おそらく何もないとは思いますが・・・・・。

お返事遅れた上に、はっきりしたことをお伝えできなくてすみません。
無事にチェコ入りされますように・・・。


2014/09/03(水) 03:57:56 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://rikabasi.blog55.fc2.com/tb.php/22-54888d6b
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。