スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リスボン(2012.05.07)

1つの記事にするつもりが、バジの画像が多くなったのでサクッと
書き上げまして、本日2つ目の記事でございます。

リスボン3日目のお話でございます。
3泊4日で行って来ましたが、最終日は早朝出発だったのでリスボンでの
お話はほとんどありませんで・・・あはは。
乗継のフランクフルトでこんなことはありましたが。)
よって、これにてリスボンだけのポルトガル旅行記は『完』でございます。

3日目は、予報通り朝から大雨。まさに、ザァーザァーでございました。 

CIMG4132_20120518063106.jpg こんな簡単な朝食をパパッと
食べまして・・・また、パステル・デ・ナタ食っちゃってますが。おほほ♪

CIMG4133.jpg  CIMG4134_20120518063105.jpg
メトロに乗ってこんなモダンなアズレージョで飾られた駅で降りまして、
駅とつながってるはずなのに、ごっつう雨が入ってくるところを抜けまして・・・・・

CIMG4137_20120518063103.jpg 慌ててこんな建物に入りました。

CIMG4146_20120518063557.jpg
やってきたのはコロンボと言う名のショッピングモール。
新しいようで何もかもが結構きれい。 トイレさえも・・・・・・・・

CIMG4139_20120518063102.jpg  なんだか近未来的?!(笑)

CIMG4144_20120518063855.jpg
画像悪いですが、こんな風にショッピングモール内の数カ所に大きなオブジェ。

いろんなショップが入ってまして、個人的には”ZARAhome”にどえらい惹かれ
ましたが、まあ買っても使わんやろな・・・ということで我慢。
ヴィレロイ・ヴォッホもありましたが、ドイツで買えばええと・・・(笑)
なので、一応いろいろ見ては回りましたが、リカさんが欲しかったキャベツモチーフで
有名な「ボルダロ」の食器を扱うお店がなかったのであきらめてスーパーでの
お買い物を楽しむことにしました。

葉野菜は鮮度が落ちるので持って帰れないけど、野菜売り場を見るのは楽しいです。
プルゼニュにない野菜を見つけては、ギャーギャー。
ま菜や小松菜みたいな野菜も置いてました。が葉っぱの上を這うてましたけど。ぶっ。
缶詰やお菓子もいろいろ・・・・・ネタ満載やったんですけどね~、店内撮影禁止の
マークがあったんで断念しました・・・・・・。

CIMG4204_20120518063554.jpg
でもって、買ったのはこちら  これはうちの分だけです。
他にお土産をちょこっと。 
ドイツその他のEU諸国で日清、フランスで味の素の麺類が売られてましたが、
なんとポルトガルではマルちゃんが売られてたのでウハウハ買っちゃいましたよ。
お味は海外バージョンでシュリンプやポーク、チキンですけどね。
チェコのスーパーにも日系企業の麺・・・・・置いてちょ♪(なんでないんやっ!)

あとは、カステラの元になったというパウ・デ・ロー(黒い大きな箱)、かりんの
ジャム マルメラーダ、缶入りオリーブオイル、夫くんが見つけたプリンの缶詰、
スペインで買って美味しかったので今回も買ったタコの缶詰、味はわからんけど
買ってみた白身魚の缶詰。 やっぱり現地スーパーでのお買い物は楽しいですね♪

こんだけ買ってどえらい荷物になったので一旦ホテルに戻ってリセット。
ランチは、日本語の通じるお店へ。うふふ♪

CIMG4148_20120518063556.jpg
パウロのカステラ
ポルトガルを旅された日本人の方々の間では有名ですよね。
日本でカステラ作りの修業をされたポルトガル人の旦那様と日本人の奥様が
切り盛りされてるお店です。うちの一足先にも日本人ファミリーが入られました。

CIMG4150_20120518063555.jpg
こちらでは、お茶だけでなくお食事もいただけます。

CIMG4152.jpg  CIMG4153_20120518070722.jpg
リカさんは2種類のランチメニューからポルトガル料理のバカリャウなんとか・・・
バカリャウ(干しダラ)とジャガイモ、ほうれん草のグラタンをチョイス。
夫くんは、ノーマルメニューの中から日本風オムライスをチョイス。

デザートは、リカさんは抹茶カステラ~♪、夫くんはカステラの元になったという
パウ・デ・ローにしました。 玄米茶で♪
やっぱり日本風のカステラの方が口に合いました。おいしかったです♪

このパウロのカステラで、前日”発見のモニュメント”で出会った一人旅の日本人の
お嬢さんと再会しまして、ご縁ね~♪と。(Keikoさん先日はコメントありがとう♪)
その後、無事に楽しく旅を続けられてるでしょうか?

CIMG4154_20120518070721.jpg 店内にはこんなアズレージョ♪

お店には少しお土産物も置かれていまして、リカさんこんなん買いました。

CIMG4378.jpg  CIMG4379_20120518073241.jpg
バルセロスの雄鶏伝説にちなんだニワトリの置物。コンフェイトウ(金平糖)が
おまけにつけられています。 この置物は、ポルトガルでは幸せのシンボル、
幸せを呼んでくれるとしてほとんどの家庭に置かれてるそうです。
よって、我が家もバジの上に・・・いやいや、リビングに飾っています。

お店の奥さんにボルダロの食器を置いてそうなお店を教えてもらったのに
残念ながら見つけることができませんでした・・・。
なので、もうご縁がないとあきらめまして・・・・・お腹もいっぱいになったし、
雨も小降りになってきたので、前日見られなかった場所へGO♪

CIMG4159.jpg
くちばしの家

1522年に第2代インド総督アフォンソ・アルブケルケの息子によって建てられた邸宅。
鶏のくちばしのようなとがった石で覆われており、その形から「ダイアモンドの家」とも
呼ばれている。(2012/5現在内装改築中のようです。)


CIMG4157_20120518070720.jpg  CIMG4161.jpg

CIMG4162.jpg  CIMG4163_20120518075624.jpg

CIMG4164_20120518075623.jpg  CIMG4165_20120518075622.jpg
その後、町中のこんなきれいなアズレージョを見ながら歩きまして・・・・・

CIMG4169.jpg
カテドラル に到着です。
できれば前日に来たかったのですが、日曜お休みなんで雨の中仕方なく。

リスボンをイスラム教徒から奪回したアフォンソ・エンリケスの命により、モスクの跡地に
1147年から建設が始められ、1755年の大地震にも生き延びた。
ロマネスク様式の大聖堂だが、のちにゴシック様式の回廊、バロック様式の祭壇などが
付け加えられた。


CIMG4167.jpg
28番トラムとカテドラル。

CIMG4190.jpg

CIMG4177_20120518075833.jpg

CIMG4178_20120519041745.jpg  カテドラルで出会ったワンコ。

カテドラルで出会ったワンコ?  CIMG4179_20120519041744.jpg

CIMG4180.jpg  カテドラルで出会ったワンコ・・・
ちゃうやろ~。 なに? こうもり?

CIMG4182.jpg

CIMG4189.jpg
あ~、なんて見苦しい画像でしょう。(なら、アップすんな)
うちのバカデジではこれが限界なんですが、これはキリストと12使徒を
描いたステンドグラスのバラ窓です。(夫くんが頑張って撮りました。)

CIMG4194_20120519042055.jpg
カテドラルの後は、すぐそばの サント・アントニオ教会

リスボンの守護聖人サント・アントニオ(1194-1231)誕生の地に建てられた教会。
サント・アントニオは、イタリアのパドヴァで活躍したフランシスコ派の僧侶で
縁結びの聖人としても知られている。


ここは残念ながら月曜日はお安いなので外観のみです。

CIMG4192_20120519042054.jpg
サント・アントニオ教会とカテドラルと結構乗り倒した28番トラム。

この後も雨が止んでたんで、少しだけウロチョロしましたが、トラムとメトロを
乗り継いで移動・・・・・(今夜はおいしいシーフードが食べたいと・・・笑)
でもって、こんなん  食べました。

CIMG4197_20120519043913.jpg  CIMG4198.jpg
茹でエビ(これで200g)、これ、シンプルなお味なのにごっつうおいしかったです。
重さでの値段設定だったので、どのくらいかわからず・・・・・最初、夫くんが
「300g」と言いましたが、もう1種類エビを食べたかったので200gにして正解でした。
タコサラダ、これもおいしかったです~。クロアチアで食べたタコサラダよりグ~♪

CIMG4200_20120519043911.jpg  CIMG4201.jpg
シーフードリゾット、なんとも懐かしい感じのお鍋に入ってやってきました。
幼少の頃、おままごとをするのにもらったお下がりのお鍋みたい。ぷっ。
右画像はよそった様子ですが、これもおいしかったんですよねぇ~♪
エビ、カニ、タラ、貝・・・貝はいらんけども。(笑)

CIMG4199.jpg  CIMG4202_20120519043908.jpg
タイガーエビのグリル、これも200gで頼んだら・・・1匹だけだった・・・あはは。
ちょい殻から身離れ悪くてリカさん”イラッ”としましたが、お味はバツグン♪
お料理はどれもハズレなし!!すばらしい♪ がしかし・・・・・
メニューの写真を見てプリンだと思って頼んだデザート・・・・・アイスでした。
おいしかったけど、やられた~って感じです。アハハハハ。


まあ、お天気悪いなりにお買い物や観光できて、そして、ポルトガル最後の食事が
おいしかったので、この日も満足♪

ほんとは、1日だけポルトに移動するつもりだったんですが、お天気悪くなる
予報だったし、リスボンだけでもいっぱい見どころがあったので、リスボンのみ
の滞在にしてよかったです。老体のためにも。(笑)
スーパーで買ったポウ・デ・ロー、おいしかったですよ。
マルちゃんの麺たちはまだ食べてませんが・・・・・。

バタバタとホテル&エアチケットだけ取って飛んだポルトガルでしたが、
思い出に残る良い旅になりました。
連れて行ってくれた夫くん、お留守番してくれたバジ、ありがとう。



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 
スポンサーサイト

2012/05/17(木) | リスボン | トラックバック(-) | コメント(0)

リスボン(2012.05.06)

本日も2つ目の記事でございます。
先ほどの記事で、一日ええお天気だったと書いたのに、その後、夕方のお散歩
に出かけましたらば、しっかり雨が降っておりました。
まあ、夕方から夜のうちにどっぷり降って、明日は回復してほしいです。

さて・・・・・リスボン2日目を画像だらけで引っ張りまくってるワケですが・・・・・
これで最後にしますので、どうか・・・どうかお付き合いくださいませ。

国立アズレージョ美術館でウハウハした後は、またまたタクシーで移動です。
行先は・・・・・

CIMG4018_20120516062939.jpg
サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台
ガイドブックには夕暮れ時が美しいと書いてあるので、夕暮れ時に
行ってみたかったんですが、いろいろ見て回るならタイミング的にムリと
夫くんに却下されまして、西日を浴びて黄金色に輝く町を観るのを
あきらめました・・・・・。くすん。

CIMG4020_20120516062938.jpg
ちょいとズームで、左端にサン・ジョルジェ城を、右端にカテドラルを
入れてみました。(サン・ジョルジェ城は時間の関係で遠くから眺める
のみ・・・・・、カテドラルは翌日に雨の中行きました。)

CIMG4023.jpg  CIMG4024_20120516063610.jpg
この展望台は公園になっておりまして、なんやらわかりませんが像が
ありまして、歩道にはモザイクで1927と・・・。1927年に出来たんですかね?

CIMG4027.jpg
公園を出れば、ケーブルカーの終点の駅がありまして、リスボンの坂道を
走るケーブルカーの様子は絵葉書になるような典型的な風景なんですが・・・
車体にこんなに落書きされてたらねぇ・・・・・風情もなんもありませんわ。

そっからしばらく歩きまして到着しましたのは・・・・・・

CIMG4046.jpg
サン・ロケ教会

1584年、苦難の航海の末にリスボンに辿り着いた日本の天正遣欧少年使節が
1カ月ほど滞在したイエズス会の教会。
16世紀末にイタリア人建築家により建てられたイタリア・バロック様式の建物だが、
1755年の大震災で正面ファサードが破壊され、その後再建された。


CIMG4029_20120516065102.jpg

CIMG4033_20120516065521.jpg  CIMG4036_20120516065520.jpg  CIMG4043_20120516065519.jpg

CIMG4035_20120516065101.jpg
瑠璃、めのう、モザイクで飾られたリスボンでも有数の美しいチャペルである
サン・ジョアン・バプティスタの礼拝堂。

CIMG4045_20120516065716.jpg  教会前の小さな広場には・・・・・
こんなおじさんが。郵便局の人かと思ったら、宝くじ売りのおじさんなんですね。

CIMG4044_20120516065857.jpg
そして、こんなキレイなアズレージョの外壁のビルや・・・・・

CIMG4049_20120516070028.jpg  CIMG4050_20120516070027.jpg
ちょっと色合いの違うアズレージョを見つつ歩きまして・・・・・・

CIMG4061_20120516070422.jpg
カルモ教会 (日曜日はお休みなんで裏手から見た姿)

1389年に建てられたきゅお会で、当時はリスボン最大だったらしいが、
1755年の大地震で倒壊した。(内部は考古学博物館になっている。)


でもって、このカルモ教会の裏側を見ていたのは、サンタ・ジュスタの
エレベーターから螺旋階段を上がった頂上展望台から♪  
その他の眺めは・・・・・・

CIMG4056_20120516071210.jpg  CIMG4057.jpg

CIMG4058_20120516071208.jpg  CIMG4059.jpg
〇ホと煙は高いとこ上る~言いますが、サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台と
このサンタ・ジュスタのエレベーターは、上っておきたかったんですよね~。
ふふん♪ 〇ホで結構♪ 良い眺め~♪

CIMG4063_20120516071205.jpg  CIMG4062_20120516071206.jpg  
サン・ジョルジェ城とカテドラルをズームでドン♪

CIMG4071.jpg
はい!これが、サンタ・ジュスタのエレベーター です。

20世紀初頭にエッフェルの弟子のフランス人建築家によって造られた高さ45mの
鉄塔の内部をクラシックなエレベーターが上下する。頂上はリスボンの街並みを一望できる。


CIMG4073.jpg
ちょいと離れてガイドブックと同じアングルで♪(笑)

リカさんたちはエレベーターを上から降りてきたので、あまり並ばず乗れましたが
下に降りたらごっつい列ができておりました。
もし、乗られるなら下から上がるより上から降りられる方がお勧めです。
(上から降りたのは・・・夫くん曰く、混むのを見込んでの計算だったんだとか。
ほんまかいな。まあ、どっちでもええですけどぉ。笑)

CIMG4075_20120516071917.jpg
ちょい歩きまして・・・ロシオ広場(正式名:ドン・ペドロ4世広場)を通りまして・・・

CIMG4076.jpg
またまたアズレージョの外壁のビルを眺めつつ・・・・・
(美しいと言うよりは、寂れた感ありありですが・・・・・あははは)
また逆のテージョ川のに向かって歩きまして・・・・・
(すでにリカさんの老体はヘロヘロで石畳のせいで足の裏がごっつう痛かった・・・

CIMG4082.jpg
ガイドブックに載っていた”市内の見どころを走る”という28番トラムに
とりあえず乗り込みまして、あてもなく出発。

CIMG4095_20120516071914.jpg
教会が見えたので降りました。
教会のお向かいにはひろ~い公園がありまして、足が痛いけど夕飯の時間には
ちょい早かったのでちょろっと散策。

CIMG4090.jpg  CIMG4094.jpg
公園には、けったいな形の木があったり、いろんなお花が咲いてたり、
綱渡りをしてる人がいたり、芝生でくつろぐ人がわんさかいたり、
コンサートの準備をしてたり、サッカー教えてる人がいたり・・・・・
いろんな人がいましたが、ワンコもいっぱい♪ ビーグルちゃんもいました♪

この公園は後でガイドブックを見ましたらば、エストレーラ庭園 と言う
名前だとわかりました。
そして、そのお向かいの教会に行ってみることに。

CIMG4102.jpg
さっきは逆光だったので別の角度から・・・。この教会の名前は・・・・・
エストレーラ聖堂 (お向いの庭園と同じですね)

ドナ・マリア1世が待望の王子の誕生を神に感謝し、1779年に建設を始めた
ネオ・クラシック様式の教会。 祭壇左側にはブラジルで亡くなったドナ・マリア1世の
棺が置かれている。


CIMG4099.jpg

まだ夕飯の時間にちょい早かったので、またあてもなく28番トラムに乗りまして
ボォーっと終点まで乗りまして、一旦降ろされてまた乗って折り返してきました。ぶっ。

さて、やっと晩ご飯です。リスボンでは日曜日に閉まってるお店が多く、夫くんが
日曜でも開いてるレストランをガイドブックでチェックしまして、お店をチョイス。

CIMG4120_20120516213322.jpg
アズレージョの壁を見つつ奥の席へ・・・・・そして、食べましたのは、

CIMG4113_20120516213449.jpg CIMG4114_20120516213448.jpg CIMG4115_20120516213447.jpg
勝手に出されたカニ身のディップ&パン・・・食べれば加算されるけど食べてみたら
おいしかったのでヨシ♪ 前日の晩ご飯でリカさん血迷ってワインなど飲みましたが、
この日は夫くんが血迷ってビールをオーダー。(笑) そして、タラのコロッケ。

CIMG4117_20120516213446.jpg  CIMG4118.jpg
ガイドブックのタラのオーブン焼の写真を指さしたら、「これはオーブンで焼いてるけど
うちのはグリルだけどいい?」と言われたので、「ええよ。」と言うたら、写真とは
まったく違う料理が運ばれてきた。確かにタラの切り身をグリルしてあるけど、味が
全然違うんとちゃうのん??? 共通点は、素材がタラっていうだけやん。

もひとつのお料理は、お店の看板料理?、ガイドブックにお店の紹介と一緒に載ってた
お料理なんだけど・・・・・エビに釣られたのがアカンかった。想定外のイマイチさ。
まあ、リカさんは我慢できる程度でしたが、夫くんは自分が「これ!」と言うて頼んだのに
ちょこっと食べてお変わりをイヤがったけれど、リカさんが一度だけムリに食べさせました~。

人気店のようでお客さんがわんさか。同じガイドブックを見たのか、あとで日本人の
ご家族も来てました。最初に出されたディップ&パンは「いらん」言うて返してはりましたけど
あれ・・・おいしかったのにな。ふふふ。
おいしかったのは、そのディップだけやったけども・・・・・。ぶははは。

CIMG4121.jpg 
レストランを出まして最寄のメトロの駅まできましたらば、こんなオッサンが座って
はりまして、なんやわからんままカメラに収めましたが、あとでガイドブックを
見ましたらば、観光客の人気の撮影スポットなんだとか・・・。
ポルトガルの詩人フェルナンド・ペソア(1888-1935)という人なんですって。

メトロの駅・・・・・

CIMG4123_20120516215048.jpg  CIMG4125.jpg
プラハと同じくなが~~~いエスカレーターで上り下りします。
リスボンのメトロは新しいのかな? 駅構内・・・とてもきれいです・

CIMG4129.jpg  CIMG4130.jpg
プラハのようにA線、B線、C線というのではなく、カモメやヨットやひまわり、
方位磁石?のマークで分けられていました。かわいい♪
そして、車両は青い光のラインとともに入ってきます! 美しかったです。
車両自体はそうでもないですけどね、あははは。


ま、こんな感じで2日目は意外にたくさん回れて、それなりに満足できました。
老体はヘ~ロヘロでしたけどね。

3日目は朝から大雨だったので、記事を分けて引っ張ることもなく一発でサクッと
終わりますんで・・・・・えへへへ。  3日目に続きます・・・・・・。



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 

2012/05/15(火) | リスボン | トラックバック(-) | コメント(0)

リスボン 国立アズレージョ美術館(2012.05.06)

本日の最高気温17℃、予報では一日雨だったのに、一日良いお天気で
気温も昨日より少し上がったここプルゼニュです。

雨が延びて、明日は雨の予報になっちゃってます・・・・・今日は引きこもって
いたけれど、明日はパリチコバーニーの日・・・大雨にならないことを願って。

CIMG4332_20120515233902.jpg
気温が上がりだしてから控えていた森の近くのルートですが、今日は
ダニエルに気を付けながら、久しぶりに歩いてみました。

CIMG4334.jpg  CIMG4341.jpg
草むらに入らないようクンクンしながら歩きます。
 「ココにわんさかダニエルいるんやろ?」 (そやで、気ぃつけや。)

CIMG4335_20120515234056.jpg  CIMG4336.jpg
森の近くには、大きな木がたくさん。
小さな白いお花をたくさんつけた木・・・・・なんか実がなるのかな?
まだ青いけどたわわに生ってるサクランボ。でも、かなりズームなので
手の届かないところ・・・・・残念、それに木の下はひざ丈の草が生えてる
のでダニエルもわんさかです。 サクランボは買うことにいたしましょう。


さて、今日は昨日に引き続きまして、ポルトガル旅行記です。
まだ2日目ですが・・・・・えへへへ。
ベレン地区を離れまして、バス&タクシーで向かった先は・・・・・

CIMG3953_20120515235831.jpg
国立アズレージョ美術館

マドレ・デ・デウス教会を改装して、14世紀から現代までのアズレージョを展示している。 
歴史的に価値のあるアズレージョを多数所蔵
している。礼拝堂や回廊も美しい。


CIMG3954_20120516000232.jpg  CIMG3956_20120516000231.jpg
地味な看板。 そして・・・ベレンで買ったパステル・デ・ナタをふたりでベンチで
頬張り・・・・・6個も買って・・・・・あと4個はいつ食べる???(笑)

ここも日曜の午前10時~午後2時までは入場無料なんですけどね、間に合わず
ひとり@10€で入りました。

CIMG3958_20120515235830.jpg
お花が美しい入口から入りますと・・・・・・

CIMG3959.jpg
最初にこのアズレージョがお出迎えしてくれます。

CIMG3960.jpg  CIMG3961_20120516000229.jpg
アズレージョに使われてる塗料や粘土?などの展示もあります。

CIMG3963_20120516000229.jpg  CIMG3964.jpg
たくさんの模様を並べたものや単独のもの。

CIMG3965_20120516001147.jpg
ブイッ! (^ ^) v

CIMG3970_20120516001317.jpg  CIMG3971.jpg
街角で見かけるより繊細な模様。

CIMG3977.jpg
「この仔羊ちゃんはボクのもんやからね♪」
(クリスチャンの方へ・・・決してキリストさんを冒涜してるわけではございません。)

CIMG3973_20120516001819.jpg  CIMG3976.jpg
お顔がいっぱい。 奈良公園の鹿さんたちを思い出しました。

CIMG3981_20120516001556.jpg
階段の側壁もアズレージョ♪

CIMG3994_20120516001552.jpg
2階の回廊の側壁もアズレージョ♪

CIMG3987_20120516001555.jpg
教会の祭壇です。

CIMG3983.jpg  CIMG3984.jpg
暗かったので画像悪いですが、教会の側壁もアズレージョ♪ 

お次は、アズレージョの中のワンコたちです♪

CIMG3997_20120516003050.jpg  CIMG3998_20120516003049.jpg

CIMG4006_20120516003048.jpg  CIMG4007_20120516003047.jpg

CIMG4008.jpg  CIMG4009_20120516003045.jpg
闘う子、働く子、くつろぐ子、甘える子・・・・・。ワンコはいつもかわいいですね♪
ちょい怖い顔の子もおりますが・・・・・。アハハハ。

CIMG4003_20120516003834.jpg
教会の2階部分です。
ここにはアズレージョはありませんが美しかったのでパチリ。
(と言うても、全然画像美しくないですけど・・・・・・・あはははは。

CIMG3999_20120516003835.jpg
えっと・・・・・ これは、いいんですかね?
リカバジブログが他のジャンルに分類されたりしませんか? 
まあ、足が蹄なので大丈夫ですよね?ね?ね?

CIMG4010.jpg
めっちゃ怒ってる人もいます。

ほらね? CIMG4011_20120516004204.jpg  なんやコラぁ!ナメとんかぁ!

CIMG4012.jpg  CIMG4013_20120516004202.jpg
はぁ~、ほんとにため息が出ます。 こういう色合い・・・いいですねぇ♪

CIMG4015_20120516004201.jpg  CIMG4016_20120516004200.jpg
これは、見学を終えてから入った美術館併設のカフェのアズレージョ♪
最後の最後まで楽しませてくれました。

もうね~、い~~~~~っぱいアズレージョ♪を見て、お腹いっぱ~~~~~い
って感じで大満足やったんですが、まあね、甘いもんは別腹ですから。おほっ♪

CIMG4017_20120516004159.jpg  プディン・フラン♪
夫くんが「でかいプリンあるで~。」と言うので、これに決定! おいしかったです。

夫くんに修道院前からバスでようわからんところに連れて行かれ、怒りながら
タクシーに乗って辿り着いた国立アズレージョ美術館・・・・・行ってよかったです。
夫くんはほとんど興味なさげだったけど、お付き合いありがとさん♪

2日目はまだまだ他にも訪問したんですが、画像多くて長くなってしまったので
またまたこの辺で一旦終わりにします。 続きます・・・・・・。



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 

2012/05/15(火) | リスボン | トラックバック(-) | コメント(2)

リスボン ベレン地区②(2012.05.06)

なんか・・・・・・書くごとに記事が長ったらしくなってきてるように思うんですが。
どんどん欲が出てきてるんでしょうね。食もいつも出っ放しですけど・・・ぶっ。
引っ張ってあいすいませんが、どうぞお付き合いください・・・・・。


では、『リスボン ベレン地区①』の続きです・・・・・

ジェロニモス修道院を見学の後、修道院前のインぺリオ広場を抜けまして、
地下道を通りまして・・・・・って、リカさん、この地下道の階段に感動しました。

CIMG3892.jpg ごっつう画像が悪いですが・・・・・
階段の端っこに自転車用のレールが敷かれてるんです。サイクリングしてる
人たちに優しい階段ですね♪ 日本にはこんなのないですよね?あります?

CIMG3893.jpg
はい! テージョ川に向かって立つ 発見のモニュメント です。

1960年にエンリケ航海王子の500回忌を記念して帆船をモチーフとして造られた。


CIMG3896_20120515220815.jpg
先頭はエンリケ航海王子、その次はアフリカ・ポルトガル帝国を形成したアフォンソ5世、
インド航路を開拓したヴァスコ・ダ・ガマ、ブラジルに到達したペドロ・
アルヴァレス・カブラル、初の世界一周を達成したフェルナン・デ・マガリャンス
(マゼラン)・・・・・この5人のあとはちょいと飛ばしまして、最後から2番目で
手を合わせているのが・・・・・・・

日本で布教活動を行ったイエズス会宣教師 CIMG3897_20120515221643.jpg
フランシスコ・ザビエル です~。(たまに冗談で大きな丸い襟の服をザビエル襟
なんて言うたりしてましたが・・・・・ザビエル襟の服を着てないんですね。笑)

CIMG3899_20120515222143.jpg
発見のモニュメントの前には大理石で世界地図が描かれておりまして・・・・・

CIMG3898.jpg
日本もあります。 日本に到達した年号1541。

CIMG3900_20120515222612.jpg
このモニュメントも内部見学できますが、結構並んでおりまして、時間も
押していたので、次の見学に向かいました。

が、時間も正午過ぎて、お腹も減ったので・・・ CIMG3906_20120515221642.jpg
簡単にお昼を済ませることに。 シーフードリゾット、でっかいタコ足、
添え物の野菜とイモ~。 イモはいらんけど、入れられちゃいました。あはは。
このリゾットとタコ足、おいしかったです!特にタコ足!!
チェコでは食べられんのでね~、がっついときました。あははん♪

そして、お腹を満たして向かった先は・・・・・

CIMG3908_20120515222941.jpg
はい!もうひとつのユネスコ世界遺産の ベレンの塔 です。

マヌエル1世の命により1515年に着工し、1520年に完成した。
もとはテージョ川の河口を守る要塞として造られたが、のちに船の通関手続きを
行う税関や灯台としても使われた。


CIMG3914_20120515221641.jpg  なんやこんな怖い顔をの
海の妖怪みたいなんも居りましたよ。(笑)

こちらもジェロニモス修道院同様、日曜の午前10時~午後2時迄入場無料なので
どらい列ができておりました。(ジェロニモス修道院&ベレンの塔共通券でひとり当たり
10€なのでこれで20€浮きました♪ でも・・・この後・・・チャンネルはそのまま?!笑)

CIMG3923.jpg  CIMG3924_20120515223811.jpg
テラス(砲台)。 中央には船乗りたちが後悔の無事を祈ったと言う
聖母マリア像が置かれている。

CIMG3915.jpg
堡塁。 一番下は潮流により海水が入り込む水牢、その上は火薬庫、
さらに上は砲台になっている。

CIMG3910_20120515222939.jpg
ベレンの塔の見学を終えまして、そのそばにあるようわからん飛行機の
オブジェを撮りまして・・・・・そして、リカさんのお楽しみのお店へ向かいました。

CIMG3930_20120515224609.jpg  途中こんな見かけました。
こちらでは、よく壁やベランダに洗濯物を干してましたが、風が吹いて洗濯物が
汚い壁に当たったら余計に汚れるんじゃないの?と余計な心配をしていたリカさん
なのでありました。

CIMG3932.jpg  CIMG3936_20120515224606.jpg
途中で見かけたアズレージョと目的のお店のアズレージョ。

CIMG3946_20120901182311.jpg
目的のお店・・・楽しみにしていたお店・・・ 左の入り口はカフェ、右は
持ち帰り専用の入り口・・・持ち帰り用はごっつう行列できてましたが、
がんばって並びました。

CIMG3939.jpg
パステイス・デ・ベレン

一時期、日本でも流行ったエッグタルト・・・ リカさんの好物でしてね。
このエッグタルトはポルトガルが本場で、パステル・デ・ナタと言います。
(複数はパステイスというらしいので、店名はパステイス・デ・ナタになってます)

1837年創業で、ジェロニモス修道院から伝えられた配合と作り方・・・門外不出の
レシピを守る老舗で、おいしいパステル・デ・ナタを食べたければベレンへ・・・と
言われているとのこと。よって、エッグタルト好きにこのお店はハズせませんっ!!

CIMG3940.jpg  CIMG3941.jpg
ディスプレイされたパステル・デ・ナタ。 そして、店内の様子。

CIMG3942_20120515230006.jpg  CIMG3945_20120515230005.jpg
会計を済ませて夫くんがパステル・デ・ナタ6個!の受取を待ってる間、
ちょいとカフェの方を覗きにいきましたらば、カフェと持ち帰り専用の間に
アズレージョ♪ あ~、どこを見てもアズレージョ~♪ ワンコもいますよ♪

最初のトラムでつまづいたので、この時点ですでに午後2時。
翌日は一日中雨の予報なので、がんばって観光に回らにゃなりません!

この辺りにはたくさんの博物館や美術館があったんですが、そんなのより
ど~~~してもリカさんが行きたかったリスボンの中心地ハズレにある美術館に
行くにあたり、リカさんはトラム&バスで・・・と言うのに、夫くんがバスを乗り継いで
行くと言うて聞かんので、夫くんがバス停でルートを調べて選んだバスに
乗り込んだんですが・・・・・・・

CIMG3952_20120515231157.jpg
テージョ川沿いに行くはずのバスが途中左折して町中へ・・・
へ?どこいくん? そして、終点・・・ ようわからん広場で下されました。

CIMG3951_20120515231737.jpg 広場の周りにはお巡りさんが
いっぱいおりまして、誰か要人でも通るんですかね? なんか物騒な感じ・・・。
もちろん、リカさんは夫くんにご立腹ですよ!

結局、この先どう行くかわからずにタクシー拾って次の目的地に向かいました。
入場料浮かせたのに結局タクシー・・・・・・まあ、日本のタクシーよりははるかに
お安かったんですがね。

またまた長くなってしまったので、タクシーで到着した目的地のお話は別記事で。
まだまだ続きます・・・・・・・。



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 

2012/05/14(月) | リスボン | トラックバック(-) | コメント(0)

リスボン ベレン地区①(2012.05.06 )

本日の最高気温13℃、朝からええお天気だったけど、さほど気温上がらず、
午後からはちょい曇ってきて、明日は少し気温上がるものの雨の予報の
ここプルゼニュです。

なもんで、雨降る前にと、ご近所のチェコ人さんたちはブイーンブイーンと
お庭の芝刈りに精を出してはりました。
え?うち?ボーボーのままですが・・・・・なにか?
今週末はお天気そうなんで、そろそろ夫くんにもがんばってもらいましょかね。
ふふふ・・・・・。

CIMG4319_20120515053517.jpg
今朝のお散歩にて・・・・・ かわいい野の花を発見。パチリ。
(画像で見ると、そうでもなく見えるのは腕が悪いせい?笑)

CIMG4320.jpg
 「撮る間、待ってたんで4649」と毎度毎度の催促王子。ぷっ。
なんもせんでも催促しはるときも結構あるんですがね、そんなときは
「おやつもらえるような”ええこと”したん?」と言うと、あきらめて歩き出します。
ようわかってはります。ぷっ。


さて・・・ 今日はポルトガル旅行記の続きです。
2日目は、翌日3日目が雨の予報だったので、精力的に動き回りまして、
あちこちで写真撮りまくったため、記事が長くなりそうで小出しになりますが
ご了承くださいませ。誠にあいすいませんです。
(ポルトガル1日目はコチラ リスボンシントラロカ岬&カスカイス

ショボいなりに好物のパステル・デ・ナタ(エッグタルト)が CIMG3821_20120515210536.jpg
あったんでウハウハと朝食を食べまして、まずはジェロニモス修道院へ行くことに。

ホテルのお姉さんに一番ベストな行き方を尋ねましたらば、メトロ&トラムだと
いうことで教えられたとおりに行きましてトラムを待ってたんですが、なかなか
来ず・・・・・・やっと来たら満員御礼で2回も見送ることに。
結局、40分くらい待って到着したときは1時間半以上過ぎてました・・・。

なんでこんなに混んでたか・・・・・それは、日曜日の午前10時~午後2時迄は
入場無料になるからなんですよ~。リカさんたちもそれを狙って行ったんですけどね。
で、タクシーに乗ってもよかったんですが、メトロ&バスの一日券を買ってたので、
リカさんケチってトラムにこだわってしまいました。アハハハハ。

CIMG3825_20120515211441.jpg
はい! ユネスコ世界遺産の ジェロニモス修道院 です!

エンリケ航海王子とヴァスコ・ダ・ガマの偉業を称え、また新天地開拓へと乗り出していく
行為の安全を祈願して、マヌエル1世が1502年に着工し、約1世紀をかけて完成した。


CIMG3830.jpg
長蛇の列に並んで入ると、回廊に囲まれた中庭がありまして・・・・・

 CIMG3831.jpg   CIMG3832.jpg   CIMG3833.jpg
 回廊の柱の間のモチーフは、似てますがみな微妙に違うデザインなんですよ。
 ロープやサンゴなど大航海時代の象徴のモチーフだそうです。

CIMG3843.jpg  CIMG3844.jpg
回廊(四方55m)からの眺め。

CIMG3842.jpg  CIMG3850_20120515212055.jpg
修道院で見かけたワンコ。

CIMG3846_20120515212329.jpg
食堂。 修道士の共同室として使われていた。

CIMG3847_20120515212153.jpg  CIMG3849.jpg
食堂の壁面を飾るアズレージョ(装飾タイル)は18世紀のもの。

CIMG3851.jpg
2階の回廊。

CIMG3852_20120515212327.jpg
2階から見た中庭。

CIMG3858.jpg
2階から見たドーム型の塔。

CIMG3870_20120515213404.jpg 修道院の内部見学を終えまして、
修道院入口右手の サンタ・マリア教会 へ。(到着したときは日曜のミサの最中
だったんですが、修道院見学後、タイミングよく入れました。)

CIMG3873.jpg  CIMG3872.jpg  
教会に入って左が、インド航路を発見したヴァスコ・ダ・ガマの棺。
右が、ポルトガル最大の詩人ルイス・デ・カモンシスの棺。

CIMG3875_20120515214025.jpg

CIMG3879_20120515214129.jpg  CIMG3883_20120515214128.jpg
南側にあるステンドグラス。 
そして、マヌエル1世と王妃マリア、息子のジョアン3世と王妃カタリナの
棺が安置されている祭壇。飾り板は宮廷画家ローレンソの作。

CIMG3885.jpg  CIMG3887.jpg
南門には、聖ジェロニモスの生涯が彫られたティンパヌム。
(ティンパヌム:建物入口上にある装飾的壁面。半円か三角の形をしている)
門の中央には、エンリケ航海王子の像。

CIMG3889_20120515215059.jpg
修道院の前にあるインぺリオ広場。

CIMG3890_20120515215058.jpg
インぺリオ広場から見たジェロニモス修道院。


この記事で一気にベレン地区を書いちゃおうと思いましたが、ジェロニモス修道院が
すばらしくて画像いっぱいで長くなってしまったので、一旦終わります。
毎度引っ張りましてあいすいませんです。

リスボン ベレン地区② に続きます・・・・・。



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 

2012/05/14(月) | リスボン | トラックバック(-) | コメント(0)

ロカ岬&カスカイス(2012.05.05)

本日の最高気温23℃、お天気良く、午後から少し風が出てきたものの
過ごしやすい一日だったここプルゼニュです。

旅行明け・・・なにかとやることてんこ盛りなので、今日はパリチコバーニー
のレッスンをお休みして、引きこもって用事をしておりました。

用事の中のひとつ・・・・・

CIMG4219_20120510022359.jpg
ペットホテル帰りの臭うバジをお洗濯~♪
昨夜も帰宅早々お洗濯したけど、今日はバジも含めて3回お洗濯しました~。

CIMG4220_20120510022358.jpg
ドライヤー嫌いでタオルドライのみの”半生”な坊っちゃん。
おやつ欲しさにカメラ目線。ぷっ。

CIMG4222.jpg  CIMG4224_20120510022545.jpg
シャンプー後のお約束のご褒美をかじる坊ちゃん。 ふんがぁ~。


というワケで、今日は洗濯や片づけなどのお話しかないのでポルトガルの
旅行記の続きを・・・・・。(昨冬のスペイン旅行記がまだですが、ポルトガルを
書き始めちゃったので先に終わっておきます。って、まだ1日目ですけど。

まず、リスボンに到着しまして、日帰りツアーで世界遺産のシントラに行き
王宮やペーナ宮殿を観た後に寄った シントラ地区のユーラシア大陸最西端の
ロカ岬(abo da Roca)とリゾート地のカスカイス(Cascais)のお話です。

CIMG3772_20120510004313.jpg
ちょっと雲行き怪しくなりまして、風もきつかったんですが、やってきました
ロカ岬♪ 北緯38度47分、西経9度30分。
この西の果てには、結構たくさんの人が訪れていました。

CIMG3773.jpg
ポール・ハリスと書いてありますが・・・・・誰?(あいすいませんです

CIMG3776_20120510005410.jpg
ユーラシア大陸西の果てからの眺め。

CIMG3784.jpg
この水平線の向こうには、アメリカ大陸があるのですね。

CIMG3785_20120510005408.jpg
「AQUI...ONDE A TERRA SE ACABA E O MAR COMECA...」
「ここに地果て、海始まる」とポルトガルの詩人カモンイスが読んだ詩の一節が
刻まれた石碑で記念撮影をしたかったんですが、ま~次から次へと人が入れ替わり
立ち代わりでムリだったんで、撮影中の知らんおばちゃんを入れて撮っておきました。

ここでのフリータイムはたったの20分だったので、「ここが最西端かぁ~。」と
ちょこっと感動しつつ、写真撮りまくって、西の果てにやってきた証明書を作って
もらったら、あっという間に移動の時間になってしまいました。

CIMG3818.jpg
証明書です。 2種類ありましたが、お安い方にしておきました。ぷっ。
それも、夫くん&リカさん・・・ふたり連名で1枚。セコッ。

CIMG3819.jpg
画像ちっこいんでわかりにくいですが、下から2番目に日本語で証明する文章が
書かれています。

CIMG3786.jpg お土産物屋の入り口近くに
貼り付けてあったアズレージョ。岬の絵ですね。

何と言うても半日ツアーなんでね・・・・・大慌てです。(苦笑)
そそくさとロカ岬を後にしまして、リスボンへ戻る道すがら漁村からリゾート地に
変身した町カスカイスに向かったんですが、途中車窓から見えた風景など・・・。
全然たいした画像じゃないんですが、ガイドさんがしつこく説明してはったんで
一応撮っておきました。うちのバカデジでは動くバスからピントは合わせるのが
難しかったんですけど・・・・・・ははは。

CIMG3788_20120510014244.jpg
ギンショビーチ。 サーフィンするのに良い場所なんですって。

CIMG3789.jpg
まだ、海水が冷たいんでほとんどサーファーさん居てませんでしたけど。

CIMG3790_20120510014242.jpg
なんですか、これ?ぶっ!
一応、ガイドさんが「もうすぐ有名な”地獄の口”なんで速度を落として走ります
から写真撮ってくださいね~。」と言うてくれてたのに・・・タイミング逃して
この有様です。あっはっは~。
ガイドブックに載っている画像とは程遠い画像でございます。

そして、リッチな人たちとってココにお家を持っていることがステイタスという
カスカイスに到着です。(リカさん・・・しばらくカイスカスやと思い込んでました。笑)

CIMG3807.jpg
19世紀に王室一家の避暑地となって漁村から発展した町カスカイス。

CIMG3803_20120510015202.jpg
大きなイカリがあったので撮るタイミングを計っていましたが、おじいちゃんたちが
なかなかどいてくれないので、おじいちゃんたちごと撮っちまいました。ほほほ。

CIMG3799.jpg
リゾート地ではありますが、今もなお漁師さんたちがたくさんいるそうで
漁の道具がたくさん積まれていました。

CIMG3798_20120510015542.jpg
ここでもフリータイムはたったの10分。大慌てでパチパチ写して
あとで何がなんやら・・・・なものばかり。ぶっ。

銅像も撮りました。どなたか知りませんけど・・・ぶっ。

  CIMG3795_20120510015822.jpg  CIMG3796_20120510015821.jpg  CIMG3797.jpg
有名な方たちなんでしょね。 知らんかったらアップすんな・・・なんですけど。
まあ、画像多い方がええかなと・・・・・えへへへ。

ってな感じで、1日目はあっという間に終わってしまいました。
3日目はお天気崩れる予報だったので、2日目は公共機関からタクシーまで
使いまくってリスボンの町をあちこち足が痛くなるまで回りました。(笑)
その様子はまた別記事で・・・・・。




  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 

2012/05/09(水) | ロカ岬&カスカイス | トラックバック(-) | コメント(2)

シントラ(2012.05.05)

本日の最高気温19℃、一日中降りに降りまくったここリスボンです。
昨日は当初の予報を覆し、とってもいいお天気だったので、アジア圏内でしか
威力を発揮でなかった晴オトコ&晴オンナ・・・EU圏内でもパワーを発揮
できるようになったか??と思ったけれど、やっぱりあきませんでした。

なので、そろそろ老体に旅の疲れも出てきましたし、今日はゆったりと
過ごしましたが、そのお話はまた後日に・・・ということで、今日はリスボンに
到着した日の午後から日帰りツアーで出かけた世界遺産の町シントラ
お話です。

昨日書きましたように、旅行会社やネット通販で扱うオプショナルツアーより
お安いツアーがあったので、ダメ元で申し込んだワケですが、空港バスと同じ
会社が扱うツアーのため、空港バスチケットを提示することにより、お安い上に
25%オフといううれしい特典がありました。

こうして、2日目の午後に行く予定にしてたシントラ&ロカ岬半日ツアーを、
1日目・・・到着早々に済ますことができました。

コメルシオ広場近くからバスで約45分。まずは・・・・・

CIMG3714_20120508075501.jpg
王宮 時間の都合で内部見学はできなかったのが残念ですが・・・・・。
イスラム教徒が残した建物をディニス王が住居とし、14世紀にジョアン1世が
増改築を行った。その後もマヌエル1世の時代に増築が行われ、ムデハル、
ゴシック、マヌエル、ルネッサンスなどの多彩な様式が見られる。


CIMG3717_20120508075500.jpg
王宮と言うても外観は地味ですけどね、内装はすごいようです。
お部屋・・・見てみたかったです。

CIMG3715_20120508075458.jpg
王宮からの眺め。

CIMG3716_20120508075457.jpg
ズームでパチリ。

CIMG3720.jpg
もいっちょ、離れたところから王宮パチリ。

ここでほんの少しフリータイムがあったので、ちょろちょろ歩いて
時間がなくてお昼を食べ損ねていたので、シントラのお菓子”トラヴセイロ”
(細長いのん)とポルトガルを代表するお菓子”パステル・デ・ナタ”(エッグタルト)
を食べて空腹を紛らすことに。

しか~し、最初のカフェで買ってから、別のお店に行列ができてるのを発見!
えええええ・・・・・そっちの方が美味しいのん? ほな、こっちも買っちゃえ!

CIMG3729.jpg  CIMG3727.jpg
左:先に買ったお店、右:行列だった後のお店。

CIMG3734_20120508081140.jpg  CIMG3770.jpg
こうなったら食べ比べです。右のお店の方が少々お安かったんですが・・・・・
お味の結果は、トラヴセイロは最初のお店の方がおいしく、ナタは後のお店の
方が美味しかったんで、まあドローですね。あははは。

CIMG3722.jpg CIMG3730.jpg CIMG3731.jpg
これは、シントラの町で見かけたアズレージョ。左のんは、ちょっと左端を
手抜きしておりますが・・・・・。でも、きれい♪

CIMG3732.jpg ボルダロ社のキャベツをモチーフ
にした食器を扱うお店があったんですが、時間がなくて物色できず。
でもまあ、リスボンでもどっかで見かけるだろうと思ってたんですが、結局
出会えず・・・・・我が家にお迎えすることができませんでした。

そして、王宮を後にし、くねくねの坂道をどんどん上がりまして到着しましたのは・・・

CIMG3737.jpg  CIMG3738.jpg
庭園の入り口で、ここからちっこいバスに乗ってほんの数分で到着しましたのは・・・

CIMG3740.jpg
標高529mの山頂に立つ ペーナ宮殿 です。
ドイツのヴィートリッヒ2世のいとこのフェルディナント2世が宮殿建築を命じ、
ドイツから建築家を呼び寄せて1885年に完成した。1908年に暗殺された
カルロス1世とその王妃アメリアは、ほとんどこの宮殿で暮らしたとのこと。


CIMG3743.jpg
宮殿に向かい坂を少し上がってズームでパチリ。

CIMG3748_20120508082439.jpg
宮殿内の見学を終えて(残念ながら撮影不可なので画像ありません。)
出てきて少し下ったところでパチリ。

CIMG3752.jpg ま、こんな顔もあり~の・・・
って、これはまだ序の口どころか、大したことありませんが・・・・・。

大したことあるのは、こちら。

CIMG3758_20120508083717.jpg
じゃ~ん! 怖っ。

CIMG3760.jpg
はい、ズーム de ドンッ!!
貝の上に乗っかった足がお魚のごっつう怖い顔のオヤジさん・・・・・。
インリンちゃんもびっくり?なほど、開脚してはります。(笑)
ガイドさんがなにやら説明してはりましたが、英語だったんでスルー。ぶっ。

CIMG3755.jpg  美しいアズレージョ♪

CIMG3756.jpg
全体はこんな感じ。きれいですね~。

CIMG3764_20120508084341.jpg  CIMG3765_20120508084340.jpg
ペーナ宮殿からの眺め。
宮殿のある山頂に着くころには少し曇っておりまして、画像がクリアで
ないのが残念です。(うちのバカデジではこれが限界でして・・・・ってか
これでも少し加工してるんですけどね、あはははは。)


この後、世界最西端のロカ岬へと向かったんですが、画像多くなるので
引っ張る形になりますが、ここで一旦終わります。あいすいませんです。



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 

2012/05/07(月) | シントラ | トラックバック(-) | コメント(0)

リスボン(2012.05.05)

本日の最高気温16℃・・・のここプルゼニュ・・・ではございませんで
本日の先高気温20℃、とってもお天気が良く過ごしやすかったここ
リスボンです。

思いがけず4連休になったため、一昨日の夜からバジにはホテルで
お泊り願いまして、昨日からポルトガルはリスボンに滞在しております。
日が迫っていたため、ツアーはすでに満員御礼だったので、とりあえず
エアチケット&ホテルを押さえ、ろくに予定も立ててないままやって来ました。

CIMG3684_20120507070155.jpg CIMG3686_20120507070154.jpg
丁度いい便がなかったので、プラハ午前6時発の便に乗りまして、フランクフルト
経由で、お昼前に着きました。 フランクフルト⇒リスボンは窓際のシートを
キープしてたので、ウハウハと撮ってみました。

CIMG3687.jpg CIMG3688_20120507070153.jpg
陸が見え始めてから、ずんずんと・・・・・・そして、空港です~。
なんだか、初めて飛行機に乗った子みたいですね・・・・・アハハハ。

CIMG3689.jpg 空港からホテル近くまでは
空港バスで移動です。一人@3.5€・・・この後もこのチケットが活躍する時が来ます。

CIMG3693.jpg  CIMG3696_20120507071114.jpg
空港から途中、闘牛場や巨大でけったいな絵が描かれた建物など
車窓から見つつ・・・・・

CIMG3697.jpg
ホテル近くの ポンバル侯爵広場 に到着。
ポンバル侯爵はポルトガルを代表する政治家で、1755年の大地震のあと行われた
リスボン再建計画をはじめ、多くの分野で改革を行い、近代ポルトガルの礎を築いた。


ポンバル侯爵広場近くのホテルに向かう歩道。CIMG3698_20120507071113.jpg
ここ以外にもリスボンの歩道や広場の石畳はいろんな模様になっています。

CIMG3699_20120507071112.jpg ホテルでチェックインを
済ませまして、ヴィヴァ・ヴィアジェン(Viva viagem)というカードを買いまして、
メトロに乗りまして・・・・・・4駅。
(このカードは、乗り放題券、プリペイドカード、回数券と使い分けができます。
ただし、残金が残っているとほかの用途に使えないので注意。)

CIMG3701_20120507071611.jpg
コメルシオ広場 に到着です。
1755年の大地震で破壊されたマヌエル1世の宮殿があったことから、
別名テレイロ・ド・パソ(宮殿広場)と呼ばれている。


コメルシオ広場の 前はう~み♪うしろ~は・・・ CIMG3700.jpg
って・・・うしろはコメルシオ広場に決まってますが・・・ ごっつう古すぎる
リカさん幼少のころの某旅館のCMを思い出したので書いてみたくなりました。

CIMG3705_20120507073641.jpg  CIMG3706_20120507073640.jpg
勝利のアーチ(広場の門)のサイドはアーケードになっています。
そして、かわいい街灯があちこちに・・・・・。

なぜ、まずこの広場に来たかと申しますと、空港バスのチケットを買ったときに
バスのルートを見るために取ったパンフに、バスと同じ会社がやっている
リスボンからの日帰りツアーが載っておりまして、リカさんが行きたいと思って
いるツアーが、旅行会社のオプショナルツアーや現地ツアー会社のものより
はるかにお安かった・・・・・というワケで、出発時間ギリギリではありましたが
ダメ元でこの広場にあるチケット売場にやってきました。

前日にネットで見た限りでは、ギリギリすぎて申し込めそうになかったので
自力で丸一日かけて行くしかないな・・・・・と思ってたんですが、なんと!
無事に半日ツアーに参加することができました。
その様子はリスボンではないので別カテゴリでまた後日・・・・・と言うことで。

そして、半日ツアーから戻りまして、夕食は和食レストランへ・・・。(いきなり・・・笑)
その前に、町中で見かけたアズレージョ(装飾タイル)・・・ もうウハウハです♪

CIMG3708.jpg  CIMG3811.jpg

CIMG3812_20120507073637.jpg  CIMG3813_20120507075835.jpg
ま、こんなの序の口で、この後もっともっとウハウハすることになるんですけどね。
タイルの外壁って・・・・・惹かれますわ♪
残念ながら傷んでいたり、落書きされたところも少なからずありましたけど。

CIMG3816_20120507075834.jpg  でまあ、こんなん食べまして・・・
夫くん:寿司盛合せ&えび天うどん(エビ天とおうどんと葱が別々に出されてちょいと
びっくりしましたが。笑)、リカさん:エビ天巻&焼餃子(画像にありませんが・・)
(このとき、下戸リカさん血迷ってワインなど飲んでしまいました。あははん。)

こうして、リスボンでの1日目はあっという間に終わったのでありました。
(昨年末のスペイン旅行記も書いてないのに、すでにご就寝で高らかに吠えている
怪獣(=夫くんとも言う)がうるさいので、ちょいと昨日のことを書いてみました。)



リカ兄&リカ義姉、結婚記念日おめでとう! 


  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 

2012/05/06(日) | リスボン | トラックバック(-) | コメント(6)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。