スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クリスマスマーケット2012(ローテンブルク)

本日の最高気温0℃、昨夜から降っていた雪・・・今朝たくさん積もって
今シーズン初雪かきになると困るな~と心配してましたが、うっすらと
積もっただけで、お天気良く解けてくれてホッとしたここプルゼニュの
リカさんでございます。

CIMG1616_20121204065858.jpg
今朝のお散歩の様子。

CIMG1617_20121204065857.jpg
雨や雪の後は、クンクン度が上がります。

CIMG1618_20121204065857.jpg
夫くんが出勤した後のタイヤ痕をチェック中の坊っちゃん。
怪しいかい?(笑)


ではでは、昨日に続きましてドイツのクリスマスマーケットに行って来た
お話でございます。

CIMG1554_20121204070351.jpg
「今日はどこ行くん?ボクはもうおうちに帰ってもええねんけど・・・」
ってな感じの坊っちゃんでしたが、お付き合い願いました。

CIMG1556.jpg
シュトゥットガルトから走ること約1時間半でローテンブルクに到着~。

CIMG1559.jpg
時刻はお昼前。日曜日だし、お休み覚悟ダメ元で以前来たときに食べた
和食のお店
に行ってみましたらば・・・・・ 営業中♪ 

CIMG1560_20121204071125.jpg  CIMG1561_20121204071125.jpg
坊っちゃん、テーブルの下でかしこちゃんしててくれましたんで、
ゆっくりとおいしくお寿司をいただきました。 ごちそうさま♪
(以前来たときに食べた麺類はやめまして・・・。笑)

和食のお店からメインの通りに行く途中、 CIMG1562_20121204071124.jpg
首つり男発見。 おじさんも写真撮ってはったんで、ふたりで顔見合わせて
くすくすと笑ってしまいました。

CIMG1564_20121204071922.jpg
メインストリートにやってきました。(これは市庁舎&マルクト広場と逆方向)

CIMG1566_20121204071921.jpg
撮影しているリカさんを放置してどんどんマルクト広場の方に
歩いて行く野郎たち。  待ってぇ~~~。

CIMG1567_20121204072646.jpg  CIMG1568_20121204072646.jpg
ショップやホテルの前に飾られたツリー。

CIMG1569_20121204072850.jpg  CIMG1572.jpg
おなじみの人気の年中クリスマスショップ・・・ 本領発揮!?

CIMG1571_20121204073720.jpg
こちらも負けじと素敵なデコレーションです♪

CIMG1574_20121204073933.jpg  CIMG1581.jpg
クリスマスピラミッドやオーナメントなど。

CIMG1576_20121204074153.jpg
マルクト広場での坊っちゃん。
坊っちゃんの後ろの巨大ツリー・・・・・かなり地味控えめな飾りつけです。

CIMG1577_20121204074035.jpg  CIMG1578_20121204074035.jpg
いいショットを撮ろうにも・・・拾い食いに命をかける坊っちゃん。

CIMG1583.jpg  CIMG1584_20121204074353.jpg
こちらは、市庁舎前のツリー、そして、近くのお店のトナカイ男。ぷっ。
トナカイ男の横の看板には 「カップの返却」と書いてあります。
ローテンブルクはロマンチック街道終点(始点)の町で日本でも人気が
あるので、日本語表示もあるんでしょうね。
日本からツアーで来られてる方々がたくさんいらっしゃいました。

CIMG1587_20121204074924.jpg  CIMG1597_20121204074924.jpg
ポーリッシュポタリーを売るお店もありました。
ここでも記念のカップがほしくてカプチーノ飲みました。
ヌテラ&ホワイトチョコのクレープ・・・めちゃウマでした。食感もグ~♪
今まで食べたマーケットや街角のクレープで一番おいしかったです。

CIMG1598_20121204074923.jpg  CIMG1599_20121204074923.jpg
時折激しく吹雪いたり、やんだり・・・・・忙しいお天気でした。(苦笑)

CIMG1594_20121204075351.jpg
お馬さんに乗って喜ぶお子と坊っちゃん。

CIMG1600_20121204075351.jpg
マーケットを後にしまして、前回工事中で入れなかった聖ヤコブ教会へ。

CIMG1604_20121204075350.jpg
有料で内部見学できましたが、雪降る中、夫くん&坊っちゃんが待って
くれてたので、サクッと遠目から写真だけ撮っておきました。

CIMG1602_20121204075918.jpg 灯されたたくさんの蝋燭。
みなの祈りが届きますように・・・・・

CIMG1611_20121204075350.jpg
まあこんな感じで、ローテンブルクのクリスマスマーケット観光終わりました。

小さな町で、マーケットのお店の飾りも葉っぱ付の枝のみで派手さは
ありませんでしたが、普段から町自体がかわいいので、ここはここで
それなりによかったです。
ただ・・・雪が降ったのと、拾い食い大魔王のおかげで、お店を1軒1軒
ゆっくりと見られなかったのがちょっと残念でした。

今シーズン、しょっぱなから2ヵ所行って来ましたが、今後はもう遠出
できそうにないので、ドイツのマーケットはこれにて打ち止めです。シュン。
せめて、プラハのマーケットに行けるといいですけど・・・・・。
もう見納めになるかもしれませんのでね・・・・・・。 アハハハハハ。

というわけで、またひとつ(ふたつ?)思い出が増えました。
ごっつう久しぶりに食べたおいなりさん・・・おいしかったなぁ♪
(って・・・・・・そこかいっ!!)



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 

こちらも クリック2 プリ~ズ♪
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村 ちょいデカいバナーです・・・。えへへ。
スポンサーサイト

2012/12/03(月) | ヴュルツブルグ&ローテンブルグ | トラックバック(-) | コメント(0)

ローテンブルグ(2009.09.28)

ローテンブルグ2日目です。
朝食を食べに行くと・・・ホテルのレストラン ラブリー

CIMG0664.jpg CIMG0665.jpg

リカさん、基本ラブリー好みじゃないんですけど、リカさんの中では
ラブリーにも「ハオ、プーハオ(なぜか気分はチャイニーズ。笑)」が
ありまして・・・・・ あまりに甘かったり、まとまりなかったりするのは
プーハオですが、小ざっぱりプリチーにまとめてあるのは結構ハオ
なんですよね~。(お部屋もブルーが基調で素朴ないい感じでした。)

さて、バジには申し訳ないけど、お留守番してもらってですね・・・
CIMG0667.jpg

前日に見ることができなかった場所へGO。

CIMG0668.jpg CIMG0669.jpg
途中、お家の壁に普通に葡萄がなっててビックリ。(笑)

CIMG0671.jpg CIMG0670.jpg 聖ヤコブ教会
2011年まで改装中なので中には入りませんでした。
(内部にはリーメン・シュナイダーの傑作と言われる「聖血の祭壇」がある)

CIMG0674.jpg
マルクト広場に続く、かわいい通り。

CIMG0683_20091126220118.jpg
コボルツェラー門

CIMG0690.jpg
ジュピタール門

ブラブラと歩きまわっているうちに・・・・・
やっとお目当ての『中世犯罪博物館』開館の時間になりました。

CIMG0697.jpg CIMG0698.jpg

中世犯罪博物館について
中世以来1000年の法と刑罰の歴史をわかりやすく展示。
(法律制度、警察制度の資料、多数の珍しくおそろしい拷問道具等)
4階建の2000㎡に、昔の人々がどのような法律でどのような刑罰
を受けていたか、生々しい生活の一端をかいま見ることが出来る。


受付でチケットを買って入っていくと、裁判の流れの説明があるんですが
ドイツ語の次に英語ではなく日本語なのに驚きました。
ヴュルツブルグに続き、ここローテンブルグでも日本語が溢れてました。

1階から順に見ていくと、ヨーロッパの国々で使われていた沢山の
拷問器具が展示されてます。
カゴに入れて川に浸けるとか、指や手足を挟んで締上げるとか、
ケンザンみたいな椅子に座らせるとか、思いっきり口を開けさせるとか、
カゴに入れて思いっきり回すとか・・・ こんなアンビリーバボーなこと
が法律でまかり通ってたんですねぇ・・・ jumee☆ohwell4R

他には、ヘンなお面をかぶらされ街角で笑い者にされる罰とか、
身持ちの悪い女性を閉じ込める木型とか・・・ 
死刑囚が執行場所まで付けて歩いて行くお面とか・・・・・

なんとだったんで、あれこれと撮りまくったんですけどね、
もちろんブログにアップするために・・・・・ でも、夫くんが・・・・・
受付で「写真撮ってもいいんですか?」と自ら聞いてくれたくせに
いざとなったら こんなこと言いだしまして・・・・・
「昔実際に使われてた道具やで。 そんな写真いっぱい撮って
ブログに載せたら、呪われるんちゃうの~?」


(/||| ̄▽)/ゲッ!!!  そんなん困りますがな。
というワケで・・・・・いろいろ撮りまくりましたが呪われると困るので
(以前もちょいとPCで怖いというか気持ち悪い目に遭ったので・・・)
今回はピンボケしまくりのポスターだけにしときます。苦笑い

CIMG0708.jpg CIMG0709.jpg CIMG0710.jpg


この日見たかわいい看板たち。
CIMG0675.jpg CIMG0676.jpg CIMG0685.jpg CIMG0686.jpg


町の中心地に戻り、市庁舎の塔へ上ることに。牢屋!?階段!?
二人とも高所恐怖症のくせにねぇ・・・・・〇〇と煙は高いとこ上るってね。(笑)

CIMG0711.jpg

そして、市庁舎の塔からの眺め♪(ちょっとズーム使ってますが)
CIMG0712.jpg CIMG0713.jpg CIMG0714.jpg


この後、前夜と同じ和食屋さんでお寿司鉄火巻きを食べて、ちょろちょろ~
っと買い物をして、バジの待つホテルのに戻り、プルゼニュの我が家へと
向かったのでありました。
(ホテルがチェックアウト後もパーキングを使わせてくれたので助かりました)

ヴュルツブルグ&ローテンブルグ2泊3日の旅中、ずっとお天気が
良くてバジと一緒に楽しむことができました。 絵文字名を入力してください
バジが晴れ男なのかな?(笑)  




  ↑↓ いつも応援ありがとうございます!!  感謝、感謝!

2009/11/26(木) | ヴュルツブルグ&ローテンブルグ | トラックバック(-) | コメント(4)

ローテンブルグ(2009.09.27)

旅の2日目、ヴュルツブルグからローテンブルグへ。

ここローテンブルグもロマンチック街道のハイライトとして有名
なんだそうですね。(リカさん、知りませんでした。苦笑い
町の起源は9世紀らしく、町を囲む最初の城壁は12世紀に
できたものらしいです。
地震や戦争によって何度も破壊されながらも、再建復興し、
中世の面影をほぼ完璧に残す町として有名なのだそうです。

とりあえずチェックインして、町の城壁に沿って歩いてみました。
城壁の上に上がって歩けるみたいですが、上がる階段がわからず
断念。(って、バジが一緒だったんで元々ムリなんですけどね。)

CIMG0616.jpg

5つある城壁の門のうちの1つ 『クリンゲン門』
CIMG0615.jpg

そして、町の中心地マルクト広場へ向かってブラブラと散歩。

CIMG0620.jpg  CIMG0619.jpg
街並みをバックに撮ろうとしたのにテンション上がってどうにもならんバジ。

 こんな風に、町中にはたくさんの木組みの家が残されています。

CIMG0621.jpg CIMG0646.jpg

CIMG0628.jpg  CIMG0629.jpg  CIMG0632.jpg

CIMG0638.jpg  CIMG0655.jpg  CIMG0656.jpg

市庁舎、マルクト広場の斜め向かいにある年中クリスマスのお店
『ケーテ・ウォルファルト』(ドイツ内に数店舗あります)
2階にはクリスマスミュージアムが併設されてます。
CIMG0633.jpg CIMG0634.jpg
(残念ながら店内(クリスマスヴィレッジ&クリスマスマーケット)は撮影禁止です。)


町で見かけたおもしろい噴水、鳩が直接水を飲む噴水。(笑)
CIMG0626.jpg CIMG0635.jpg

フュッセンでもたくさん見かけたけど、かわいい看板たち。
CIMG0642.jpg CIMG0643.jpg CIMG0645.jpg CIMG0654.jpg


この日は、バジと町をウロウロし、ちょろっとお店を覗き、
バジにはホテルで先に食事を済ませてもらって・・・

CIMG0658a.jpg

またまた、でお留守番をお願いして、町で唯一の和食屋さんに
行きました。(あまりに吠えまくるのでお部屋で留守番できへんのです

こちらでは意外にも日本人のお客が全然おらず・・・・・
あちこちで年配の団体観光客を見かけたけど、確かに日本から
来た方たちは和食のお店に入ったりしないですもんね。あはは。

CIMG0659.jpg CIMG0660.jpg CIMG0661.jpg CIMG0662.jpg
お通しはポテトサラダ(なぜか豚カツソースがかかってる)、
夫くんは、天ぷらそばとお寿司、リカさんは、醤油ラーメン
お値段リーズナブルでしたが、麺類の味は・・・( ̄-  ̄ ) ンー
が、夫くんはお寿司が気に入ったようで・・・翌日のお昼もこちらの
お店で食べることに・・・・・。 (那古屋と比べてはいけません。笑)

こうして、ローテンブルグでの1日目を終えたのでありました。
2日目に続く・・・・・・





  ↑↓ いつも応援ありがとうございます!!  感謝、感謝!

2009/11/26(木) | ヴュルツブルグ&ローテンブルグ | トラックバック(-) | コメント(0)

ヴュルツブルグ(2009.09.27)

昨日に続く2日目のお話です。
ホテルのレストランはワンコだったので、夫くんとリカさんは
バジのお守をしながら替わりばんこに朝食バイキング
その後、チェックアウトの準備をしていると・・・またまた高い所から
まわりを調査中のバジ

CIMG0556.jpg CIMG0557.jpg CIMG0558.jpg
日曜の朝は、人も車も少なくて静かでしょ?(笑)

ホテルの廊下には、たくさんの切り絵が飾られてました。
CIMG0562.jpg CIMG0563.jpg 可愛かったので少しパチリ♪


さて、チェックアウトを終えたら、またまた見学場所がワンコなので、
バジは荷物と一緒にでお留守番してもらうことに・・・ごめんね~

と・・・ 後ろ髪引かれながら、マリエンカペレを横目にアルテ・マイン橋
を目指します。 途中、前日夜に寒い中散々待たされ、注文と微妙に違う
料理を出されたお店を前を通ったので、一応記念に 
市庁舎の建物にあったんですね。(地球の歩〇方にも載ってました)

CIMG0565.jpg CIMG0606.jpg
 マリエンカペレ(手前はインフォメーション)   前夜のお店「ラーツケラー」

CIMG0570.jpg CIMG0572.jpg
前夜諦め、あとでランチを食べるお店。「アルテ・マインミューレ」
アルテ・マイン橋のたもとの1600年代の水車小屋を改造して
オープンしたお店。入口は、屋根裏風になっている。


こうしたお店を通り過ぎ、アルテ・マイン橋を渡っていくと、この日の
第一の目的地マリエンベルク要塞が見えました。

CIMG0573.jpg

マリエンベルク要塞について
もともとはケルト人の避難所で、1253~1719年まで歴代の
大司教の居城兼要塞となっていた。
要塞内部はガイドツアーで見学できる。
建物の一部は博物館になっており、中世彫刻家ティルマン・
リーメンシュナイダーの作品が見られるマインフランケン博物館
と歴史展示がメインの領主館博物館がある。

両博物館を含む見学料金 1人5€。

CIMG0576.jpg  CIMG0578.jpg  CIMG0579.jpg  CIMG0580.jpg

CIMG0581.jpg CIMG0582.jpg CIMG0589.jpg

そして、高台にある要塞の中庭からの眺めは・・・・・・

CIMG0583.jpg CIMG0585.jpg CIMG0590.jpg
絶景で~す♪ 


さて、行きはゼェゼェ言いながら・・・おじいちゃんに抜かれながら・・・
夫くんにブチブチ言いながら・・・上った要塞へのなが~い階段を
とっとこと~と降りて(途中、おやつがわり?にキュウリをかじりながら
上がって来るアジア人家族にちょいとビックリ)、少し予約の時間
には早いけど、ランチを食べに「アルテ・マインミューレ」へ♪ 

CIMG0597.jpg CIMG0599.jpg CIMG0600.jpg
グリルエビのサラダ(エビが絶品!お値段もなかなか。笑)
マスのムニエル(リカさん)、ビーフステーキ(夫くん)
どれも、お友達のおススメのお店だけあっておいしかったです~。

最初、お店に入った時は、お昼過ぎなのにお客さんが少なくて
予約なしでも来れたね~なんて言うてたんですが、その後どんどん
どんどんお客さんがやってきてほぼ満席に。人気のお店なんですね♪

お腹が満たされたあとは、ヴュルツブルグではフランケンワイン
有名と聞いていたので、下戸夫婦だけど記念に近くのワインの
お店で一番小さなボトルを買いました。 ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
(今はリビングの飾り棚に鎮座しております。あくまで飾り・・・笑)

CIMG0603.jpg CIMG0602.jpg
このボトルのカタチが個性あるんです。
ハクション大魔王の壺を平たくしたみたなね・・・。え?ちと違う?(笑)


この後、バジを迎えに行って少しお散歩してから、ローテンブルグ
へと向かいました。

長くなっちゃったので、ローテンブルグへ移動してからは、続きで。




11月25日 お誕生日おめでとう 
これからも元気で歳を重ねていってください。
もうしばらくしたら久しぶりに会えるね! 娘より。



 ↓ リカ母、お誕生日おめでとうポチ お願いします♪

  ↑↓ いつも応援ありがとうございます!!  感謝、感謝!



2009/11/25(水) | ヴュルツブルグ&ローテンブルグ | トラックバック(-) | コメント(6)

ヴュルツブルグ(2009.09.26)

え~、今頃・・・ えへへへ・・・ なんですけどね。苦笑い
もう2ヵ月も前のことなんで随分忘れてるし、流しちゃってもいいと
言えばいいんですが、やっぱり自分の思い出として、そして、
ちょっぴり情報源にもなれば・・・と、9月の3連休を利用して
行ったヴュルツブルグ&ローテンブルグ のお話など・・・
ボケつつある脳に喝を入れて回想して記しておきたいと思います。 
この旅は、バジも一緒に行きました♪

では、まずは1日目のヴュルツブルグから・・・・・・
プルゼニュから車 で走ること約3時間、高速の途中でこんな

CIMG0479.jpg CIMG0481.jpg
  夫くんチョイスのドイツっぽい?ランチ    リカさんはバーガーキング♪

不健康そうなランチを食べて、ロマンチック街道の北の起点である
ヴュルツブルグに到着です。
(長崎の出島で活躍したシーボルトが生まれた町だそうです。
そして、滋賀県大津市と姉妹都市関係にあります。)

すでにチェックインOKの時間になっていたので、ホテルへGO。
ネットで予約したのが遅かったのでちょいとお高い部屋しか空いて
おらず・・・尚且つ、バジが一緒ということで最上階のお部屋をあて
がわれ・・・ ドアを開けるとバジのベッド&水入れが置いてありました♪
(水入れには、おやつが入っていたけど、マッハの速さでバジ完食。笑)

CIMG0482.jpg
(せっかくのベッドなのに、バジは気に入らんかったらしく、ずっと
絨毯の上で寝ておりました。こういう待遇には慣れていない庶民派
の我が家の坊っちゃんです。ぷっ!)

CIMG0484.jpg CIMG0486.jpg CIMG0487.jpg
部屋から広すぎるベランダ?に出て、まわりを調査中のバジ。


さて、少し休憩したら、第一目的地の世界遺産レジデンツへGO!
(バジは入れないので、申し訳ないけどの中でお留守番。)

CIMG0494.jpg
ホテルから600mほど歩いてレジデンツに到着。

CIMG0498.jpg

入口に行くと、どえらい行列が出来ており、なんと!ドアが閉まってる!
夫くんが入口の様子を見に行き・・・「人数多くて入場制限してるみたい」と。
リカさん 「え?なんでそんなことわかるん???」
夫くん 「だって、書いてるもん。」

CIMG0495.jpg
はい!しっかりと日本語で書かれておりました。ぎゃはは~。

大抵こういう看板は最後は中国語で書かれてたりするけど、こちらは
日本語でした。それだけ日本人観光客の方が多いんでしょうねー。
入ってからのチケット売り場も日本語表記♪ ちなみに入場料1人7€です。

さすが世界遺産だけあって、レジデンツの中はそれはそれは
すばらしかったんですが、残念ながら だったので画像はありません。

ユネスコ世界遺産 レジデンツ Residenz について
1720~44年にかけて当時バロックの天才建築家といわれた
バルタザール・ノイマンによって設計され建てられた大司教の宮殿。
建築内部の見どころは2階に続く階段の間。 
天井のフレスコ画は世界最大級でベネツィアのフレスコ画家ティエポロ作。
続く白の間の彫刻家ポッスィによる繊細な漆喰も見事。
続く皇帝の間の金装飾、大理石の柱、優雅な天井画が豊かな空間を作り
出している。



レジデンツお隣のホーフ教会
CIMG0503.jpg CIMG0501.jpg CIMG0499.jpg CIMG0500.jpg 

そして、ホーフ庭園 

CIMG0504.jpg CIMG0505.jpg CIMG0507.jpg
  真ん中の画像は、お隣の庭園側から見たレジデンツ。

CIMG0508.jpg CIMG0512.jpg CIMG0513.jpg
  笑うライオン ぷっ!  しかめっ面のオヤジ ぷっ!  びっくらこいた犬? ぷっ!

結構楽しい石造盛りだくさんのホープ庭園を後にし、大聖堂Dom そして、
ノイミュンスター教会へ・・・

CIMG0522.jpg CIMG0524.jpg CIMG0525.jpg

ザンクト・キリアン大聖堂 Dom について
11~12世紀に建てられたドイツで4番目に大きなロマネスク様式の教会。
第二次世界大戦で破壊されたため、戦後に再建された。
長堂の柱沿いには歴代大司教の墓碑がある。


CIMG0529.jpg CIMG0531.jpg CIMG0533.jpg CIMG0535.jpg

ノイミュンスター教会について
11世紀、ヴュルツブルグの守護聖人聖キリアンの墓の上に建てられた
ロマネスク様式の建物で、赤い砂岩の正面と丸屋根は18世紀に改築。
内部装飾は、ヴィース教会も手掛けたツィンマーマン兄弟によるもの。



さて・・・バジが入れない宮殿や教会の見学を終えた
ので、でお留守番のバジをお迎えに。
そして、ちょろちょろ~っと街中を散策して・・・・・

CIMG0538.jpg CIMG0540.jpg
左: 魚のドアノブが面白かったのでを向けていたら、ドイツ人?の
オバさん二人組に笑われました。こんなん撮ってるのヘンですか?
右: 2ヵ月前はまだ午後7時前でもこんなに明るかったんですねぇ・・・。
今じゃもう午後4時には部屋の明かりをつけないと・・・ε-(ーдー)ハァ

夕飯はお友達お勧めのアルテ・マイン橋入口のお店で♪と決めてた
ので忙しそうなウエイターさんにワンコOKか聞いてみました。
ワンコはOKだったけど、生憎満席でムリとのこと・・・。
ってなワケで週末は予約が必要なくらい人気のお店なので翌日の
お昼に予約を入れてお店をあとにしました。

その直後、ドイツ人のおじちゃんがわかりにくい英語で話しかけてきて・・・
「ここシーボルトの町、知ってる?」(知ってるよ、ガイドブックに書いてるもん)
「ボクね~、中国とか日本に行ったことあるよ~。日本の(おつ)、知ってる?」
(おつ??そんなもん知らんよ。バジが暴れ始めてるし、早く解放してくれ!)
「乙だよ!!(おつ!)」(ココで夫くんが気付いた!大津のことだと。)

「大津ね!」と言うとおじちゃん満足そうにうなづいた。
その他にもなんやかんやと話していたおじちゃん・・・・・・・
英語苦手な2人&1匹にドイツ語訛りの英語で話されてもわからんよ。
日本びいきなのは嬉しいけど・・・(苦笑)

そんなこんなで疲れちゃってすぐ近くのお店で夕飯食べることに。
まだ外は明るく寒くもなかったし、バジもいたので店内ではなくテラス
に座ったものの・・・オーダーなかなか取りに来ないし、オーダーしてから
がまた長かった・・・・・・・ そのうち外は真っ暗になり、さっぶ!

やっとのことで出てきたお料理・・・ 
CIMG0549_20091124222836.jpg CIMG0550_20091124222835.jpg

このお店・・・日本人が多いのかメニューには日本語も書かれて
おり・・・オーダーミスはないはずなんだけど、頼んだものと微妙に
違う料理が・・・・・ でも、もう寒くってこれ以上待てませ~ん!
ってことで、大急ぎで食べてホテルに戻りました~。あ~、寒かった。


CIMG0553.jpg
この方も寒い中、散々待たされてお疲れになったようでして、
準備してもらったベッドではなく、椅子の下で爆睡されておりました。(笑)


ヴュルツブルグ&ローテンブルグの旅2日目に続きます・・・・・・
(毎度、長い旅日記であいすいません。ぺこ <(_ _)>)





  ↑↓ いつも応援ありがとうございます!!  感謝、感謝!

2009/11/24(火) | ヴュルツブルグ&ローテンブルグ | トラックバック(-) | コメント(8)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。