スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ウルム(2012.03.26)

本日の最高気温19℃、お天気良く暖かい一日のここプルゼニュです。
お出かけ日和ではありますが、週末旅に出ていたので今日はがっつり
家事日和でございます。

CIMG2945.jpg
今朝の散歩時の気温は0℃、極寒の時期より暖かいとは言え・・・・
同じくビーグルとお散歩していたお姉さんが半袖Tシャツなのには
びっくらこきました。(キャミじゃないだけマシか?!ぷっ)
ちなみにリカさんはパーカーの上からフリース着ておりました。

CIMG2946_20120328044741.jpg
先週はまだ蕾だったレンギョウが一気に咲いていました。
これからどんどんいろんなお花が咲いてくるのでお散歩も楽しくなります。


さて、昨日に続きまして、旅の最終日ウルムのお話です。
(こうやっていつも一気に書いてしまえばいいんですが、滞ってしまうと
どんどん先延ばしになってしまうんですよね・・・・・・旅行記って。
昨年10月の2泊3日とクリスマス休暇の旅行記がまだ残っています。

CIMG2890.jpg
お宿はウルムとドナウ川を挟んで対岸のノイ・ウルム(ウルム新町?笑)
だったので、朝のお散歩時、川向こうに大聖堂が見えておりました♪

CIMG2891.jpg ドナウ川にかかる橋の橋げたに
ワンコの落書き。 ビーグルっぽくないですか? ふふふ♪

チェックアウトを済まし、車でウルムまで移動です。

CIMG2895_20120328044944.jpg
はい! 大聖堂 です。 世界で一番高い大聖堂です。
(ちなみに世界で一番規模が大きいのはケルンの大聖堂です。)

がしかし、なにやら労働者のみなさんが決起集会みたいなのをやってまして・・・・・
パトカーも数台止まっており、おまわりさんたちが監視をしていた状態で
近づくの危なそうだったので、少し離れたところからパチリ。
それでも、すご~く高いのでフレームに入れるのがギリギリでした。

この大聖堂は、1377年に建設が始まり、500年以上の歳月をかけて
1890年に完成したゴシック様式の大建築。 
高さ141mの展望台までの階段は768段。
 もちろん、上ってません。(苦笑)

CIMG2897_20120328045958.jpg CIMG2898_20120328045957.jpg
朝食なしの宿泊だったので、朝ごはんは大聖堂そばのパン屋さんの奥で
簡単に済ませまして・・・。フルーツはパン屋さんのお向かいのお店で
夫くんが買ってきまして、勝手に持ち込み。ぷっ。

CIMG2899.jpg
大聖堂を別の角度からもパチリ。工事中の足場がいっぱいです。ハハハ。
決起集会みたいなのをやってるし、大聖堂の内部見学はムリかな・・・
と思っていたら、横の方のドアが開いてたので入ることができました♪

CIMG2908_20120328044942.jpg

CIMG2906.jpg

CIMG2905.jpg

CIMG2909.jpg 横の入り口そばのこんな顔・・・
見逃せません。 こういう顔したくなるときありますよね・・・・・え?ないですか?

CIMG2914.jpg
大聖堂の近くにある市庁舎  正面には、天文時計&日時計。

CIMG2915_20120328055932.jpg  CIMG2917.jpg
美しい壁画が目を引きます。

CIMG2919.jpg
建物の中には、1811年にウルムの仕立て屋ベルブリンガーが人類初の飛行で
ドナウ川横断を試みて失敗したときの飛行機の模型が展示されています。

市庁舎からドナウ川の方へ行くと・・・・・

CIMG2923.jpg
肉屋の塔(なんでそういうかは・・・知りません。あはは。)

CIMG2924.jpg  CIMG2926_20120328062043.jpg
肉屋の塔をくぐり抜け、こんな建物を見ながら・・・・・・

CIMG2928_20120328060343.jpg
ドナウ川沿いの遊歩道を歩きます。
お天気よく、日向は暖かくて気持ち良かったです。

CIMG2929_20120328062042.jpg 窓辺で釣りをしてるオヤジ。
外から見えるようにこういうのを置いておくって・・・・・ ナイスです~♪
釣りオヤジにサヨナラして歩いて行きますと・・・・・

CIMG2939.jpg
かつてドナウの漁師や漁具職人が住んでいた漁師の一角と呼ばれるエリア。
入り組んだ水路と木骨組みの家が並びます。

CIMG2932.jpg
その中で最も有名なのは1433年に建てられた シーフェス・ハウス です。
シーフェ(傾いた)と言う名の通り、建物が傾いています。

CIMG2933.jpg  CIMG2934.jpg
が・・・ 現在もホテルとして営業しています。 入口には、建物の模型が
ぶら下げられててかわいかったです。
内部は意外にも近代的設備が整ったデザインホテルらしいです。

ウルムは、アインシュタイン生誕の町なので、関連のモニュメントや泉が
あります。 とりあえず、近くを通ったのでモニュメントをパチリ。

CIMG2944.jpg なんかようわからんです。
この近くにアインシュタインの生家あとの碑があったらしいんですが
気づきませんでした・・・・・残念。
おまけに、ちょいと離れたところにあるアインシュタインの泉の方が
おもしろい形(例のアッカンベーの顔。笑)をしているようなので見ておけば
よかったな~と・・・・・。
けどまあ、お目当ての大聖堂と市庁舎が見られたのでヨシとしときます。

CIMG2943.jpg 坊っちゃんもお疲れのようなので
ウルムを後にし、人気のラーメン屋さんでラーメン食べてマニトバ粉を買うためだけに
ミュンヘンを目指したのでありました。

他にもプルゼニュにない野菜など生鮮食品も見たかったんですが、なんやら
段取り悪うてモタモタしてるうちに遅くなってしまったんで、結局はTESCOで
買い出し。アハハハハ。(月曜に買い物することほとんどないですが、結構新鮮な
お野菜がありました。種類はいつもと変わりませんが・・・・・。)

2泊3日のの旅、お天気良くてよかったです。

CIMG2948.jpg
今日はリカさんには家事日和でしたが、坊っちゃんにはいつも以上に
お昼寝日和だったようです。 旅のお供、お疲れ様♪



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 
スポンサーサイト

2012/03/27(火) | ネルトリンゲン&ギーンゲン&ウルム | トラックバック(-) | コメント(2)

ギーンゲン(2012.03.25)

ネルトリンゲンに続きまして、ギーンゲンでございます~。

ネルトリンゲンから車で走ること約40分、ギーンゲンに到着です。
ネットでいろいろ調べてみたら、シュタイフワールドは日曜はやってない様子。
なのでスルーすることも考えましたが、次の目的地ウルムへの通過地点に
あるようなので寄ってみることにしました。寄って良かったです♪
ネットで見たのは古い情報だったみたいで、日曜日もやってました。

CIMG2877.jpg
シュタイフの生まれ故郷にあるシュタイフワールド
(今は北海道にも出来てるみたいですね~)

CIMG2845.jpg
時間はすでに午後4時になってたので(開館は午後6時迄)、先に
足跡に導かれてアウトレットに向かいました。

CIMG2846_20120327055807.jpg
ココで30分ほど物色しまして、シュタイフミュージアムを見に行くことに。

CIMG2847.jpg アウトレットにはこんな巨大蛇も!



CIMG2850.jpg  CIMG2851.jpg
館内のあちこちに巨大なぬいぐるみたち。

CIMG2855.jpg
シュタイフの生みの親、マルガレーテ・シュタイフとクマさんたち。
1902年にマルガレーテと弟一家により作り出されたクマのぬいぐるみがアメリカに
渡ってテディベアブームを起こしました。

時間が遅かったせいか、リカさんたちだけだったので、ミュージアムの見学は
日本語での貸切状態でした。ふふふ♪

CIMG2856_20120327060910.jpg
まずは、マルガレーテのお裁縫部屋にてマルガレーテの生い立ちや
初めてぬいぐるみが作られた過程などのお話があります。

CIMG2857.jpg
このフエルトで作られた像の針山が、針山としてではなく初の縫いぐるみと
して人気が出たのだそう。 これがシュタイフの原点です。

CIMG2858.jpg
一体一体手作りの縫いぐるみは、「子供にこそ最良のものを♪」という
考えから、丁寧に作られています。

まあ、この辺までの説明は 「へぇ~。」と楽しみながら聞いてましたが、
その後は、まあお子達向けのお話と言いますか・・・・・オヤジ&オバサンが
喜んで聞くお話でもなかったです。 アハハハ。

見学ツアー?が終わりまして、3階まで上がっていたので、こんなんで2階まで
降りました。 ぶっ!

CIMG2873.jpg
小太りのオヤジやオバサンも入れるスライダー。(苦笑)

CIMG2874.jpg
実は、巨大蛇。ぎゃはは!!口から落ちてくるんですが、めっちゃ怖かったです。

CIMG2875.jpg
怖いスライダーの後は、こんなかわいいセットや・・・・・

CIMG2876.jpg
製造工程などを見まして・・・・・

CIMG2853_20120327062217.jpg
ショップでお買い物♪ すでにアウトレットでそれなりに買ったのに・・・・・
2012バージョンのロット№355のベアがうちの子になりました。えへへ♪

№325の子がよかったんですが、聞いてみたら並んでる子たちだけと
いうことなので、№355の子にしました。
白い子だし、汚れが目立つかな?と思ってアウトレットの子だけにするつもりが
「2012って・・・記念になるで。」という夫くんのささやきにそそのかされて
しまいました。
我が家にお子はおらんので、オバサンの元にやってきた№355ちゃんは
嬉しくないかもしれませんが、大事にしてあげたいと思います。(笑)

CIMG2879_20120327061851.jpg
さて、シュタイフワールドともお別れです。

町中散策も考えましたが、日曜のためお店はみな閉まっているのと、
ネルトリンゲンに行ったおかげで時間が押していたのもありまして、
そのまま最終目的地のウルムへと向かいました。

ネルトリンゲンは、聖ゲオルク教会の塔、ダニエルだけ・・・・・そして、
ギーンゲンはシュタイフワールドだけ・・・・・ピンポイント観光です。(苦笑)

ウルムはサクッと数カ所観光しました。 ウルムに続きます・・・・・・。

CIMG2881.jpg
ウルムのホテルでもニオイチェック厳しく、なかなか落ち着けないバジ警部。



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 

2012/03/26(月) | ネルトリンゲン&ギーンゲン&ウルム | トラックバック(-) | コメント(0)

ネルトリンゲン(2012.03.25)

本日の最高気温15℃、お天気は良かったですが少し寒く感じたウルムです。
(というてもウルムはお昼過ぎに離れたんですけどね。)

昨日、アウクスブルクの後、ギーンゲンのシュタイフワールドが日曜休みと思って
急遽ネルトリンゲンに行くことにしました。

CIMG2824_20120327050213.jpg
ネルトリンゲンは、ロマンチック街道沿いの町でありまして・・・・・。
(そーいや、アウクスブルクもそうだけど、ロマンチック街道という看板は
見かけませんでしたねぇ・・・・・。どっかにあったのかな???)

この町は、1500万年前に隕石が落下してできた直径約25kmのリース盆地の中
にあり、ほぼ完全な形で残された城壁に囲まれた中世の面影が色濃く残っています。

CIMG2825.jpg
聖ゲオルク教会 (いつものごとく逆光で画像クリアじゃないですが・・・
この教会は、15世紀に建てられた後期ゴシック様式で、町のシンボルとなっている
愛称ダニエルの名で親しまれている高さ89.9mの塔があります。

CIMG2838.jpg
というわけで・・・・・リース盆地の中の中世の街並みを眺めるために、リカさん
がんばってダニエルに上ってきました。 (夫くん&バジは、下で待機。笑)

CIMG2827_20120327050211.jpg
入口の階段を上がりまして・・・・・・延々続くかと思われる長く急な階段。
プルゼニュの聖バルトロムニェイ教会の階段も約300段できつかったですが、
ダニエルもきつかったです~~~。

CIMG2829_20120327051755.jpg 息も絶え絶えだったので
画像もごっつうブレブレ・・・・・もう、この辺りでギブアップしそうだったんですが、
なんとか上り切りまして、こんな景色を拝むことが出来ました。

CIMG2830.jpg

CIMG2831.jpg

CIMG2832_20120327052042.jpg

CIMG2833.jpg

CIMG2834_20120327051755.jpg 一応、高所恐怖症のくせに
てっぺん近くまで上りましたよ♪という意味で、こんな写真も撮っておきました。(笑)
(〇ホと煙は高いとこ上る~言いましてね。え?これって奈良だけですか?)

CIMG2835.jpg  教会の鐘です。
上がるときは、息も絶え絶えで必死だったので気づきませんでしたが、降りるときに
みな覗いてはったんで何かな~?と思ったら鐘でした。アハハハ。

CIMG2839.jpg
わざわざやってきましたが、町を散策するでもなくダニエルに上っただけですが
何か? 隕石が落ちたところにできた中世の町を見たかっただけなんです。(笑)

CIMG2842.jpg 朝ごはんをホテルでたらふく
食べたのと、ダニエルの階段がきつかったので、お昼ご飯はケーキ&チャイラテ。
まあ、食べ物の嵩は低くても、カロリーはそれなりに摂取しちまいましたが。アハハハ。

CIMG2843.jpg
さて、お次は窓越しにネルトリンゲンのビーグルちゃんを見ながら、シュタイフの
生まれ故郷ギーンゲンへと向います。
(ギーンゲンは中止のつもりでしたが、ネルトリンゲンからウルムへの通過地点に
あるようなので行ってみたら、シュタイフワールドが開いてました♪

一気にギーンゲンまで書こうと思いましたが、画像いっぱいで長くなってしまうので
一旦ここで終わります~。
ギーンゲンに続きます・・・・・・・・。



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 

2012/03/26(月) | ネルトリンゲン&ギーンゲン&ウルム | トラックバック(-) | コメント(0)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。