スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アウクスブルク(2012.03.25)

本日の最高気温16℃、お天気良く暖かかったここアウクスブルクです。

CIMG2755_20120326045545.jpg
今朝のお散歩。初めての道のニオイを念入りに嗅ぎつつ歩く坊っちゃん。

CIMG2756_20120326045753.jpg  CIMG2757_20120326045752.jpg
ドイツのホテルにしてはとても充実した朝食ビュッフェでした。
もう一泊して他のも食べてみたいと思ったのは初めてかも。(笑)
従業員の人たちもサービスも申し分なくコストパフォーマンス抜群でした。

CIMG2758_20120326045545.jpg
ホテルがアウクスブルクの中心地から少し離れていたので、車で移動しまして
昨日外観だけ見た市庁舎に行く途中にあった派手な外装の建物。
何気にパチリと撮りましたが、後で絵葉書を買うときにこの風景もあったので
なんか有名な建物なのかもしれません。

CIMG2762_20120326045544.jpg
昨日と同じく正面から撮ろうとしたらごっつう逆光やったんで裏手からパチリ。
(ほんとは、入口がわからずにドイツ人の団体ツアーらしき人たちについて
行ったら裏手に出まして、結局入口もわからず、市庁舎の周りを一周しました。

CIMG2764_20120326045752.jpg その途中で見かけたレストランのオヤジ。ぷっ。

そして、正面に戻ってきましたが、入口らしきところのドアが開きません。
やっぱり日曜日はお休みなのかな・・・・・と諦めかけた頃、ひとりのおばあちゃんが
出てきました。そのあと、団体さんたちがゾロゾロと入口へ。お!入れる♪
(さっき、ドアが開かなかったのはなんやったんやろ・・・・・とにかく入ろう♪)

CIMG2766.jpg CIMG2767_20120326050901.jpg CIMG2768.jpg
市庁舎に入るとこんなのが展示されてました。
大聖堂の前の銅像、市庁舎&ペルラッハ塔、馬(ぶっ)、他にもいろいろ。

そして、お目当ての”黄金のホール”を見るために3階へ。
ホールの入口でチケットを買うときに日本語の説明書を渡してくれました。

CIMG2776.jpg
リカさんのアホデジ&ヘタクソな撮影のため、本当の豪華絢爛さを
お伝えできないのが残念ですが、ま~キッラキラでございまして、
ゴージャスな具合にお口があんぐりでございました。

CIMG2772_20120326051726.jpg  CIMG2773_20120326051725.jpg
同じ部屋でも光の加減で画像の色合いが全然違います・・・・・・

CIMG2774.jpg
天井です。お金かかってます。(笑)

CIMG2787_20120326051725.jpg  べぇ~。柱にはこんな絵も。

この金ピカのホールの奥に着物が見えたので行ってみると・・・・・

CIMG2779.jpg
世界中の姉妹都市の展示物がありまして、日本は尼崎市(兵庫)と長浜市(滋賀)
が姉妹都市のようです。関西ばっかりですね。

CIMG2780.jpg CIMG2781.jpg CIMG2784.jpg CIMG2785.jpg
着物、お琴、兜、翁や金杯や鉄瓶、日本人形、羽子板などなど、日本からの
贈り物がたくさん展示されておりました。
(プルゼニュの市庁舎にも姉妹都市の高崎市から贈られた兜があります。)

金ピカの奥に日本を感じ、良い気分で市庁舎を後にしました。
大聖堂と市庁舎、絶対に押さえておきたかったところを両方見学できたので、
あとは、ササーッと見て回ることに。

CIMG2794_20120326053026.jpg
宗教改革者のマルティン・ルターが滞在したという 聖アンナ教会

CIMG2798.jpg
イタリアのメディチ家と並ぶ商豪フッガー家の屋敷 フッガーハウス

CIMG2800.jpg
州立絵画館とドイツ・バロック美術館がある シェッツラー宮殿

CIMG2810_20120326053024.jpg
手前がプロテスタント、奥はカトリックの教会。
304年に殉教した聖アフラと10世紀の聖人ウルリヒの墓所となっているので、
教会の名前も、聖ウルリヒ&アフラ教会 となっている。

CIMG2805_20120326054054.jpg  CIMG2806.jpg
教会内部(奥のカトリックの方)

CIMG2816_20120326054301.jpg
フッガー家が1521年に設立した世界最初の社会福祉住宅 フッゲライ

CIMG2818_20120326054053.jpg  CIMG2819.jpg
なんと、日本語の説明がありました。
年間わずかな家賃で入居ができ、塀で囲まれた敷地内には67もの家が
並び、140戸が入居しているとのこと。

CIMG2820_20120326054052.jpg  CIMG2821_20120326054051.jpg
内部見学もできますが、かなり時間がかかりそうだったので外からパチリ。
ここにはモーツァルトの曽祖父も住んでたそうですよ。

アウクスブルク・・・・・短時間でしたが、あちこち回りました。


この後、ネットでチェックした結果、ギーンゲンのシュタイフワールドが
お休みだと思い込んでいたので、予定外だったネルトリンゲンに行くことに・・・。
(結局、その後にギーンゲンにも行ったんですがね・・・・・アハハハハハ)

そして、本日のお宿はウルムですが、長くなるのでここで一旦終わります。
サマータイムにまだカラダがついて行けなくて感覚がおかしいリカさんです。ぬぅ~。



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 


スポンサーサイト

2012/03/25(日) | アウクスブルク | トラックバック(-) | コメント(0)

アウクスブルク(2012.03.24)

本日の最高気温17℃、お昼は上着もいらないくらい暖かかったプルゼニュです。

CIMG2702.jpg
今朝の散歩にて・・・ 「リカ!行くで!」とお姉さんを追うバジオヤジ。
(横を通り過ぎてどんどん遠くなっていくお姉さん。)

CIMG2703_20120325061423.jpg
「行ってしもたやんか~。」
(しゃーないやろー、アンタがオシッ〇でモタモタしてたからやんか。)

チェコ語の先生やお隣のお嬢さんもかなり若くてべっぴんさんなんですけどね、
バジは容赦なく吠えまくります。が・・・・・こうしてお散歩中に見かけたお姉さん
にはついて行こうとするんですねぇ。何が違うんでしょね??
(時折、お姉さんの残り香をクンクンしているバジオヤジです。苦笑)


さて、来週月曜日が急遽お休みになり3連休となりましたので、バジも一緒に
お隣ドイツに来ております。
やってきたのは、我が家から車で約3時間半の、アウクスブルクでございます。
(アウクスブルクの町の詳細はコチラ  Wiki先生。

CIMG2704.jpg  お昼過ぎに出発したので
チェコ-ドイツ国境近くのマクドで簡単ランチを済ませまして、も済ませまして、
夫くんがお疲れで辛そうだったので、リカさん何度も引き返してもいいよ。と言うたん
ですが、夫くん大丈夫と言うので予定通り行くことにしました。

その後、途中で夫くんが我慢できなくなり少々仮眠、結局4時間半ほどで最初の
目的地大聖堂に到着しました。
日曜日はクローズなので、どうしても今日中に見ておきたかったんです。

CIMG2706.jpg
この画像のどこかに我が家の野郎たちがおります。(笑)

この大聖堂は、904年に建築が始まり、建物の西側は10~11世紀の
ロマネスク様式が残り、東側は14世紀にゴシック様式で増築された。
身廊には、預言者を描いた11世紀後半のステンドグラスがあり、完全な
形で現存する世界最古のステンドグラスと言われている。


CIMG2708_20120325062841.jpg  CIMG2709.jpg
左画像の遺跡みたいなのは、大聖堂の横にあった小さな教会跡(右画像の
青い建物)です。(若者が寝そべっております。左端。苦笑)

CIMG2715.jpg   大聖堂前の像。(左下の
赤ちゃんの顔が怖い。馬の下に魚も不思議・・・。なんか意味があるんでしょね。)

CIMG2717.jpg  CIMG2716_20120325064837.jpg
入口上部の彫刻と、入口下部のモザイク。

CIMG2729.jpg  CIMG2730_20120325062839.jpg
リカさん的に絶対に見逃せない入口の取っ手と、彫刻の一部。(笑)

CIMG2727.jpg
入りました~。午後6時までなので間に合ってよかったです。

  CIMG2718.jpg  CIMG2720.jpg
とりあえず、今日の目的地訪問終了です。
が・・・途中運転が心配な程だった夫くん、ちょいと復活したようで、ホテル
に向かう前に少し散策することにしました。(バジは車でお留守番です)

CIMG2733.jpg
ペルラッハ塔。(1182年に建築。塔は高さ70m。)
塔には階段で上がれますが、そんな元気はなかったので眺めただけです。(笑)

CIMG2734.jpg
ペルラッハ塔のお隣の市庁舎。
ここは日曜でも開いてるようなので、明日ゆっくり内部見学したいと思います。
内装がすごいらしいですよ♪

CIMG2735_20120325070743.jpg
この市庁舎前広場にある下部を木で囲われた像は何だ??と思ってたら、
どうやら噴水のようです。(アウグストゥスの噴水)
上にあるのは、この町の創始者アウグストゥスさんだそうです。

広場から戻りまして、車で移動。到着しましたのは・・・・・

CIMG2736.jpg
モーツァルトの親父さん”レオポルト・モーツァルトの生家です。

CIMG2739_20120325071356.jpg  ここの内部見学は
午後5時までなのですでに閉まってました。なので、写真だけパチリ。
モーツァルトが弾いたピアノやモーツァルト家の家系図などが展示されており、
日本語ガイドもあるようです。(ココは時間があればまた訪問したいと思います。)

ゆっくり散策は明日ということで、早々にホテルへ。

CIMG2741.jpg
ホテルのエレベーター内で鏡に映る自分の姿に見ほれるナルちゃんバジ。
うそ。(笑) たまたま撮ったら、こんな図になっただけです。ぷっ。

夕食は出かけるの面倒だったのでホテル内のレストランで。

CIMG2744.jpg CIMG2745.jpg CIMG2746.jpg
無料だったサラダバー(てんこ盛り。笑)、白身魚のグリル&ほうれん草
クリームソース、グリルエビとブロッコリーのパスタ。
パスタはおいしかったけど、ほうれん草クリームソースがしょっぱかった。

CIMG2748_20120325072510.jpg
お部屋では、なかなか落ち着かずに、不審な箇所がないかしつこく
クンクンしながら調査していたバジ警部・・・・・・。やっと納得できたようです。

CIMG2750.jpg
只今、野郎たちのイビキ二重唱がお部屋に鳴り響いております。
さて、リカさんは今夜眠れるでしょうか・・・・・・・。
一応、イヤーウィスパーは持参しましたが・・・・・・。


明日はもう少しアウクスブルクの町を散策して、その後、シュタイフの
生まれ故郷ギーンゲンへと向かう予定でしたが、どうやら肝心のシュタイフ
ミュージアムが日曜休館のようなので急遽予定変更です。さて、どうするかな・・・。



 明日からサマータイムが始まり、日本との時差は7時間になります。
1時間損した気分・・・・・早く寝ないと・・・・・うるさいけれど。(苦笑)



  クリック2  一日も早い復興を願って・・・・・
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

クリック2  こちらにも東日本大震災のクリック募金があります!! 
                   (クリックのみ!無料です。)
 
クリックで救える命がある。


  クリック2  いつも応援ありがとうございます!! 感謝、感謝!!
   
  クリック2   ↑↓ ランキングに参加しています♪ ヨロシクお願いします!
 

2012/03/24(土) | アウクスブルク | トラックバック(-) | コメント(2)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。