スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゲント(2012.07.16)

本日の最高気温3℃、朝からしとしと雨降りの一日だったここプルゼニュです。

CIMG1829_20121218012044.jpg
今朝、雪はここまで解けていました。滑らないようにドキドキしながら
歩かずに済むのはありがたいことです。こんなことで有難く感じる・・・。

CIMG1831_20121218012049.jpg
 「クンクンクン・・・この足跡はアヤシイカオリがする・・・。」
(さ、探偵ごっこはもうええから、行くよ~。)

CIMG1832_20121218012055.jpg
 「あのねぇ、そんなにサクサク行かんともうちょっとお散歩をじっくり
楽しませてくれませんかねぇ?」
(あはは、そりゃごめんね~。だって、雨降ってるのにアンタにカッパ
着せるの忘れてしもたから、あんまり濡れたらアカンと思って・・・。)
 「それはリカの失敗やんか。ボクには関係ない!」 (ごめん・・・)


まだ完全に病み上がってないので、お散歩以外は引きこもってるリカさん、
昨日&今日で長らく放置していたパリチコバーニー仕上げました!
ガンバリマシタ!(←この時期、がんばりどころを間違えてる・・・。)
が、明後日の今年最後のレッスン(というなのオシャベリ会)と一緒にアップ
したいと思います。(カテゴリを同じにするために・・・)

というわけで、今日はしつこく引き続き旅行記です。
ブリュッセルからゲントに移動しまして、まずはお宿にチェックイン♪
しかし!ここでプチアクシデント発生!
パーキングのことを聞くために夫くんを車内に残しレセプションへ。
この日予約してる旨を伝えて毎度毎度のbooking.comのプリントを見せまし
たらば・・・・・レセプションのお兄さんが申し訳なさそうに言いました。

「マダム、申し訳ないですが・・・日付が昨日になっております。」

え??え???えええ~~~!!! ほんとだ

いつもあんなに何度も確認してポチッとするのに、プリントしてからも何度も
確認するのに・・・・体調悪すぎるときのPCいじりはロクなことありませんね。
しゃーないです、夫くん外で待ってますしね、同じタイプの空室があったので
割高になりますがお部屋を用意してもらいました。
(夫くん、1日分ムダに支払うことになってしまってもーしわけございません!)

リカさん・・・・・自分の失敗にごっつい凹みました。
こういうとき、立場逆だとリカさんは夫くんを責めまくりますが、夫くんは
責めず怒らず(慰めてもくれませんが。)ですごいなと思います。

お部屋を確保したら、ちょいと遅めのランチタイムです。

CIMG6569_20121218014625.jpg  CIMG6567_20121218014621.jpg
お宿は観光に便利なところでしたが、これというて入りたいレストランが
なく・・・けど、とりあえず時間もないのでテキトーに食べました。
夫くんは困ったときのボロネーゼ、リカさんはクロックムッシュ。

お宿の失敗で凹み、おいしいランチにもありつけず、そして・・・外は雨。
けど、せっかく来たんだから気を取り直して観光開始! 

CIMG6589.jpg
まずは、世界遺産に登録されてる鐘楼と繊維ホールへ。(雨で一層画像悪し)
1300年頃に建てられた鐘楼は当初非常時い軍隊を召集するためのものであった。
16世紀にカリヨンが備えられ、現在に至る。


CIMG6571_20121218015518.jpg 天井から剣!うへっ。

CIMG6573.jpg  CIMG6581_20121218014634.jpg
カリヨンなどを見つつ、鐘楼に上がりました。
(ガイドブックにはカリヨンが鳴る時刻に合わせて見学ツアーがあると書いてますが、
チケットカウンターには特に記載もなく、一応カリヨンが鳴るであろうジャストの時刻を
目指いしていきましたが何もありませんでした。)


CIMG6574_20121218015142.jpg
右に見えるのは、聖ニコラス教会
お天気いいともっとすばらしい眺めなんでしょうね・・・。クスン。

CIMG6575_20121218015146.jpg
聖ニコラス教会の眺めの反対側には、聖バーフ大聖堂

CIMG6578.jpg
プラハの赤い屋根のとまた違った街並み。

CIMG6592.jpg
鐘楼のお次は、市庁舎のそばを通りまして・・・・・

CIMG6596_20121218031158.jpg
甘いものが食べたくなったので、ブリュッセルワッフル発祥のお店と
いうMAXへ。

CIMG6597_20121218031822.jpg  CIMG6602_20121218031832.jpg
お店のある建物入口のドアの取っ手、まんま手です。何を握ってるんでしょね?
MAXの店内の様子。

CIMG6601.jpg ミントティーがメインで写っちゃって
ますが・・・ 甘いものが食べたいけどお腹があまり減ってなかったので
夫くんと半分こ。軽い食感なので、小さなお子もひとりでひとつ食べてました。

相変わらず雨は降り続いていましたが、観光再開です!

CIMG6606_20121218031202.jpg
雨で暗いですが、聖ニコラス教会、鐘楼、聖バーフ大聖堂、の3つを捉えた
夫くん自慢のアングルの一枚。(笑)

CIMG6612.jpg
聖ミヒエル橋からの一枚。右にちょこっと写ってるのは聖ミヒエル教会。

CIMG6607_20121218032702.jpg 聖ミヒエル橋の街灯。
(ガイドブックと同じアングルで・・・・・エヘヘヘ)

CIMG6610_20121218032948.jpg
聖ミヒエル教会

聖ミヒエル橋からグラスレイ(レイエ川沿い)を歩きまして・・・・・

CIMG6617.jpg
大肉市場へ。 1406~1410年にかけて建てられた中世の屋内肉市場。
中に入りますと・・・・・・ちょいびっくり♪

CIMG6622_20121218032953.jpg
しゃ~ん!天井の梁からお肉ぶらさってま~す。ぷっ。

CIMG6631_20121218032958.jpg
お次は、旧魚市場へ。(これは側面から撮影)

CIMG6647.jpg
正面こちら~。全部入りきってませ~ん。 17世紀に建てられたバロック形式の建物。

CIMG6648.jpg  CIMG6649.jpg


CIMG6634.jpg
こちらは旧魚市場のお向かいにある フランドル伯居城
1180年フランドル伯のフィリップ・ダルダスによって築城され、14世紀には
軍機能を失い、公的機関として使用された。
16世紀には綿製糸工場と工員宿舎としても使われたが現在は一般公開されている。

 
CIMG6636.jpg CIMG6640_20121218034713.jpg CIMG6642.jpg

CIMG6657.jpg
お堀(レイエ川の続きなのでクルーズ船が・・・)越しに見るフランドル伯居城。

CIMG6653_20121218034838.jpg
これはリカさんお気に入りの一枚。

CIMG6664_20121218034852.jpg
来たときと逆のコーンレを歩きながらグラスレイをパチリ。
本当なら一番見どころの風景なのに、この日は残念ながら(ほんとは
ラッキーなの???)”ゲントフェスティバル”なる祭りの真っ最中で
若者が好みそうなうるさい音楽が流れており、あちこちにビニルテントの
カフェや特設会場などが出来てたりして景観を損ねておりました。ぬぅ~。

CIMG6670_20121218035812.jpg  CIMG6671.jpg


CIMG6685.jpg
最後にお宿がそばだった 聖バーフ大聖堂
12世紀から16世紀にかけて建てられた大聖堂には、15世紀の傑作が収蔵されている。
ヤン・ファン・アイク作 『神秘の仔羊』(1432年)
ヨース・ヴァン・ワッセンボブ作 『キリスト磔刑』(1464年)
ルーベンス作 『聖バーフの修道院入門』
デルボー作 『心理の説教壇』(1741年) など。


そう・・・『神秘の仔羊』を見たいがために、MAXでワッフル食べる前に
内部見学したんでした・・・・・あははは。
内部撮影禁止だったので、画像がまったくなく忘れておりました。オホホホ。

神秘の仔羊1 全体の図。

神秘の仔羊2
神秘の仔羊。 (この2枚はよそのサイトから拝借しました。)

CIMG6684_20121218040028.jpg
聖バーフ大聖堂前のファン・アイク兄弟の銅像。(中央ふたり)


ってな感じで、ずーっと雨の中、靴の中グジュグジュになりつつ、
がんばって観光して回りました。
(が、濡れて寒かったせいか、クロックムッシュが油っこかったせいか、夜になって
リカさん具合よろしくなくなりまして、夕飯食べられず・・・夫くんには自分の分だけ
サンドイッチなど買ってきて食べてもらいました。やっぱりゲントはリカさんと相性が
よろしくないようで~~~。おあとがよろしくないようで~~~。)


期待していたゲント・・・・・ちょっとお天気やら何やらいろいろで十分に
楽しめませんでしたが、この次のブルージュにてウッハウハ~♪

というわけで、ブルージュに続きます・・・・・・・・。



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 

こちらも クリック2 プリ~ズ♪
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村 ちょいデカいバナーです・・・。えへへ。
スポンサーサイト

2012/12/17(月) | ブリュッセル&ゲント | トラックバック(-) | コメント(0)

ブリュッセル(2012.07.16)

本日の最高気温4℃、昨日から真央ちゃんにクルクル回転して欲しいくらい
にスケートリンク化してツルッツルだった道路や歩道が、本来の用途として
使える様になってホッと一安心・・・・・のリカバジ生息エリアです。

昨夕のお散歩は、暗がりのスケートリンクは危険なので、坊っちゃんには
お庭でシーで我慢してもらいまして、今朝は行くつもりでした。
が・・・二階の窓から見てみると、雨が降り、いっそうツルッツル化した道は
暗い中、街灯できれいに光っており・・・・・ぞっとしました。
かわいそうだけど、今滑ってケガするわけにはいかんので、今朝もお庭で
・・・・・と思ってましたらば、なんと!夫くん早めに起きてきまして、リカさんが
危ないからと止めるのも聞かずにお散歩に行ってくれました。
夫くんが無事にバジを連れて戻ってくるまで心配しましたよ~。
夫くんだって、今ケガをするわけにはいきませんからねぇ。無事でホッ♪

CIMG1820_20121216234027.jpg
(今朝は夫くんにお散歩行ってもらえて良かったねぇ。なんか”食べる?”)
寝ていたバジにちょっかいかけに・・・・・”食べる?”に即反応。
(な~んてね。ふっふっふ。)

CIMG1823_20121216234031.jpg
 「ちっ!せやから、ボクはリカ夫の方が好きやねん。」
(おっとっと・・・なんてこと言うの。たまの夫くんより、いつものリカさんやろが~)
まあね、食べもんの恨みは恐ろしいので、このあとパプリカ一口あげました。


さて・・・・・本日も旅行記の続きでございます。
ブリュッセル二日目、朝食はホテルから徒歩数分のところにあるワッフルの
お店にて。ガイドブックに載ってましたんでね、朝はココでと決めてました。

CIMG6491.jpg
ゴーフル・ド・ブリュッセル(ちなみにワッフル=英語、ゴーフル=仏語です)

CIMG6493_20121216235322.jpg  CIMG6494_20121216235326.jpg
店内はポットがいっぱい。なんやかわいいです♪

CIMG6499_20121216235518.jpg
朝からたんまりと・・・こんなのを。ぷっ。
夫くんはサクッとタイプのブリュッセルワッフル&バナナ&ホイップ&チョコ、
リカさんはがっしりタイプのリエージュワッフル&いちご&ホイップ&チョコ、
をチョイス。 もう、ベルギー入りしてから、何個目のワッフルですかね。ぷっ。

リカさんにはちょいホイップ多すぎましたが、ホイップ好きの夫くんに
ベチョっとあげたので(笑)、おいしくいただきました♪

CIMG6502.jpg
朝ごはんを平らげたら、前日に続き、この日もセルクラースさんにタッチ
いいことありますように・・・・・(欲張り過ぎはダメですかね?笑)

CIMG6505.jpg
その後、時刻はまだ少し早かったので開いてないお店も多かったんですが、
雰囲気やディスプレイは見れるので、ギャルリー・サン・チュベールを
覗いてみることにしました。
ギャルリーとは、ショッピングアーケードのことで、こちらは1847年に完成
したヨーロッパでもっとも古いギャルリーです。

CIMG6508.jpg  CIMG6511_20121216235340.jpg
ベルギーらしくチョコやレースのお店がたくさん♪

CIMG6510.jpg
ごっつう長くって、女王、王、王子という3つのギャルリーに分かれています。

CIMG6512_20121217001408.jpg  CIMG6513.jpg
ボビンレースや道具なども・・・。道具はチェコのとはちと違いますけどね。
糸もかなり細いです。

CIMG6515_20121217001419.jpg  CIMG6517_20121217001424.jpg
ノイハウスの美しいようなキモイようなディスプレイ。マーガレットのハンドバッグ♪

CIMG6521_20121217001429.jpg  CIMG6522.jpg
鉄瓶28号。(ザ・オヤジギャク。古っ) にゃんこ先生・・・あ、売り物では・・・。

CIMG6526.jpg
途中ギャルリーからそれまして向かいましたのは・・・・・こんな狭い通りの
突き当り右側にしゃがんでらっしゃる方がいるところ。

CIMG6524.jpg
残念ながらこの日は鉄格子の向こう・・・でしたが、そう!小便少女!
ジャンネケ・ピス! 1987年に登場した小便小僧の妹バージョンです。
これじゃ~なんなんで・・・・・

CIMG6525.jpg
鉄格子の隙間から・・・・・おっと、意外にリアルですね。
シッコよりウンしそうな座り具合ですが・・・(お食事中の方あいすいませんです)

この子がいる路地は、うっかり見過ごしてしまうくらい地味で細いんですが、
観光客がよく来るのか、近くのお店のおじさんがココだよ・・・と教えてくれました。
おじさん、ありがとう♪

CIMG6528.jpg  CIMG6529.jpg
ジャンネケ・ピスの近くは小汚いリーズナブルそうなお店がたくさん
ありまして、怪しげな日本語が・・・きっとメニューも怪しいんでしょね。ぷっ。
この小便少女は小便小僧ほど商売には利用されてないようです。(笑)

CIMG6551.jpg
と言うてましたら・・・・・大量の小便小僧。いったい何体あるんでしょ?
頭に栓抜き乗っけてる子もいますね~。

CIMG6553.jpg
ん?こちらは、”絶対笑ってはいけないベルギー警察24時”ですか?

CIMG6559_20121217002223.jpg
さて、やっとお買い物です。 ラ・ブティック・タンタン♪
(お店を撮影したのが買い物の後だったんで、袋も一緒にパチリ)

CIMG6536.jpg  CIMG6535.jpg
たくさんのお客さんで賑わってました。

CIMG6554.jpg
お目当てのチョコのお店 ジャン・フィリップ・ダルシー。
ココには絶対に行きたいと思ってたんですが、チョコだけでなくマカロンも
おいしかったとまりぷーさんに教えてもらったので、2種類のチョコとマカロン
6個お買い上げ~。どちらもおいしかったです!!!

CIMG6560_20121217004442.jpg  CIMG6561_20121217004447.jpg
その後、夫くんが「さっきのノイハウスでチョコ買いたい。」と言いますもんで、
再びギャルリー・サン・チュベールに行きまして、夫くんチョコチョイスの間、
リカさんはまたもやマカロン物色。ぶっ!!! 買いました。ギャハハハ。
(夫くんに「ノイハウスは日本のほとんどのデパ地下にあるねんで。」と
言いましたが、どうしても食べたいのがあったらしく・・・・・しかし・・・・・
そのチョコはあれから5ヵ月経った今も冷蔵庫に眠っています。オイッ。)

ボビンレースにも惹かれるものがありましたが、まだまだこの後、ボビンレース
の本場?にウハウハしにいく予定だったので我慢。
そして、お次の地、ゲントへと向かいました。

ゲントに続きます・・・・・・・・・・。



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 

こちらも クリック2 プリ~ズ♪
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村 ちょいデカいバナーです・・・。えへへ。

2012/12/16(日) | ブリュッセル&ゲント | トラックバック(-) | コメント(0)

ブリュッセル 山優三辰&小便小僧(2012.07.15)

本日・・・珍しく3件目でございます。
ヤル気になって調子こいてる勢いづいてるうちにできるだけ旅行記を
進めておきたいと思います。
今夜も夫くん・・・晩飯要らずですしね、暗くてツルッツルの夜道の
お散歩も危ないし、バジにはお庭でシーで我慢してもらってますんでね。
時間のあるうちに・・・・・・。

ま、旅行記進める言いましても、同じ日から進んでないんですが・・・・・
とりあえず、この日のことはすべて終わっておこうと思います。(苦笑)

ルクセンブルクから移動しまして、ブリュッセルに入り、世界遺産である
住宅たちを見て回ってから、中心地の観光のメインを回りまして、いよいよ
夕食タイムです。 この旅行ではおいしいもんにありついてませんのでね、
この日は期待が高まります。
お寿司や鉄火丼が大好物の夫くんにプルゼニュにはない新鮮でおいしい
魚介を食べてもらいたい! ナデシコですから~。ぶっ!!!

CIMG6448.jpg
というわけで、まりぷーさんから情報頂いてました ”山優三辰”さんへ。
日本と変わらぬおいしいお料理が頂けるとのこと♪

CIMG6449_20121216032021.jpg
そして、夫くんが食べましたのは・・・・・・ (巨大)海鮮丼!!
これは事前予約が必要なお得などんぶりでございます。
(というてもリカさんは一部を除いてお刺身あきませんので、この巨大
海鮮丼を夫くんが頑張ってひとりで平らげました。少々きつかったようですが。)
普通は、ひとつ頼んでご夫婦で半分こしたりしはるくらいの量です。ど~ん!

CIMG6452_20121216032728.jpg  CIMG6453_20121216032733.jpg
リカさんは、筍が食べたくて筍とこんにゃく煮、そして、イカ納豆♪
そして、太巻きをいただきました~♪ おいしかった~。
(あ、夫くんのどんぶりから卵と貝柱・・・もらいました♪)

お店は、常連さんらしき方たちで賑わっており、リカさんたちが帰るときに
すぐに一見さんだとわかった大将が、「こちらにお住まい?」と。
なので、「いえ、チェコから来たんです。」と答えましたらば・・・・・
「もう、明日帰るの?」と言わはるんで、チェコに帰るわけじゃないけど
翌日ブリュッセルを離れる予定だったので、面倒で 「はい。」と
答えてしまったリカさん。
すると・・・ 「明日帰るんなら、塩辛持って帰る?あげるよ♪」と。
「えと・・・明日ココ離れますけど、この後オランダに行くんです・・・。
「あー、じゃーダメだねー。」 大将・・・・・ごめんなさい。
一見のリカさんたちにお気遣いいただいてありがとうございました。

お料理のお味に加えて、大将のお人柄もあり、お店は大繁盛なんでしょうね。
近くにこんなお店があるってうらやましいな・・・・・そう思いつつ、お店を
後にしたのでありました。


CIMG6454.jpg
これは・・・なんでしたかな?? 変わった建物なので撮ったんですが、
なんやらわかりませんで・・・・・。楽器博物館の近くだったような・・・・・。

CIMG6456.jpg
こちらは、とても美しく整備されたひろ~いお庭。 ここもようわかりませんで。
地図にはコングレ宮と書いてあるので、そちらのお庭なのかも。
遠く中央に騎馬像が見えます。

CIMG6459_20121216042057.jpg  そのそばまで近づいたときに・・・
リカさん、ボケでもなんでもなく素で言いました。
「あの人、頭チョンマゲやで。日本人かなぁ?」   いえいえいえ・・・・・・
もっと近づいて見ましたらば、ただ頭にハトが乗ってるだけでした。恥ずかしー。
この時、夫くんはなんのリアクションもせず・・・ せめて・・・
「日本人なわけないやん、アホちゃう~。」くらいのツッコミはほしかったです。

その後、こんなディスプレイのお店などを  CIMG6464_20121216042102.jpg
見つつ・・・ 小便小僧を目指しましたらば・・・・・・

CIMG6468_20121216042107.jpg  CIMG6469_20121216042111.jpg
ビルの側壁にタンタンが描かれてました。
リカさん、長年タンタンはフランスの漫画だと思ってたんですが、
タンタンが生まれたのはここブリュッセルだったんですねぇ~。アハハハ。


CIMG6470.jpg
そして、第一カラフル小便小僧たちを発見。

CIMG6471_20121216043905.jpg
いや、ホンモノはこちら。  ちゃんとシーコッコしてはります。

CIMG6472.jpg
実際の大きさはこんなに小さい。
特にイベントのシーズンでもなかったので、裸族のまんまでございます。

こちら、みなさまご存知のとおり 『世界三大がっかり』のひとつで
ございまして、シンガポールのマーライオン、デンマークの人魚姫に続き
やっと会うことができまして、世界三大がっかりをやっと制覇いたしました。ぶっ!

CIMG6476.jpg  CIMG6479_20121216044459.jpg
その後も、エセ小便小僧続出です。ぷっ。
上のふたりはワッフル屋さんの看板ボーイ。フフフ。

             CIMG6483_20121216044504.jpg
             リアルチョコ小便小僧。チョコ何kg分??

CIMG6484.jpg  CIMG6485.jpg
こちらも、チョコ屋さんとお土産物屋さんの看板ボーイ小僧。

CIMG6481_20121216043916.jpg
ついには、鎖に繋がれた小僧たち・・・・・・。

いやぁ・・・・・小便小僧で商売しすぎでしょう。ぶっ!!!
たとえ世界三大がっかりと言えども、小便小僧は町の利益に多大な
貢献をしておられます。


CIMG6490.jpg
これもどこですかね?あははは。
まだ空は明るいですが、すでに時刻は午後9時ごろになっており、
この日も観光てんこ盛りで少々疲れましたんでこのままホテルに戻りました。

翌日はブリュッセルにて少々お買い物&少々観光の後、ゲントへ向かいます。
というわけで、この旅行記はまだまだまだまだ続きます・・・・・・・。エヘヘヘ。



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 

こちらも クリック2 プリ~ズ♪
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村 ちょいデカいバナーです・・・。えへへ。

2012/12/15(土) | ブリュッセル&ゲント | トラックバック(-) | コメント(0)

ブリュッセル グラン・プラス他(2012.07.15)

本日も2件目でございます。

よく旅行記をサクッとわかりやすくまとめてらっしゃる方がおられますが
どうもリカさんは「あれもこれも・・・」と欲張ったり、しょーもないことを
書いたりして、長々とダルい記事にしてしまうんですけど・・・・・
どうやったら、パパッと済ませられるんでしょうねぇ・・・。

というわけで、リカ流ダラダラ旅行記続きます・・・。(あいすいませんです)
オルタ美術館で感動した後は、いよいよブリュッセルの中心地の観光です。

CIMG6352.jpg
やって来ました グラン・プラス。こちらも世界遺産。

CIMG6360.jpg
市庁舎。

CIMG6362.jpg
王の家(私立博物館)。

CIMG6365_20121216011813.jpg  CIMG6364.jpg
王の家の細部。

CIMG6354_20121216011757.jpg  CIMG6355.jpg
全体像がないですけど・・・ブラバン侯爵の館。

CIMG6356_20121216011413.jpg

CIMG6372_20121216014301.jpg  CIMG6371_20121216014255.jpg

CIMG6367.jpg

CIMG6375_20121216014627.jpg
工事中で建物と同じ絵のシートかかぶせられてるエリアも。(笑)


CIMG6373_20121216014622.jpg
こちらは忘れちゃならない・・・グラン・プラスにいらっしゃる
セルクラースの像。 触ると良いことがあると言うことで触ってきました。

CIMG6374.jpg 1388年に暗殺された
町の英雄セルクラースの足元には・・・・・ワンコ。悲しげなお顔です。

CIMG6380.jpg
グラン・プラスから少し歩くと、広場のベンチに座るオヤジさん。
あらら、こちらもワンコ連れなのね・・・・・と思ってよく見ましたらば・・・

CIMG6381_20121216015744.jpg 噛み付いてました。うゎ。

こうして旅先で、リアルワンコやワンコ像を見かけると、ペットホテルで
お泊り中のバジは元気だろうか・・・よくしてもらってるだろうか・・・と
気になります・・・・・・。 

グラン・プラスからそこそこ歩きまして・・・・・

CIMG6383_20121216020158.jpg
サン・ミッシェル大聖堂。 (サン・ミッシェル大聖堂 byコトバンク)

この画像を撮るとき、下のパネルたちが邪魔だなぁと思いましてね、
いったいなんなんだろうと近づいて見てみましたらば・・・・・・・
いかに自分が不謹慎な考えをしたか反省することとなりました。

CIMG6391_20121216020205.jpg
Fukushima and us  フクシマと私たち
2011年3月11日に起きた東日本大震災について、そして、大震災に
よって破壊され今も放射能を出し続けている第一原発による危険性について
書かれており、脱原発を目指すものでした。

CIMG6389_20121216021138.jpg CIMG6388.jpg

CIMG6385.jpg CIMG6384.jpg
これはごく一部ですが、被災者の方々の写真とともに、どんな風に被災し、
今はどんな状況におかれているのか・・・・・すべてを読むことは出来ません
でしたが、どんどん涙が溢れてきて・・・・・・大聖堂前でひとりで泣いていた
のはリカさんでございます。

このパネル展、ベルギーの方たちの気持ちも動かすことが出来たでしょうか。
というより、日本の政治家たちが原発推進派なんだから、こんなに情けなく
恥ずかしいことはありませんよね。自国の危機なのに・・・・・。
こんなに被災者の方々が今も辛い生活を強いられてらっしゃるのに・・・・・。

今では、被災地だけの問題じゃなくなってきてますしね。
西日本でも瓦礫を燃やして放射能汚染を拡大させてるんですから。
もう、安全な場所はなくなりつつあります・・・・・・。

お話が旅行記からそれてしまいましたが、このパネル展は改めて大地震が
発端で起きた大災害(原発問題は人災です!)について考えるきっかけを
与えてくれました。

CIMG6393_20121216020211.jpg
ひとしきり泣いたあとは、サン・ミッシェル大聖堂の内部見学です。

CIMG6395_20121216020216.jpg

CIMG6397.jpg  CIMG6396_20121216023040.jpg
美しいステンドグラス。

CIMG6402_20121216023053.jpg  CIMG6403_20121216023059.jpg
祭壇とゴールドのマリア様。


CIMG6416.jpg
サン・ミッシェル大聖堂から、ブリュッセル広場を抜けまして・・・・・

「えぇ?お宅らチェコから車でココまで??」 CIMG6424.jpg
そーですけど、なにか? まだまだ旅はもっと遠方まで続くんですよ♪

CIMG6413.jpg 世界人類が平和でありますように。

CIMG6427.jpg
王宮にやってきました。

CIMG6429.jpg
王宮の裏手にある聖ヤコブ教会とロワイヤル広場。 

CIMG6440.jpg
ロワイヤル広場を挟んで反対側には、ベルギー王立美術館。

CIMG6437_20121216024108.jpg 各ドアの上に各国の言語で
ベルギー王立美術館 と書かれています。日本語もあり♪
この日はすでに閉館しており、時間があれば翌日でも見たかったんですが
残念ながら月曜休館なので、結局は観ることができませんでした。クスン。


またまた、長くなりましたんで一旦この辺で・・・・・・・。
この後、おいしい食事と小便小僧に続きます。(笑)
日が長いっていいですねぇ・・・・・・。



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 

こちらも クリック2 プリ~ズ♪
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村 ちょいデカいバナーです・・・。えへへ。

2012/12/15(土) | ブリュッセル&ゲント | トラックバック(-) | コメント(0)

ブリュッセル オルタ美術館他(2012.07.15)

本日の最高気温1℃、朝降っていた雨はすぐに止み、解けきらない
雪が残り、解けた雪はすべてをアイスコーティングしてしまって
ツルッツル・・・・・どうにもこうにも歩くのが怖いここプルゼニュの
リカバジ生息エリアです。
(雪が降るのはいいですが、いつも雪の後の凍結が怖くてイヤなんですっ!)

CIMG1815.jpg
歩道はごっつうデンジャラスなので、今朝は森の方へ・・・。
(ここまで来るだけでも、何度ヒヤッとしたことか・・・・ほんまイヤです!)
でもって、すべて真っ白に見えますが人が歩くところは硬く凍ってるので両サイド
のざくざくの雪が残っているところを歩かないといけません。はぁ~。

CIMG1817_20121215224532.jpg
ん?森の手前の広い雪原の真ん中に・・・・・なにやら見えます。

CIMG1816.jpg
めいっぱいズーーーム!しましたがこれが限界。
雨で随分崩れかけの雪だるまさんたちでございました。 
今日、必死に撮った画像はこんだけです。エヘヘヘ。


さて、夫くんお仕事(ご苦労様です)の今週末・・・病み上がり切ってない
リカさん、スーパー買い出しにも行かず・・・サボってた掃除をして、パンを
焼きつつ・・・残りの旅行記に精をだすことに致しました! 

では、ルクセンブルクに続きまして、ブリュッセルのお話でございます。
ブリュッセルの中心地のお宿に行く前に、世界遺産を責めておくことにしました。

CIMG6311.jpg
まずは、ストックレー邸。 (ストックレー邸 byWiki先生)
一般見学不可ですが、建築物にも興味があるので外観だけでも痛いと思いましてね・・・。

CIMG6312.jpg  CIMG6313_20121215235202.jpg

CIMG6314_20121215234528.jpg


お次は、建築家ヴィクトル・オルタの都市邸宅
こちらも一般見学不可で、尚且つ場所も散らばってるんですが、雨の中
意地で探し当てて観てきました。

CIMG6318_20121215234534.jpg
ヴァン・エトヴェルド邸 Hotel Van Eetvelde

CIMG6322_20121215235219.jpg  CIMG6320.jpg

CIMG6317_20121215235208.jpg  こんなんもあり~の。
もちろんヴィクトル・オルタとは関係ありませんが・・・・・。

CIMG6326.jpg
タッセル邸 Maison Tassel

CIMG6325_20121216000057.jpg  CIMG6328_20121216000103.jpg


CIMG6332_20121215235925.jpg
ソルヴェイ邸 Hotel Solvay

CIMG6330.jpg  CIMG6334.jpg

CIMG6335_20121216000122.jpg 曲線が美しかったので
小雨の中、見上げて撮ってみた・・・・・・。

きっと内装もステキなんでしょうけど、ここまでは、すべて外観のみ・・・・・。
しかし、世界遺産の最後の〆は、アールヌーボーの父と言われたヴィクトル
・オルタが妻子とともに1898~1919年の間に住んだ邸宅が現在は
オルタ美術館として開放されているので見学しました。

CIMG6337.jpg
雨上がり・・・・・午後2時の開館に間に合うように行きましたらば・・・
すでにゾロゾロゾロ~と待ちの列が・・・・・。
リカさん、たまたま世界遺産を調べてて行きついただけで、そんなにすごくて
有名な人だとはつゆ知らず・・・・・・お恥ずかしいことでございます。

CIMG6342_20121216001854.jpg CIMG6340_20121216001847.jpg

がーーーーーーっ!!!!! こちらは本当に行って良かったですっ!!!
もうね~、螺旋階段、家具類、調度品などなど・・・・・どれもすごいんです。
もう、感動もんですよ。日本の美しい刺繍のタペストリーもありました。
館内撮影禁止なので、画像まったくありませんが、ほんまに良かったです。

見学を終えて出ようとすると、ガードマンのおじさんが
「中は撮影禁止やけど、入口のこういうところ写真撮っといたらええで♪」
と教えてくれたので、撮りまくっておきました。

CIMG6344_20121216001900.jpg CIMG6345_20121216001906.jpg

CIMG6347_20121216001912.jpg CIMG6348_20121216002108.jpg

CIMG6349.jpg CIMG6343_20121216002234.jpg

ストックレー邸、ヴィクトル・オルタの都市邸宅やオルタ美術館など
ベルギーの世界遺産に関してはベルギー・フランダース政府観光局
のサイトでどうぞ♪


この後、お宿のチェックインを済ませてから、まだまだ観光が続きますんで
ここで一旦終わります。
(はい、また引っ張りグセが出ました。あいすいませんです)

それにしても・・・・・・オルタ美術館は素敵でした。


あっそうそう・・・・・

CIMG6307.jpg
ブリュッセルに向かう途中、なぜかお相撲さんがいましたよ。


グラン・プラス他の観光へと続きます・・・・・・・。



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 

こちらも クリック2 プリ~ズ♪
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村 ちょいデカいバナーです・・・。えへへ。

2012/12/15(土) | ブリュッセル&ゲント | トラックバック(-) | コメント(0)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。