スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本日もおひとりさま(前編)

本日の最高気温20℃、お天気回復して気温も少し回復しました
ここプルゼニュです。

CIMG8691_20120916044050.jpg
が、朝はまだ気温が低く(なんと!4℃!!)ごっつい霧でございました。

CIMG8692_20120916044050.jpg
今朝もバスをガン見の坊っちゃん。

CIMG8687_20120916044413.jpg
今朝は奈良盆地の冬並みに寒かったので、首にベビー腹巻を♪

そして、本日も坊っちゃんにお留守番願いまして、プラハひとり旅に
行ってきました。
今日は、帰りの足も高速バスだし、ネムネム&ダルダルなので、
欲張らずにサクッと回ってきました。

CIMG8693_20120916044958.jpg
まずは、 聖イグナチオ教会(Kostel sv. Ignáce)   

CIMG8705_20120916044957.jpg
こちらはガイドブックにも説明がないくらいの教会なんですが、
お目当ての教会の近くにあるのでついでに行ってみたんですが、
内部はとても美しく、しょっぱなからアホほど写真撮ってしまいました。
って・・・見事にボケてますけど・・・。

CIMG8695_20120916050409.jpg
ピンクの美しい天井。

CIMG8703_20120916050409.jpg
天井のフレスコ画。

CIMG8697_20120916050519.jpg  CIMG8699_20120916050518.jpg

CIMG8700_20120916050518.jpg  CIMG8701_20120916050517.jpg

CIMG8704_20120916050721.jpg  CIMG8706_20120916050720.jpg
なんで、こんなすごい教会がガイドブックでスルーされてるのか不思議。
ついでにちょこっと行ったけど、ここは行ってよかったです。


CIMG8711_20120916051112.jpg
聖イグナチオ教会から、カレル広場を通り抜けまして、お次の目的地は、

CIMG8716_20120916051111.jpg
聖キリルと聖メトディウス教会(Kostel sv.Cyrila a Metoděje) 

CIMG8715_20120916051551.jpg  この教会には悲しい歴史が。

18世紀に建てられたバロック形式の教会で、キリルとメディウスはモラヴィア
地方にキリスト教をッ耐えたギリシア生まれの兄弟の名前です。
(カレル橋にはキリルとメディウスの像があり、プラハ城の聖ヴィート教会の
ムハによるステンドグラスにも描かれています。)

しかし、この教会の存在が広く知られることになったのは・・・・・
1942年、ドイツからチェコに送り込まれた役人ラインハルト・ハイドリヒを
暗殺した7人のチェコのレジスタンス活動家たちが、この教会の地下の礼拝堂に
身を隠していたが、間もなくナチス・ドイツに見つかり、全員処刑されるという
事件があったため。
ナチス・ドイツの報復はこれだけでは終わらず・・・・・
レジスタンス活動家の出身地とされるリディツェ村では、成人男子は全員射殺、
女性子供は全員強制収容所に送り込まれたとのこと。

CIMG8712_20120916051111.jpg
今も教会の側壁には当時の銃弾の跡が残されており、花が手向けられています。

教会の地下は、ハイドリヒに対しての英雄たちの国家メモリアル
NÁRODNÍ PAMÁTNÍK HRDINŮ HEYDRICHÁDY)となっています。(有料)

CIMG8719.jpg  CIMG8720_20120916051550.jpg
教会の地下入口から入りましたらば、当時のことを説明するパネルや
遺品が展示されておりまして、中央の扉を開けますと当時のままの状態
で残されており・・・・・パネルにはここで亡くなった方たちの存命の
頃と遺体の写真がありました。

CIMG8721.jpg
美しい場所だけでなく、こういう負の遺産も見ておくべき・・・そう思って
見学に行ったわけですが、気持ちと共に本当に胸が苦しくなってきて、
怖くて奥には行けず・・・そそくさと出てきてしまいました。
(夫くんは、負の部分を見たがらないので、テレジーンやアウシュヴィッツにも
行ってみたのですが、自力ではムリなので実現しそうにありません・・・・・。)


CIMG8724_20120916051110.jpg
階段を上がりまして、教会内を見学しようと思いましたが、残念ながら
ドアには鍵がかかっており、ガラス越しに写真だけ撮りました。


CIMG8722_20120916051109.jpg
教会の向こうには、ダンシングビル。その向こうはヴルタヴァ川。

重い気持ちと胃もたれ感覚を残しつつ・・・・・時刻はお昼を過ぎてたので
前々から行ってみたいと思っていたタイレストランへ・・・。

CIMG8728_20120916063730.jpg
レモンリーフ   Myslíkova 14 Nové Město, Praha 2 

曜日別で3種類のランチメニューがありましたが、どれも惹かれるもの
ではなかったんで、通常メニューからグリーンカレーをチョイス。

店内は結構にぎわっており、チェコ人さんたちはランチメニューのひとつ
ファルファッレ(カレー味のチキン&ブロッコリー&クリーム)を結構食べて
はりましたが・・・・・タイ料理でパスタって・・・まあ、いいんですけどぉ。

リカさんの想定内ではありましたが、オーダーしてからごっっっつい待ちまして
や~~~っと来たのが・・・・・ レッドカレー でございました。ぶっ!!
持ってきたお姉さん(=注文とったお姉さん)に 「私、エビ入りグリーンカレー
を頼んだんだけど・・・。」と言いましたらば、 「ビッグ プロブレム・・・」と
言いつつ、地味に小さく驚き、一瞬”これで我慢してくれる?”って感じのすがる
視線を向けられましたが、わざわざ田舎町からやって来て、やっと気になってた
レストランでの食事なのに、相手がミスった料理など食べたくなかったんで、
もう一度「私はエビ入りグリーンカレーを頼んだんです!」と言いましたらば、
うつむきながらレッドカレーを持ってそっと厨房へ戻って行かはりました。

CIMG8726_20120916063730.jpg
そして、それから待つこと20分、グリーンカレー登場♪ 
(ジャスミンライスの器がかわいい♪ 
結局1時間近く待って、やっと食事にありつけました。
とは言いましても、そんなにお腹が空いてたわけでもなく、待ってる間に
フレッシュミントティーを結構飲んじゃってたので、カレーもジャスミンライスも
半分残しちゃったんですけどね。

若い頃は辛いの全然OKやったんですが、辛いの食べたら咽て泣いちゃう
夫くんに合わせていたら、年々辛さにも弱くなってきましてね。
口にはおいしかったんですが、喉と胃が・・・・・
喉 「これ以上食べたら、火ぃ吹かせるでぇ~。」
胃 「これ以上食べたら、胃薬飲ませるでぇ~。」 と言いますもんでね。

お姉さんへ・・・グリーンカレーにこだわったくせに残しちゃってごめんなさい。
お店を出るときには、笑顔で「ナ・スフレダノウ♪」と言ってくれてありがとう。


CIMG8735.jpg
トラムを乗り継いで、お次の目的地に行く前に、近くに新市庁舎があるので
一応アホデジに収めておきました。
塔に上れるみたいなんですけどね、お次はもっと高い所に上がるつもりだった
んでスルーしまして、ランチで時間くったので先を急ぎます。



ありゃりゃ・・・・・またまた、画像多しで記事が長くなってしまいました。
ってことで、ここで一旦終わります。あいすいませんです。



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 
関連記事
スポンサーサイト

2012/09/14(金) | プラハ | トラックバック(-) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。