スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

グラーツ(2011.06.26)

本日の最高気温21℃、予報では19℃になっていたので
”おいおい・・・また20℃切るんかいな・・・夏も終わり?!”と思って
ましたが、なんとか20℃超えしたここプルゼニュです。

今日も風が強い一日でした。
ちょいとお出かけでもしようかと思ってたんですが、晴れたり曇ったりの
繰り返しで風がなかなか治まらないし、なんかわからんけどどっと疲れを
感じたので結局は(いつも通りの)引きこもりな一日とあいなりました。

CIMG7140.jpg
今朝の散歩時は13℃という気温ながらも青空で爽やかな感じ
やったんですけどねぇ・・・。
迷彩柄のズボンはいたイカツイお兄さん&シェパードくんが遠くに
行ってしまうまで待たせた後の”どや顔”。(近づいたら怖いやろ?笑)

ちと不思議に思うこと・・・・・

CIMG7135.jpg  CIMG7142.jpg
表庭にムクムクと育っているキノコ。これはフェンスの外ですが、フェンスの
内側・・・先週末に夫くんが草刈りしてくれたあとにもいっぱいキノコが生えて
きてます。うち・・・キノコだらけなんですけど・・・。うちだけですか?
(結構肉厚だし食べられるキノコならいいのに・・・・・・)

ブラックベリー・・・今日も坊っちゃんに先に数粒やられましたが、日々少し
ずつ収穫しては冷凍して取りだめしてるんですが、結構黒くなってから収穫して
るのに(画像左部分)冷凍すると赤黒く熟してない感じになるんですよね。(右部分)
なんでなんでしょね? 黒くなってからももっとほっといた方がええんですかね?


ではでは、旅の最終日オーストリアの世界遺産の町グラーツでのお話に移ります。

スプリットからの移動中、ノロノロ運転&完全ストップなど渋滞に巻き込まれ、
予定より遅くグラーツのホテルに着いたので、観光もなく、食事も土曜の夜と
いうことでホテル界隈のレストランはみな閉まっており、なんとホテルのレストラン
まですでに閉まっており、夫くんはレセプションのお姉さんに教えてもらった
唯一開店しているサンドイッチ屋さん?ででっかいバゲットサンドを買って来て
食べてました。 リカさんは胃の具合が悪く紅茶のみ。

翌朝もまだ胃の具合イマイチだったのでホテルの朝食は取らずに部屋でコーヒーと
おやつを少し、夫くんはクロワッサンとフルーツを食べまして、早々にチェックアウト。
車に荷物だけ運びこんでから観光に出掛けました。

CIMG6688.jpg CIMG6689.jpg CIMG6694.jpg
ホテルから旧市街に行く道すがら見かけたモニュメントや建物。
良い感じだったのでカメラに収めましたが、名前はわかりません。エヘヘ

グラーツ : 14世紀にハプスブルグ家の支配下になり、音楽や大学創立
など文化的な発展をした町で、中世の趣を残す町並みとその中に現代的な
個性ある建築物も点在し、中世から21世紀までの建築物を見ることができる。

もっと詳しくグラーツのことを知りたい方は コチラ(ウィキペディア)
(ドブロヴニクの姉妹都市であり、あのシュワちゃんがグラーツ近郊の出身なんですってよ~。)

ホテルのレセプションで”グラーツ観光名所”と書かれた日本語案内を
もらいまして、それを見ながら回ってきました。

CIMG6698.jpg
中央広場と市庁舎
グラーツの中心点であり、中央広場の真ん中には1878年に造られた
ヨハン大公像の噴水がある。(ヨハン大公を追悼するもの)
市庁舎は19世紀末に建てられたものである。


CIMG6697.jpg
ルエッグハウス
中央広場を取り囲むファサード(建築物の正面デザイン)の中でも一段と際立っており、
化粧漆喰を施されたファサードとアーケードの道が特徴的である。


CIMG6700.jpg
ゲマールテスハウス
ファサードに描かれた絵は1742年にバロックの巨匠ヨハン・マイヤー
によるフレスコ画でギリシャ・ローマ神話の神々を描いている。


CIMG6701.jpg
州庁舎中庭
柱廊をめぐらせた州庁舎の中庭はドメニコ・デラリオ作のイタリア
ルネッサンスの傑作である。


CIMG6710.jpg
オペラ座
1899年に建てられた。ウィーンに次ぎ、オーストリアで二番目の規模を誇る。

CIMG6707.jpg
鋼の像『光の剣』
オペラ座の前に作られたハルトムート・スケルビッシュ作の鋼の像。
他者へココロを開くことと寛容さを象徴している。


CIMG6714.jpg
ドーム(聖堂)とマウソレウム(霊廟)
ドーム: 皇帝フリードリッヒ3世により1438~62年に建てられた後期ゴシック様式の教会。
南西側の外壁には、1480年にグラーツを襲った「3大苦難」(シュタイヤマルクを襲った
ペスト、トルコ人襲来、イナゴの大群)が描かれている。

マウソレウム: 皇帝フェルディナンド2世がハプスブルグ家の霊廟のひとつとして造らせた。
設計はイタリアの宮廷御用達画家のジョパンニ・ペトロ・デ・ポミス、内部装飾はグラーツ出身の
ウィーンバロック建築の巨匠フィッシャー・フォン・エルラッハ。


CIMG6716.jpg
王宮庭園
フリードリヒ3世が建てた王宮は現在はほとんど残っておらず、
1499年に造られた石のらせん階段だけが現存する。


CIMG6718.jpg
ホーフベッケライ・エーデッガー・タックス
1569年創業の宮廷御用達のパン屋さん。
(日曜日で閉店してましたが、夫くんが「なんか有名そうな店やなぁ。」と
いうのでとりあえずカメラに収めたらほんまに老舗のすごい店でした。(笑)
お休みで買えなかったのが残念・・・・・

このお店を通り過ぎまして、石畳を下って行こうとしたら紅白のテープが張られ
お巡りさんたちがウヨウヨ。ぬ?なんか事件?事故?
しゃーないので足が痛かったけど逆向いて上がって行きましたらば・・・・・

こんな入口がありまして・・・      CIMG6721.jpg
人が出てきたんで、ようわからんままに入ってみましたらば・・・・・

中はこんな感じで続いてまして・・・  CIMG6724.jpg
そこそこな距離を下って行きましたらば・・・・・・・
(実はこの通洞は第二次大戦中に約4万人を収容できる防空壕だったらしいです。すごい!)

じゃーーーーーんっ!!! 

CIMG6695.jpg
シュロスベルク(城山)の時計塔の下に出て来ました!
町巡りをする前に最初に見かけた時計塔。
上まで上りたいけど長い階段は辛いし、夫くんもイヤがってたのであきらめて
ましたが、なんとエレベーターがあったので・・・ぬふふふ・・・上りました。

CIMG6736.jpg   時計塔へのエレベーター
ガラス張りのエレベーター「シュロスベルクリフト」

CIMG6734.jpg
1712年以来時を刻み続けている時計塔。長針が時間、短針が分を示している。

CIMG6727.jpg
シュロスベルクの時計塔そばからの眺め。

CIMG6729.jpg
クンストハウス
夜になるとコンピュータ制御のライティングに彩られさらに未来的になる
ミュージアム。2003年に建築家ピーター・クックとコリン・フルニエに
よって設計され建設された。

これは、かなり時間が押して行けそうになかったのでシュロスベルクから
見えたので超ズームで撮りました。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
なんや気色悪い建物ですね。(グラーツの人、ごめんなさい。)

時計塔そばのカフェで  休憩しまして再びエレベーターで
下りまして、ここを通ってホテルそばのまで戻りました。

CIMG6738.jpg
ムーアインゼル
2003年の欧州文化首都をきっかけに建設されたムーア川に浮かぶ島。
ニューヨークの芸術家ヴィト・アコンチの設計。
2本の桟橋により川の両岸に繋がれており、中にはカフェと半円形劇場がある。



途中お天気悪くなりかけましたが、なんとか駆け足でしたがグラーツの
町を散策することができました。
今回行くまでは世界遺産とは言え、全然名前も知らなかった町ですが、
素敵なところでした。(現代的すぎる建物はちょっと残念な気もしますが。苦笑)

グラーツを後にし、高速の途中で遅いお昼ご飯を済ませまして、ペットホテルで
頑張ってくれているバジをお迎えに向かったのでありました。

会社の夏休み中、夫くんはずっとお仕事なので前倒しで少し早目の夏休みを
頂いて行って来た 2011.06.18~06.26の旅行記、これにて『完』でございます。
(クロアチア:5ヵ所、モンテネグロ:1ヵ所、ボスニア・ヘルツェゴビナ:1ヵ所、オーストリア:1ヵ所、
  計:8カ所の世界遺産を巡る旅でした。)


 おまけ 

オーストリアのヴィグネットはこんなんです。
CIMG6032_20110716094229.jpg  CIMG6034.jpg
ヴィグネットの看板と10日間のヴィクネット(高速道路通行シール)




  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 
スポンサーサイト

2011/07/15(金) | グラーツ | トラックバック(-) | コメント(4)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。