スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ダムにたたずむお城

本日の最高気温24℃、昨夜に続き、今日も午後からどえらい雷雨に
なりまして、なんやら落ち着かんお天気のここプルゼニュです。

CIMG5491_20120704004806.jpg
 「ほんまにねぇ、大雨も困るけど雷は怖いもんねぇ。」
(そやねぇ、雷は危ないしねぇ。お散歩のときはご遠慮願いたいよねぇ。)

CIMG5492.jpg
 「ってことで、おやつもらいましょか?」 
(ってことで・・・って全然話がつながってませんけどぉ。)
 「まあまあ・・・・・そこは可愛いボクに免じて・・・・・にゃはは♪」
(アンタって子は・・・。リカさんのココロに上手いことつけ込んでくるねぇ。)


さて、今日は先々週の日曜日に行きましたお城のお話です。
坊っちゃんの体調のこともありましたんでね、坊っちゃんにはお留守番願いまして
我が家から車で約1時間半のところにありますオルリーク城ズビィーコフ城
行って来ました。 (オヤジ弁当を持って・・・笑)

CIMG5317_20120704041507.jpg
オルリーク城(Zámek Orlík)


からかなり歩いてオルリーク城に到着です。
(しかし・・・チェコってなんでどこもみなパーキングから目的地までが遠い
んでしょね?? この前の国立公園もめちゃ遠かったし・・・。

CIMG5323.jpg  CIMG5324_20120704042651.jpg
お城前の広いお庭には、クジャクさんがおりました。 お母さん&お子。

CIMG5326.jpg ふたりは小屋の中におりまして、

CIMG5327_20120704042650.jpg  CIMG5328_20120704042649.jpg
そばの高い木の上からごっつい鳴き声が聞こえてたので見てみましたらば
お父さんらしき♂のクジャクさんが・・・・・。 しかし、しばらくしたら別方向から
別の♂がやってきましてね・・・・・・。どっちがお父さんや?(笑)


すでに時間はお昼を過ぎてたので、お弁当を食べられそうな場所探し・・・。
ちょいと道を下って行くと、小さな売店とテーブルセットがいくつかあったので
そこで食べることに。 そのすぐそばには船着場がありまして、遊覧船には
すでにたくさんの人が乗り込んでおりました。

CIMG5319_20120704041506.jpg
おお!乗ってみたいけど、乗り場の看板を見るとあと数分で出発。
船の中でお弁当も食べられそうにないので見送りまして、とっとと
お弁当を食べてから、オルリーク城の内部見学をして、次の最終便
の船に乗ることにしました。

CIMG5320_20120704041506.jpg
オルリーク城のお庭からの眺め。

CIMG5322_20120704041505.jpg
さて、お城の内部見学です。
内部見学は、ガイドツアーのみでして、時間的に遊覧船に間に合いそうに
なければやめることも考えたんですが、ドイツ語ガイドならすぐに入れると
いうことで、まったくわからんドイツ語ガイドツアーに英語テキストをもらって
参加しました。

CIMG5330.jpg
これより先のお部屋は撮影禁止だったので、残念ながら画像はありません。

たくさんのお部屋を見学しましたが、英語テキストとにらめっこでは
せっかくのお部屋を観そびれるし、どうせ英語テキストは全部理解
することはできないんで、説明はほとんどわからず見て回っただけ
ですが、たくさん飾られたトロフィー(動物の頭部を剥製にした壁飾り)
は、すごいな~と思ったけど、単なる遊びのために殺された動物たち
のことを思うと・・・・・複雑な気持ちになりました。

説明はほとんどわかりませんでしたが、このオルリーク城は、今現在も
シュワルツェンベルク家の所有で、昔は水面から60mの高さのところに建って
いたということはわかりました。(あと300丁以上の銃が飾られてたのも。笑)

CIMG5331_20120704044034.jpg
お城の窓からの眺め。
リカさん、大きな湖だと思っていたら、ここは貯水湖・・・ダムなんですねぇ。
なので、ダムができる前は水位が低かったので、水面からお城まで60mあった
ということなんですね。

ヴルタヴァ川がよく氾濫してプラハに洪水被害が出てたので、それを防ぐために
作られたそうです。 この貯水湖の底には”村”が沈んでるんですって。
(↑これは、後日にチェコ語の先生に教えてもらいました。)
日本にもありますよね、ダムの底に沈んでしまった村・・・・・。なんか寂し。

CIMG5332_20120704044034.jpg
お城の中庭。

CIMG5333_20120704044033.jpg
窓からダムをのぞいた図。高所恐怖症のリカさん、ちょいブルル。(笑)

CIMG5335_20120704044032.jpg
別のお部屋から見た貯水湖。

受付のおばさんに聞いたら、大体見学時間は1時間くらいと言うので遊覧船の
時間にギリギリだな~と思ってたんですが、ドイツ語ガイドツアーは参加者
4人ぽっちだったので、スイスイ進んで40分くらいで終わったんで、ちょうど
いい感じで遊覧船に乗ることができました。

CIMG5342_20120704044032.jpg
オルリーク城~ズヴィーコフ城まで片道45分の船旅です。
行きっぱなしじゃ車で帰れないので、往復チケット(@240kc)を買いました。

CIMG5344_20120704051305.jpg  CIMG5345.jpg
ふたつのお城の写真とダムの釣りポイントの全体図。

CIMG5348.jpg
ダムから見たオルリーク城。
チェコ語で”鷲”のことを Orel(オレル)と言いまして、小さな鷲のことを
Orlík(オルリーク)と言うんだそうです。(byチェコ語の先生)

CIMG5350_20120704051829.jpg
もう少し離れて別の角度から・・・。
今は水面ギリギリな感じですが、ダムになる前は水面から60mの高さに
あったので、岩壁にたたずむ小さな鷲って感じだったんでしょうね。

CIMG5351.jpg
水辺で遊ぶ人たち。

CIMG5355_20120704051828.jpg
上の地図にもあります Ždákovský most(ジュダーコフスキー橋)をくぐりまして・・・・・

CIMG5356_20120704051827.jpg
夫くん曰く・・・ この橋は、以前 Červená Lhota(チェルベナールホタ 赤い館)
行ったときに通ったそうです。全然記憶にございませんが・・・アハハハハ。

CIMG5359_20120704051827.jpg
その後しばらくこんな風景を見ながら船は進みまして・・・・・

CIMG5360_20120704053430.jpg
こんなごっつい岩壁を通り越しましたらば・・・・・・・はい、到着です。


CIMG5361_20120704053430.jpg
船着場から少し坂を上がり、こんな門をくぐりまして・・・・・

CIMG5362.jpg
通ってきた貯水湖を眺めまして・・・・・

CIMG5364.jpg
はい、 ズヴィーコフ城(Hrad Zvíkov) です。
(って・・・ これはダム側から行ったので裏側ですが・・・)

CIMG5368_20120704053428.jpg
こちらが正面です。 ずっと待ってたけど、ボーダーTシャツのおばさんが
なかなかどけてくれないので、おばさんも一緒にお城をパチリ。

CIMG5370_20120704053428.jpg
こちらは、帰りの船の時間まで余裕がなかったので内部見学はせずに近くを
プラプラしまして・・・・・

CIMG5371_20120704071607.jpg
お城の中庭だけ、ちょろっと覗いて帰ってきました。

行きはポテチつまみながら風景を楽しんでましたが、帰りはリカさんも夫くんも
ごっつい睡魔に襲われまして、オルリークに着くまでばっちり寝ました。ぶっ!


遊覧船で想定外に時間をくっちゃったので、予定より帰宅が遅くなってしまい
ましたが、坊っちゃん良い子でお留守番してくれてました。
バジ、お留守番ありがとう♪


  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 
関連記事
スポンサーサイト

2012/07/03(火) | プラハ以外のチェコ | トラックバック(-) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。